研究者
J-GLOBAL ID:200901035819948093   更新日: 2020年06月29日

阿児 雄之

アコ タカユキ | Ako Takayuki
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
研究分野 (4件): 科学教育 ,  図書館情報学、人文社会情報学 ,  博物館学 ,  文化財科学
研究キーワード (8件): 博物館情報学 ,  文化情報学 ,  アーカイブ ,  文化遺産 ,  遺跡探査 ,  博物館学 ,  GIS ,  文化財探査
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2021 博物館の新たな在り方を模索するための体験学習・ワークショップ評価の構築
  • 2014 - 2016 文化施設のオンデマンド・フロアガイド創作ー空間と作品情報のオープン化
論文 (15件):
  • 奥本 素子, 阿児 雄之, 加藤 幸治. 被災資料における来場者の語りの分析から見る博物館体験 : テキストマイニングを用いた傾向の抽出. 博物館学雑誌. 2016. 42. 1. 19-35
  • Kondo, Yasuhisa, Uozu, Tomokatsu, Seino, Yoichi, Ako Takayuki, Goda, Yoshiko, Fujimoto, Yu, Yamaguchi, Hiroshi. Voluntary activities and online education for digital heritage inventory development after the Great East Japan Earthquake. The International Archives of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences. 2013. 40(5/W2). 391-396
  • 阿児 雄之, 遠藤 康一. フロアマップに示された掲出情報の抽出とその構成 -東京工業大学博物館「燕瞰図」の分析-. 2013 年度アート・ドキュメンテーション学会年次大会. 2013
  • Yasuhisa Kondo, Takayuki Ako, Inne Heshiki, Go Matsumoto, Yoichi Seino, Yoshimasa Takeda, Hiroshi Yamaguchi. FIELDWALK@KOZU: A Preliminary Report of the GPS/GIS-aided Walking Experiments for Re-modeling Prehistoric Pathways at Kozushima Island (East Japan). On the Road to Reconstructing the Past: Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology. Proceedings of the 36th International Conference. 2011
  • 藤本 悠, 近藤康久, 清野陽一, 山口欧志, 阿児雄之. 東日本大震災から見る文化財を取り巻く情報インフラ整備の問題. 情報処理学会シンポジウムシリーズ. 2011. 2011. 8. 5-10
もっと見る
MISC (17件):
  • 阿児 雄之. Cultural Value Chain Analysis--視野の拡大と共有. ARTEFACT. 2019. 2. 10-13
  • 阿児 雄之. 総合資料学におけるモノとしての理工系資料の可能性. 総合資料学ニューズレター. 2018. 4. 13-13
  • 阿児 雄之. 手島精一関連コレクションー実体資料と文書を包括して扱う意味ー. 全史料協関東部会会報. 2017. 88. 10-12
  • 阿児 雄之. JADS第5回(2012年度)秋季研究会 前半・第56回見学会 印刷博物館見学会報告 現在的活動と視点で記録資料情報に切り込んだ研究発表. アート・ドキュメンテーション通信. 2013. 96. 5-7
  • 日下九八, 阿児雄之. saveMLAK 震災を受けてMLAK になにができるか,なにができたか. じんもんこん2011論文集. 2011. 2011. 8. 3-4
もっと見る
書籍 (12件):
  • Integrated Studies of Cultural and Research Resources
    The National Museum of Japanese History 2019
  • 展示学事典
    丸善出版 2019 ISBN:9784621303597
  • 入門デジタルアーカイブ
    勉誠出版 2017 ISBN:9784585200604
  • フィールドノート古今東西
    古今書院 2016 ISBN:9784772271349
  • りばーさいど ペヤングばばあ 下
    2015 ISBN:9784092897458
もっと見る
講演・口頭発表等 (18件):
  • 学校教育・生涯教育(一般利用)に向けた文化財・文化資源情報の在り方とは
    (歴博共同研究「総合資料学の創成」地域連携・教育ユニット研究会 2020)
  • Information Logisticsを基底に学術資料や文化資源を見つめ続ける
    (学術野営2019 2019)
  • 企業・NPOが参加するオープンサイエンスのこれまでとこれから 2019年版
    (2019)
  • 学術資料調査・整理過程の検証とオープン化に関する考察
    (アート・ドキュメンテーション学会 第11回秋季研究集会 2018)
  • 探査でわかる古墳の構造
    (3D考古学の再挑戦-遺跡・遺構の非破壊調査研究- 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2001 - 2005 東京工業大学大学院 情報理工学研究科 計算工学専攻
  • 1999 - 2001 奈良教育大学大学院 教育学研究科 物質科学専攻
  • 1995 - 1999 奈良教育大学 教育学部 総合文化科学課程環境科学コース古文化財科学専修
学位 (1件):
  • 博士(学術) (東京工業大学)
経歴 (8件):
  • 2018/10 - 現在 東京国立博物館 主任研究員
  • 2018/04 - 2018/09 合同会社 AMANE 客員研究員
  • 2013/04 - 2018/03 東京工業大学 特任講師
  • 2011/04 - 2013/03 東京工業大学博物館 特任助教
  • 2009/04 - 2011/03 東京工業大学百年記念館 資料調査研究員・特任助教
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 アート・ドキュメンテーション学会 幹事 学会30周年記念事業担当
  • 2016 - 現在 国立歴史民俗博物館 基幹研究プロジェクト連携研究員/共同研究員
  • 2019/07 - 2020/03 一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会 アーバンデータチャレンジ実行委員
  • 2014/09 - 2019/03 アート・ドキュメンテーション学会 幹事『アート・ドキュメンテーション学会通信』編集委員
受賞 (1件):
  • 2010/09 - 日本デザイン振興会 グッドデザイン賞2010 大学既存施設の展示空間へのコンバージョン [東京工業大学百年記念館2階展示室 -既存会議室の展示空間へのコンバージョンデザイン]
所属学会 (4件):
地理情報システム学会 ,  アート・ドキュメンテーション学会 ,  日本情報考古学会 ,  日本文化財科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る