研究者
J-GLOBAL ID:200901036201051480   更新日: 2022年01月17日

後藤 慎介

ゴトウ シンスケ | Goto Shinsuke
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (1件): http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/biol/aphys/index.html
研究分野 (2件): 動物生理化学、生理学、行動学 ,  昆虫科学
研究キーワード (5件): 季節適応 ,  低温耐性 ,  休眠 ,  光周性 ,  昆虫
競争的資金等の研究課題 (31件):
  • 2019 - 2022 昆虫の光周性の変異を生み出す分子神経機構の解析
  • 2019 - 2020 シャーガス病媒介昆虫の産卵・変態を制御する技術開発
  • 2017 - 2020 昆虫の概日時計-神経分泌細胞連関を中心とした光周性機構の解析
  • 2017 - 2020 土中温度環境への昆虫概日時計の適応機構を探る
  • 2014 - 2019 Winter Survival Mechanisms and Adaptive Genetic Variation in an Antarctic Insect
全件表示
論文 (92件):
  • Des Marteaux Lauren, Xi Jili, Mano Genyu, Goto Shin G. Circadian clock outputs regulating insect photoperiodism: A potential role for glutamate transporter. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS. 2022. 589. 100-106
  • Goto, S.G, Nagata, Masatoshi. The circadian clock gene (Clock) regulates photoperiodic time measurement and its downstream process determining maternal induction of embryonic diapause in a cricket. European Journal of Entomology. 2022. 119. 12-22
  • Mukai Ayumu, Yamaguchi Koki, Goto Shin G. Urban warming and artificial light alter dormancy in the flesh fly. ROYAL SOCIETY OPEN SCIENCE. 2021. 8. 7
  • Kitai Hitomi, Kakuda Umi, Goto Shin G, Shiga Sakiko. Photoperiod controls egg laying and caudodorsal cell hormone expression but not gonadal development in the pond snail Lymnaea stagnalis. JOURNAL OF COMPARATIVE PHYSIOLOGY A-NEUROETHOLOGY SENSORY NEURAL AND BEHAVIORAL PHYSIOLOGY. 2021. 207. 4. 523-532
  • Yoshida, M, Lee, R.E. Jr, Denlinger, D.L, Goto, S.G. Expression of aquaporins in response to distinct dehydration stresses that confer stress tolerances in the Antarctic midge Belgica antarctica. Comparative Biochemistry and Physiology, Part A. 2021. 256. 110928
もっと見る
MISC (19件):
特許 (1件):
  • ニクバエ類およびクロバエ類昆虫の卵巣発達期および産卵用培地,飼育方法,および医療用昆虫
書籍 (15件):
  • Photoperiodism, Insects
    Elsevier・The Encyclopedia of Reproduction 2nd Edition 2018 ISBN:9780128118993
  • ヒトとハエの甘味感度 ~ヒトの甘味官能テストとキンバエ類の吻伸展テスト~
    大阪公立大学出版会・生物学実験への招待 2017 ISBN:9784907209674
  • 生物時計で季節を知る
    共立出版・研究者が教える動物実験 第1巻感覚 2015 ISBN:9784320057722
  • 生物時計が季節を知らせる
    共立出版・研究者が教える動物実験 第1巻感覚 2015 ISBN:9784320057722
  • 「マイクロピペットの使い方」「コオロギの交尾行動と闘争行動の観察」「原生動物の生理」「昆虫のボディプラン:カイコ幼虫の解剖」
    大阪公立大学出版会・生物学実験への招待 2014 ISBN:9784907209179
もっと見る
講演・口頭発表等 (44件):
  • キョウソヤドリコバチの母性休眠制御にかかわる幼若ホルモン
    (第81回日本昆虫学会大会 2022)
  • マダラスズ休眠卵における20-ヒドロキシエクジソンと幼若ホルモンIIIの定量
    (第81回日本昆虫学会大会 2022)
  • カメムシ目昆虫の幼若ホルモンの多様性
    (第66回日本応用動物昆虫学会大会 2022)
  • Seasonal adaptation of embryos and larvae in the Antarctic midge
    (2021 Annual Seasonal Symposium 2021)
  • ナンキョクユスリカ幼虫の発育停止と蛹化・羽化の誘導
    (第81回日本昆虫学会大会 2021)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1997 - 1997 北海道大学 生態環境科学
  • - 1995 北海道大学 生物学科 動物学専攻
学位 (2件):
  • 博士(地球環境科学) (北海道大学)
  • Ph.D. (Hokkaido University)
経歴 (6件):
  • 2016/09/30 - 現在 大阪市立大学 大学院理学研究科 教授
  • 2002/04/01 - 現在 大阪市立大学 理学研究科 生物地球系専攻 教授
  • 2010/10/01 - 2016/09/30 大阪市立大学 大学院理学研究科 准教授
  • 2002/04/01 - 2010/09/30 大阪市立大学 大学院理学研究科 講師
  • 2000/04 - 2002/02 Ohio State University Department of Entomology Postdoc
全件表示
委員歴 (28件):
  • 2018/07 - 現在 日本昆虫学会 日本昆虫科学連合・昆虫学会代表委員
  • 2017/12 - 現在 日本マゴットフォーラム 評議員
  • 2016 - 現在 日本動物学会 近畿支部委員
  • 2014 - 現在 Royal Entomological Society Editor, Physiological Entomology
  • 2021/03 - 2023/03 日本応用動物昆虫学会 代議員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2022/03 - 第66回 日本応用動物昆虫学会 学会賞
  • 2012 - 日本地質学会第119年学術大会優秀ポスター賞
  • 2010 - 日本昆虫学会若手奨励賞
  • 2009 - 日本古生物学会第158回例会 優秀ポスター賞
所属学会 (6件):
日本比較生理生化学会 ,  日本時間生物学会 ,  日本昆虫学会 ,  日本応用動物昆虫学会 ,  日本動物学会 ,  イギリス昆虫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る