研究者
J-GLOBAL ID:200901036228277676   更新日: 2019年10月05日

江崎 雄治

エサキ ユウジ | Esaki Yuuji
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 地理学
研究キーワード (1件): 人口地理学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 日本国内の人口移動と地域人口の変動
論文 (32件):
  • 鈴木 透, 小池司朗, 山内昌和, 菅 桂太, 貴志匡博, 西岡八郎. 日本の地域別将来推計人口(平成25(2013)年3月推計)-平成22(2010)~52(2040)年-. 人口問題研究. 2013. 69. 2. >88-124
  • 山口泰史, 松山 薫. 新規大卒者のUターン移動と就職-山形県庄内地域の事例-. 季刊地理学. 2011. 62. 4. >211-221
  • 松尾容孝. 現代日本の過疎地における生活様式と地域支援. 専修大学人文科学研究所月報. 2010. 244. >1-43
  • 西岡八郎, 小池司朗, 山内昌和, 菅 桂太. 日本の市区町村別将来推計人口-平成17(2005)~平成47(2035)年-(平成20年12月推計). 人口問題研究. 2009. 65. 1. >57-108
  • 長沼佐枝, 荒井良雄. 地方中核都市の郊外における人口高齢化と住宅地の持続可能性-福岡市の事例-. 経済地理学年報. 2008. 54. 4. >310-326
もっと見る
MISC (8件):
  • 江崎 雄治. 地域の将来像を人口から考える-社人研将来人口推計および小地域統計の分析から-. ESTRELA. 2013. 233. >2-11
  • 江崎 雄治. 団塊世代の地域人口へのインパクト-郊外における急激な高齢化-. 地理. 2008. 53. 2. >21-27
  • 江崎 雄治. 日本の人口移動と人口分布の将来像. 地理. 2003. 48. 6. >8-14
  • 江崎 雄治. 石川義孝編『人口移動転換の研究』. 人口学研究. 2002. 30. >108-110
  • 江崎 雄治. 住民基本台帳から人口移動のトレンドを読む. 地理(11月増刊). 2001. 4. 554. >74-75
もっと見る
書籍 (3件):
  • 人口・居住と自然-GISによる分析-
    財団法人統計情報研究開発センター 2009 ISBN:9784925079679
  • 首都圏人口の将来像-都心と郊外の人口地理学-
    専修大学出版局 2006
  • 職業からみた人口-その地域構造と変動-
    大蔵省印刷局 1996
講演・口頭発表等 (17件):
  • コーホート要因法を用いた町丁・字単位の将来人口推計
    (2011年度日本人口学会大会 2011)
  • 大都市圏郊外における人口停滞と高齢化
    (日本人口学会大会(神戸大学) 2005)
  • 山形県庄内地域出身者の還流移動
    (日本地理学会春季学術大会(青山学院大学) 2005)
  • Population aging in the suburbs of the Tokyo metropolitan area
    (The 30th Congress of the International Geographical Union, Glasgow, UK 2004)
  • 東京大都市圏郊外の高齢化-GISによる地域メッシュ統計の分析-
    (日本地理学会春季学術大会(東京経済大学) 2004)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1996 東京大学 理学系研究科 地理学専攻
  • - 1994 東京大学 理学系研究科 地理学専攻
  • - 1992 東京大学 理学部 地学科地理学課程
学位 (2件):
  • 博士(理学) (東京大学)
  • 修士(理学) (東京大学)
経歴 (2件):
  • 1999/08 - 2002/03 国立社会保障・人口問題研究所 研究員
  • 1996/08 - 1999/07 東京大学大学院理学系研究科 助手
所属学会 (6件):
日本人口学会 ,  経済地理学会 ,  東北地理学会 ,  地理科学学会 ,  人文地理学会 ,  日本地理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る