研究者
J-GLOBAL ID:200901035840433133   更新日: 2020年07月22日

石井 敦

イシイ アツシ | Ishii Atsushi
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 東北大学  環境科学研究科環境科学・政策論分野准教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/1e65521f226d5480022a667469f855cd.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/1e65521f226d5480022a667469f855cd.html
研究分野 (5件): 国際関係論 ,  政治学 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価 ,  科学社会学、科学技術史
研究キーワード (7件): 国際漁業資源ガバナンス ,  炭素隔離技術 ,  越境大気汚染 ,  外交科学 ,  科学社会学 ,  科学アセスメント ,  国際環境問題
論文 (31件):
  • Sarah Burch, Aarti Gupta, Cristina, Y.A. Inoue, Agni Kalfagianni, Åsa Persson, Andrea K. Gerlak, Atsushi Ishii, James Patterson, Jonathan Pickering, Michelle Scobie, Jeroen Van der Heijden, Joost Vervoort, Carolina Adler, Michael Bloomfield, Riyanti Djalante, John Dryzek, Victor Galaz, Christopher Gordon, Renée Harmon, Sikina Jinnah, Rakhyun E. Kim, Lennart Olsson, Judith Van Leeuwen, Vasna Ramasar, Paul Wapner, Ruben Zondervan. New directions in earth system governance research. Earth System Governance. 2019. 1
  • Asayama S, Sugiyama M, Ishii A, Kosugi T. Beyond solutionist science for the Anthropocene: To navigate the contentious atmosphere of solar geoengineering. Anthropocene Review. 2019
  • J. S. Barkin, Elizabeth R. DeSombre, Atsushi Ishii, Isao Sakaguchi. Domestic sources of international fisheries diplomacy: A framework for analysis. Marine Policy. 2018. 94. 256-263
  • 石井 敦. 統合知を創出するための境界オブジェクトとしての人類世. 学術の動向. 2018. 23. 4. 82-84
  • 杉山昌広, 石井敦, 朝山慎一郎, 小杉隆信. Governance for Climate Engineering. Oxford Research Encyclopedia of Climate Science. 2018
もっと見る
MISC (5件):
  • 石井敦. 捕鯨裁判は日本に何を突きつけたのか. 世界. 2016. 879. 152-158
  • 真田康弘, 石井敦. 捕鯨判決と新調査捕鯨計画をめぐる攻防. 科学. 2015. 85. 9. 815-817
  • 杉山 昌広, 石井 敦, 小杉 隆信, 朝山 慎一郎, 江守 正多. 2D21 気候工学:研究の国際動向とステークホルダーとの協働によるわが国の研究アジェンダ創出の試み(科学と社会(1),一般講演). 年次大会講演要旨集. 2015. 30. 0. 590-593
  • 石井敦, 井田徹治, 勝川俊雄. クロマグロをめぐる資源管理・国際政治・メディア報道. 科学. 2010. 80. 7. 675-677
  • 石井敦. 調査捕鯨における「科学」の欠如は漁業資源交渉に悪影響を及ぼしかねない. 科学. 2008. 78. 7. 704-705
書籍 (12件):
  • 東北アジアの自然と文化
    東北大学出版会 2018
  • 海賊対処法の研究
    有信堂 2016 ISBN:9784842040615
  • クジラコンプレックス:捕鯨裁判の勝者はだれか
    東京書籍 2015 ISBN:9784487809257
  • シベリア:温暖化する極北の水環境と社会
    京都大学出版会 2015 ISBN:9784876983155
  • 農林水産の経済学
    中央経済社 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (98件):
  • Why Anti-whaling Norms Fail to Preserve Whales:Three Hypotheses
    (環境経済・政策学会2019年大会 2019)
  • クジラをめぐる国際政治
    (一般公開講演会「世界の捕鯨を考える」 2018)
  • IWCと環境倫理「規範」
    (「捕鯨と環境倫理」第2回研究会 「国際捕鯨委員会の動向」 2017)
  • 気候工学の超学際シナリオ研究の意義と課題
    (研究・イノベーション学会第32回年次学術大会 2017)
  • Augmenting GeoMIP with interdisciplinary collaboration and participatory scenario approach
    (Climate Engineering Conference 2017 2017)
もっと見る
経歴 (1件):
  • 2001/01 - 2004/09 独立行政法人国立環境研究所 アシスタントフェロー
委員歴 (3件):
  • 2012/04 - 2016/03 環境経済・政策学会 理事
  • 2013/11 - 2015/11 日本国際政治学会環境分科会責任者 分科会責任者
  • 2011/09 - 2012/09 環境経済・政策学会2012年大会実行委員会 委員
受賞 (2件):
  • 2016/09/16 - 水文・水資源学会 水文・水資源学会 学術出版賞 地球研和文学術叢書『シベリア -温暖化する極北の水環境と社会』(京都大学学術出版会, 2015年)
  • Sustainability Science Outstanding Article of the 2017 Sustainability Science Best Paper Awards Transdisciplinary co-design of scientific research agendas: 40 research questions for socially relevant climate engineering research
所属学会 (3件):
日本国際政治学会 ,  国際関係論学会 ,  環境経済・政策学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る