研究者
J-GLOBAL ID:200901035987327665   更新日: 2019年12月30日

鈴木 康文

スズキ コウブン | Suzuki Kobun
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 哲学、倫理学
研究キーワード (3件): 身体論 ,  現象学 ,  Ph(]J1103[)nomenologie
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2015 - 2019 科学研究費補助金(基盤研究(C))(代表1名)研究課題名:フッサール身体論の倫理的展開:身体行為のなかでの非自覚的自己とその責任の所在
  • 2010 - 2014 科学研究費補助金(基盤研究(C))(代表1名)研究課題名:フッサール身体論の変遷と転回---「世界」概念との連関を軸として
  • 2005 - 2009 科学研究費補助金(基盤研究(C))(代表1名)研究課題名:フッサール身体論とその現代的意義
  • 2006 - 2007 平成18年度大学教育の国際化推進プログラム(海外先進研究実践支援)(文科省)(代表1名)ドイツ・ケルン大学
  • Environmental Ethics.
全件表示
論文 (26件):
  • 鈴木 康文. 中期フッサールにおける知覚・直観・注意. 『倫理学』(筑波大学倫理学研究会). 2019. 35. 55-67
  • 鈴木 康文. フッサール現象学における注意・不注意の問題. 『北陸宗教文化』(北陸宗教文化学会). 2018. 31. 1-19
  • 鈴木 康文. 初期フッサールにおける注意の問題. 『哲学・思想論叢』(筑波大学哲学・思想学会). 2017. 35. 15-27
  • 鈴木 康文. 西田幾多郎と明治期の教育制度. 『倫理学』(筑波大学倫理学研究会). 2015. 31. 31-43
  • 鈴木 康文. フッサール現象学における実在性---物・身体・心. 『倫理学』(筑波大学倫理学研究会). 2012. 28. 27-38
もっと見る
MISC (17件):
  • 鈴木 康文. 書評:中村直行『沈黙と無言の哲学〈語りえないもの〉の語りえなさを語る』大学教育出版. 『北陸宗教文化』(北陸宗教文化学会). 2016. 29. 113-124
  • 鈴木 康文. 書評:三宅浩史『三木清『哲学入門』パラフレーズ』風詠社. 『北陸宗教文化』(北陸宗教文化学会). 2011. 24. 107-110
  • Individual in Nishida's Theory of Action-Intuition. Studies in Japanese Culture. 2000. 11. 21-39
  • Lebenswelt and ihre Themafisrerung....Vbergang car transzendentalen Einstellung von dernat(]E85CC[)rlichen. Studies in Philosophy. 2000. 25. 79-94
  • Environmental Ethics and the Problem of Society. Ethics. 1999. 16. 63-78
もっと見る
書籍 (2件):
  • 『変容する社会と人間』
    北樹出版 2014
  • 『他者性の時代-モダニズムの彼方へ』
    世界思想社 2005
講演・口頭発表等 (18件):
  • フッサールにおける意志と注意の問題
    (北陸宗教文化学会第26回大会 2019)
  • 知覚・直観・注意---中期フッサールにおけるその位置づけ
    (北陸宗教文化学会第25回大会 2018)
  • 注意/不注意と責任の所在---フッサールの注意論から
    (北陸宗教文化学会第24回大会 2017)
  • 不注意の現象学---初期・中期のフッサールをもとにして
    (北陸宗教文化学会第22回大会 2015)
  • チャイルド・パターナリズムと自由主義
    (北陸宗教文化学会第20回大会 2013)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1990 筑波大学 倫理学
  • - 1990 筑波大学
  • - 1983 筑波大学 比較文化学類
  • - 1983 筑波大学
学位 (2件):
  • 文学修士 (筑波大学)
  • 博士(文学) (筑波大学)
経歴 (5件):
  • 2002 - 現在 石川工業高等専門学校教授
  • 2006 - 2007 ドイツ・ケルン大学客員研究員
  • 2000 - 2002 石川工業高等専門学校助教授
  • 1998 - 2000 筑波大学 助手
  • 1998 - 2000 Tsukuba University, Research Assistant
所属学会 (8件):
日本医学哲学・倫理学会 ,  北陸宗教文化学会 ,  比較思想学会 ,  日本社会学会 ,  筑波大学哲学・思想学会 ,  日本現象学会 ,  日本倫理学会 ,  日本哲学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る