研究者
J-GLOBAL ID:200901036179010804   更新日: 2020年09月01日

依田 昌樹

ヨダ マサキ | Yoda Masaki
所属機関・部署:
職名: 特任助教(有期)
研究分野 (3件): 整形外科学 ,  医療薬学 ,  生理学
研究キーワード (4件): 運動器学 ,  軟骨代謝 ,  骨代謝 ,  筋代謝
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2017 - 2020 軟骨原基を形成する形態形成関連因子の三次元的解析
  • 2017 - 2018 3次元濃度勾配を有する細胞培養実現のための徐放性磁気ビーズの開発
  • 2014 - 2017 ADAM10を介した骨・軟骨形成の制御機構
  • 2012 - 2016 筋・骨格形成および造血におけるシェディングの機能解析
  • 2011 - 2014 ADAM10が制御するNotchシグナル伝達の骨代謝への関与
全件表示
論文 (28件):
  • Shoji Suzuki, Makoto Ishii, Takanori Asakura, Ho Namkoong, Satoshi Okamori, Kazuma Yagi, Hirofumi Kamata, Tatsuya Kusumoto, Shizuko Kagawa, Ahmed E Hegab, et al. ADAM17 protects against elastase-induced emphysema by suppressing CD62L+ leukocyte infiltration in mice. American journal of physiology. Lung cellular and molecular physiology. 2020. 318. 6. L1172-L1182-L1182
  • Sakiko Mizuno, Masaki Yoda, Tokuhiro Kimura, Masayuki Shimoda, Haruhiko Akiyama, Kazuhiro Chiba, Masaya Nakamura, Keisuke Horiuchi. ADAM10 is indispensable for longitudinal bone growth in mice. Bone. 2020. 134
  • Matsuo K, Ji S, Miya A, Yoda M, Hamada Y, Tanaka T, Takao-Kawabata R, Kawaai K, Kuroda Y, Shibata S. Innervation of the tibial epiphysis through the intercondylar foramen. Bone. 2019. 120. 297-304
  • Edamoto M, Kuroda Y, Yoda M, Kawaai K, Matsuo K. Trans-pairing between osteoclasts and osteoblasts shapes the cranial base during development. Scientific Reports. 2019. 9. 1
  • Maiko Ohashi, Kazumasa Okubo, Sakiko Mizuno, Masaki Yoda, Hideyuki Shirasawa, Kazuhiro Chiba, Keisuke Horiuchi, Morio Matsumoto, Masaya Nakamura. Granulocyte-colony stimulating factor enhances load-induced muscle hypertrophy in mice. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2018. 506. 4. 944-949
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • マウス腓骨における骨形成部位は成長に伴い変位する
    (第36回日本骨代謝学会学術集会 2018)
  • Bone Renovation of the Mouse Neonatal Fibula into the Adult Skeleton
    (America Society for Bone and Mineral Research 2017 Annual Meeting 2017)
  • マウス腓骨における内軟骨性骨化後の断面形状の改変
    (第35回日本骨代謝学会学術集会 2017)
  • 軟骨細胞におけるADAM10-Notchシグナルの抑制は顕著な成長障害を来たす
    (第28回日本軟骨代謝学会 2015)
  • 軟骨細胞特異的なADAM10-Notchシグナルの抑制は顕著な成長障害を来たす
    (第32回日本骨代謝学会学術集会 2014)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1997 - 2003 東北大学 資源生物科学専攻
学位 (2件):
  • 博士(農学) (東北大学)
  • 博士(農学) (Tohoku University)
経歴 (3件):
  • 2019/04/01 - 現在 慶應義塾大学 医学部 整形外科学 特任助教
  • 2016/04/01 - 2019/03/31 慶應義塾大学 医学部 共同利用研究室 細胞組織学研究室 助教
  • 2007/01/01 - 2016/03/31 慶應義塾大学 医学部 抗加齢運動器楽寄付講座(整形外科学) 特任助教
受賞 (2件):
  • 2014/07/24 - 日本骨代謝学会 優秀ポスター賞 軟骨細胞特異的なADAM10-Notchシグナルの抑制は 顕著な成長障害を来たす
  • 2005/06 - 国際粘膜免疫学会 Young Investigator Award
所属学会 (2件):
日本骨代謝学会 ,  日本軟骨代謝学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る