研究者
J-GLOBAL ID:200901035551711451   更新日: 2020年09月01日

黒崎 陽平

クロサキ ヨウヘイ | Kurosaki Yohei
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.tm.nagasaki-u.ac.jp/nekken/
研究分野 (1件): ウイルス学
研究キーワード (2件): バイオリスクマネジメント ,  バイオセーフティ
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2018 - 2020 ハイスループットシークエンサーによる網羅的ウイルス検出法の確立とその臨床応用
  • 2020 - クリミア-コンゴ出血熱ウイルスのゲノム多様性がもたらすウイルス学的意義の解明
  • 2016 - 2018 西アフリカにおけるエボラウイルス病疑似症例の感染疫学研究
  • -
  • -
論文 (24件):
  • Abe H, Ushijima Y, Loembe MM, Bikangui R, Nguema-Ondo G, Mpingabo PI, Zadeh VR, Pemba CM, Kurosaki Y, Igasaki Y, et al. Re-emergence of dengue virus serotype-3 infections in Gabon in 2016-2017, and evidence for the risk of repeated dengue virus infections. International journal of infectious diseases : IJID : official publication of the International Society for Infectious Diseases. 2019
  • Development of an RT-LAMP assay for the detection of Lassa viruses in southeast and south-central Nigeria. Journal of Virological Methods. 2019. 269. 30-37
  • Oloniniyi OK, Unigwe US, Okada S, Kimura M, Koyano S, Miyazaki Y, Iroezindu MO, Ajayi NA, Chukwubike CM, Chika-Igwenyi NM, et al. Genetic characterization of Lassa virus strains isolated from 2012 to 2016 in southeastern Nigeria. PLoS neglected tropical diseases. 2018. 12. 11. e0006971
  • Urata S, Kenyon E, Nayak D, Cubitt B, Kurosaki Y, Yasuda J, de la Torre JC, McGavern DB. BST-2 controls T cell proliferation and exhaustion by shaping the early distribution of a persistent viral infection. PLoS pathogens. 2018. 14. 7. e1007172
  • Yohei Kurosaki, Mahoko Takahashi Ueda, Yusuke Nakano, Jiro Yasuda, Yoshio Koyanagi, Kei Sato, So Nakagawa. Different effects of two mutations on the infectivity of Ebola virus glycoprotein in nine mammalian species. Journal of General Virology. 2018. 99. 2. 181-186
もっと見る
MISC (3件):
  • Yohei Kurosaki, Jiro Yasuda. Ebola viruses. Molecular Detection of Human Viral Pathogens. 2016. 559-572
  • 黒崎 陽平, 堀内 秀紀, 橋本 幸二. 微生物核酸簡易抽出キットの比較検討. 日本法科学技術学会誌. 2013. 18. 1. 71-77
  • 藤浪 良仁, 永金 正考, 黒崎 陽平. 清涼飲料水中における病原細菌の生存率. 日本法科学技術学会誌. 2010. 15. 2. 125-133
特許 (2件):
書籍 (3件):
  • 最新医学 第74巻 第4号
    最新医学社 2019
  • 感染症事典
    オーム社 2012
  • Molecular Detection of Human Viral Pathogens
    CRC Press 2010
学歴 (4件):
  • 2005 - 2008 北海道大学
  • 2002 - 2003 北海道大学
  • 2000 - 2002 北海道大学
  • 1996 - 2000 北海道大学 総合薬学科
学位 (3件):
  • 博士(薬学) (北海道大学)
  • 修士(薬学) (北海道大学)
  • 学士(薬学) (北海道大学)
経歴 (5件):
  • 2020/03 - 現在 長崎大学 感染症共同研究拠点 准教授
  • 2018/10 - 2020/03 イギリス公衆衛生庁 客員研究員
  • 2011/02 - 2020/02 長崎大学 熱帯医学研究所 助教
  • 2005/06 - 2011/02 警察庁科学警察研究所 法科学第一部 研究員
  • 2003/04 - 2005/05 第一調剤株式会社
受賞 (1件):
  • 2014/04 - 文部科学省 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 モバイル型生物剤検知システムの開発
所属学会 (4件):
日本バイオセーフティ学会 ,  日本熱帯医学会 ,  日本ウイルス学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る