研究者
J-GLOBAL ID:200901035199359297   更新日: 2019年11月22日

牧 裕夫

マキ ヒロオ | Maki Hiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 社会心理学
研究キーワード (2件): 集団心理療法、学校臨床心理学、職業リハビリテーション ,  Psychodrama
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • A Suppurt System in Community
論文 (3件):
  • 牧 裕夫. ロボットの外皮をまとった不登校児の事例ー小学校でのスクールカウンセラー実践としてー. 日本心理劇学会「心理劇」. 2012. 第17巻. No.1. 27-39
  • 牧 裕夫. 「演じること」に焦点化したプレイセラピー「半分よい子で半分悪い子」と叫んで飛び込んできた小学校でのスクールカウンセラー実践としてー. 日本心理劇学会誌「心理劇」. 2011. 16巻. No.1. 33-46
  • 牧 裕夫. ジョブコーチ支援における危機場面と依存過程. 職業リハビリテーション. 2010. 第24巻. No.1. 1-10
MISC (1件):
  • 役割理論から考察した職場適用援助者(ジョブコーチ)による支援の展開. 心理劇. 2001. 6, 53-6
書籍 (3件):
  • 障害者職業カウンセラー 厚生労働大臣指定講習テキスト第3版
    独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 2019
  • 福祉分野に活かす個と家族を支える心理臨床
    金子書房 2018
  • とちぎの高校生「じぶん未来学」
    栃木県教育委員会事務局 2016
講演・口頭発表等 (6件):
  • 富士山スクリプトを活用したスケーリング・クエスチョンの方法と展開
    (作新学院大学大学院臨床心理センター研究紀要 2018)
  • 絵本『おまえうまそうだな』の恐竜のように「競争しよう」と「仲間」の元に走っていった小3発達障害児の事例
    (作新学院大学大学院 臨床心理センター研究紀要 2018)
  • コ・セラピー(CoTherapy)としてのプレイセラピーの可能性ースクールカウンセラー実践での院生の陪席を考えるー
    (作新学院大学大学院臨床心理センター研究紀要 第10号 2017)
  • リストカット等の高1女生徒に悩む母親との面接
    (作新学院大学大学院臨床心理センター研究紀要 第9号 2016)
  • 自閉症児の「こだわり行動」に対するプレイ体験の可能性ー空想遊びからの展開と「演じきること」ー
    (作大論集 第5号 2015)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1985 千葉大学 教育心理学
学位 (1件):
  • 修士(教育学) (千葉大学)
経歴 (4件):
  • 2014/04 - 現在 作新学院大学人間文化学部
  • 2013/04 - 2014/03 作新学院大学女子短期大学部 教授
  • 2002/04 - 2013/03 徳島文理大学人間発達学部心理学科 准教授(徳島県スクールカウンセラー兼任)
  • 1985/04 - 2002/03 日本障害者雇用促進協会(北海道障害者職業センター、他東京、福井、徳島にて当該職業センターにてカウンセラーとして従事)
所属学会 (2件):
日本心理劇学会 日本集団精神療法学会 日本心理臨床学会、日本教育心理学会、日本職業リハビリテーション学会 東京サイコドラマ協会 ,  Psychodrama Institute of Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る