研究者
J-GLOBAL ID:200901035344501447   更新日: 2024年01月30日

坂口 実

サカグチ ミノル | Sakaguchi Minoru
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 薬系衛生、生物化学 ,  細胞生物学
研究キーワード (2件): 細胞生物学 ,  Cell biology
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2014 - 2017 新規H3アンタゴニストを用いる抗乳癌剤へのアプローチ
  • プロテアーゼによる細胞機能調節に関する研究
  • 食品タンパク質由来ペプチドの生理機能
  • Study of proteases in cells
  • Study of bioactive peptide derived from food protein.
論文 (2件):
  • Gaku Tsutsumi, Chikako Kuroki, Kengo Kamei, Mizuho Kusuda, Masami Nakazawa, Tatsuji Sakamoto, Mariko Ishikawa, Shinji Harada, Hitoshi Kobayashi, Kenji Ouchi, et al. Novel acid trehalase belonging to glycoside hydrolase family 37 from Pleurotus sp.: cloning, expression and characterization. Mycoscience. 2022. 63. 6. 284-292
  • 上田光宏, 森本和樹, 楠田瑞穂, 亀井健吾, 中澤昌美, 阪本龍司, 坂口 実, 小林 仁, 大内謙二, 稲冨 聡. コナサナギタケ Paecilomyces farinosus由来のトリプシン様セリンエンドペプチダーゼの精製と性質. 日本きのこ学会誌. 2021. 29. 1. 30-33
MISC (19件):
  • 中土井啓, 中澤昌美, 阪本龍司, 尾形善之, 坂口実, 上田光宏. ミミズ(Eisenia fetida)由来のキチン分解関連酵素遺伝子のクローニングと異種宿主発現. キチン・キトサン研究. 2016. 22. 2
  • 上田光宏, 塩山岳志, 中澤昌美, 阪本龍司, 坂口実. ミミズ(Eisenia fetida)由来のキチナーゼ遺伝子のクローニングと異種宿主発現. キチン・キトサン研究. 2015. 21. 2
  • 塩山岳志, 中澤昌美, 阪本龍司, 坂口実, 上田光宏. シマミミズ(Eisenia fetida)由来のキチナーゼ遺伝子のクローニングと異種発現. キチン・キトサン研究. 2014. 20. 2
  • 上田光宏, 森本和樹, 中澤昌美, 阪本龍司, 楠田瑞穂, 坂口実, 大内謙二. コナサナギタケ(Paecilomyces farinosus)由来のプロテアーゼの精製・性質と遺伝子クローニング. 日本きのこ学会大会講演要旨集. 2014. 18th
  • 小根森雄太, 中澤昌美, 阪本龍司, 坂口実, 上田光宏. シマミミズ(Eisenia fetida)由来β-1,3-グルカナーゼ遺伝子のクローニングと異種宿主発現. キチン・キトサン研究. 2014. 20. 2
もっと見る
書籍 (2件):
  • FUNDAMENTAL 細胞生物学 第2版
    京都廣川書店 2022 ISBN:9784909197993
  • FUNDAMENTAL 細胞生物学
    京都廣川書店 2015 ISBN:9784906992553
学歴 (4件):
  • - 1985 大阪薬科大学 薬学研究科 生化学
  • - 1985 大阪薬科大学
  • - 1983 大阪薬科大学 薬学部 製薬
  • - 1983 大阪薬科大学
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (大阪薬科大学)
所属学会 (4件):
日本生化学会 ,  日本癌学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る