研究者
J-GLOBAL ID:200901036027851846   更新日: 2020年06月03日

道合 万里子

ドアイ マリコ | Doai Mariko
所属機関・部署:
職名: 助教
研究キーワード (1件): 放射線科学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2013 - 2015 ストロンチウム治療後におけるリンパ球の放射線組織障害の検討
  • 2010 - 2012 DNA損傷部位に集積する蛋白質を用いたストロンチウム治療後放射線組織障害の検討
論文 (10件):
  • Mariko Doai, Hisao Tonami, Munetaka Matoba, Osamu Tachibana, Hideaki Iizuka, Satoko Nakada, Sohsuke Yamada. Pituitary macroadenoma: Accuracy of apparent diffusion coefficient magnetic resonance imaging in grading tumor aggressiveness. The Neuroradiology Journal. 2019. 32. 2. 86-91
  • 道合万里子, 豊田一郎, 大磯一誠, 利波久雄, 的場宗孝. ANCA関連肥厚性硬膜炎の画像診断. 臨床放射線. 2018. 63. 13. 1627-1632
  • 大磯一誠, 道合万里子, 利波久雄, 的場宗孝, 飯塚秀明, 中田聡子, 黒瀬 望. Dynamic CT/MRIが診断に有用であったダンベル型脊椎硬膜外海綿状血管腫の1例. 臨床放射線. 2018. 63. 4. 461-464
  • M.Doai, H.Tonami, N.Tsuchiya, T.Akai, N.Kurose, K.Hirata. 1H-MR Spectroscopy in a Case of Isolated Intracranial Rosai-Dorfman Disease. Journal of neurological sciences (Turkish) [electronic resource]. 2014. 31(4)
  • M.Doai, H.Tonami, N.Tsuchiya, T.Akai, N.Kurose, K.Hirata. 1H-MR Spectroscopy in a Case of Isolated Intracranial Rosai-Dorfman Disease. Journal of neurological sciences (Turkish) [electronic resource]. 2014. 31(4)
もっと見る
講演・口頭発表等 (68件):
  • 肺癌例に対するDWIBSによるリンパ節転移および臨床病期診断の有益性とその費用評価
    (第59回日本肺癌学会学術集会 2018)
  • The anatomical vascular risk management for the patients with pituitary adenoma during endonasal transsphenoidal surgery
    (The 2nd Meeting of China-Japan Neurosurgery Alliance, (The 10th China-Japan Friendship Neurosurgical Symposium) 2018)
  • Diffusion-weighted imaging can differentiate pleural dissemination from malignant pleural mesothelioma emphema or pleural effusion
    (International Cancer Imaging Society 18th Annual Teaching Course 2018)
  • 頚髄神経腸嚢胞の1例
    (第54回日本医学放射線学会秋季臨床大会 2018)
  • 肺がん切除後の経過観察におけるDWIBSの有用性の検討
    (第71回日本胸部外科学会定期学術集会 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2006 福井大学 医学部 医学科
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る