研究者
J-GLOBAL ID:200901036271767830   更新日: 2020年11月05日

小林 篤史

コバヤシ アツシ | Kobayashi Atsushi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): ウイルス学 ,  実験病理学
研究キーワード (3件): 神経病理学 ,  クロイツフェルト・ヤコブ病 ,  プリオン
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2020 - 2022 プリオン感染リスクの網羅的解析
  • 2020 - 2021 ブタのPD-1/PD-L1を介した免疫抑制機序の解析と新規抗体薬の開発
  • 2020 - 2021 末梢からのプリオン感染リスクの網羅的解析
  • 2019 - 2021 鼻疽菌潜伏感染場の摘発に向けた新規血清診断法の開発
  • 2018 - 2020 プリオン蛋白の異常化機構解明研究
全件表示
論文 (69件):
  • Otgontuya Ganbaatar1, Satoru Konnai1,2,*, Tomohiro Okagawa2, Yutaro Nojima1, Naoya Maekawa2, Erina Minato3, Atsushi Kobayashi3, Ryo Ando4, Nobuya Sasaki5, Daisuke Miyakosi6, Osamu Ichi7, Yukinari Kato8 , Yasuhiko Suzuki2,9, Shiro Murata1,2, Kazuhiko Ohashi1,2. PD-L1 expression in equine malignant melanoma and functional effects of PD-L1 blockade. PLOS One. 2020
  • Lesa A. Thompson, Atsuya Morita, Shoko Murakami, Noboru Sasaki, Miou Murashita, Ryou Yamazaki, Atsushi Kobayashi, Takashi Kimura, Mitsuyoshi Takiguchi. Wobbly hedgehog syndrome with disseminated histiocytic sarcoma and lateral ventricular meningioma in an African pygmy hedgehog. J Vet Diagn Invest. 2020. 32. 6. 953-956
  • Ochbayar Erdemsurakh, Khurtsbaatar Ochirbat, Ulziisaikhan Gombosuren, Batbold Tserendorj, Baatarjargal Purevdorj, Batbaatar Vanaabaatar, Keisuke Aoshima, Atsushi Kobayashi, Takashi Kimura. Seroprevalence of equine glanders in horses in the central and eastern parts of Mongolia. The Journal of veterinary medical science. 2020. 82. 9. 1247-1252
  • Erdemsurakh O, Purevdorj B, Ochirbat K, Adilbish A, Vanaabaatar B, Aoshima K, Kobayashi A, Kimura T. Pathological and immunohistochemical analyses of naturally occurring equine glanders using anti-BpaB antibody. Vet Pathol. 2020
  • Mika K Kaneko, Masato Sano, Junko Takei, Teizo Asano, Yusuke Sayama, Hideki Hosono, Atsushi Kobayashi, Satoru Konnai, Yukinari Kato. Development and Characterization of Anti-Sheep Podoplanin Monoclonal Antibodies PMab-253 and PMab-260. Monoclonal antibodies in immunodiagnosis and immunotherapy. 2020. 39. 4. 144-155
もっと見る
MISC (11件):
  • 佐藤裕, 石井千尋, 中山翔太, 一瀬貴大, 齊藤慶輔, 渡邊有希子, 小笠原浩平, 鳥本亮太, 小林篤史, 木村享史, et al. 鉛散弾の経口投与によるバルバリーガモの鉛の血中濃度の経時変化および体内分布の解析. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162nd. 504
  • 大村 侑己, 大田 寛, 小林 篤史, 笹岡 一慶, 道下 明日香, 大菅 辰幸, 佐々木 東, 森下 啓太郎, 滝口 満喜. 神経症状を主訴とした悪性中皮腫の猫の1例. 北海道獣医師会雑誌. 2018. 62. 8. 340-340
  • 大村 侑己, 大田 寛, 小林 篤史, 笹岡 一慶, 道下 明日香, 大菅 辰幸, 佐々木 東, 森下 啓太郎, 滝口 満喜. 神経症状を主訴とした悪性中皮腫の猫の1例. 北海道獣医師会雑誌. 2018. 62. 8. 340-340
  • Atsushi Kobayashi, Piero Parchi, Masahito Yamada, Paul Brown, Daniela Saverioni, Yuichi Matsuura, Atsuko Takeuchi, Shirou Mohri, Tetsuyuki Kitamoto. Iatrogenic transmission of Creutzfeldt-Jakob disease. PRION. 2016. 10. S5-S5
  • Fumiko Furukawa, Nobuo Sanjo, Atsushi Kobayashi, Tsuyoshi Hamaguchi, Masahito Yamada, Tetsuyuki Kitamoto, Hidehiro Mizusawa, Takanori Yokota. Differential association of amyloid-beta with PrPSc pathology in each genetic prion disease. PRION. 2016. 10. S85-S86
もっと見る
特許 (2件):
書籍 (2件):
  • Handbook of Clinical Neurology, Vol. 153, Human Prion Diseases.
    Elsevier. 2018 ISBN:9780444639455
  • Clinical Neuroscience, ニューロジェネティクス新時代-次世代シークエンサーが拓く新しい世界.
    中外医学社 2018
講演・口頭発表等 (78件):
  • Pathomechanisms of prion protein propagation
    (第61回日本神経病理学会総会学術研究会 2020)
  • Characterization of “sporadic CJD” with history of neurosurgery to identify potentially iatrogenic cases
    (Asian Pacific Prion Symposium 2019 2019)
  • A novel combination of prion strain co-occurrence in patients with sporadic Creutzfeldt-Jakob disease
    (Asian Pacific Prion Symposium 2019 2019)
  • 鉛散弾の経口投与によるバルバリーガモの鉛の血中濃度の経時変化および体内分布 の解析
    (第162回日本獣医学会学術集会 2019)
  • 孤発性クロイツフェルト・ヤコブ病におけるプリオン株混在の新規組み合わせ
    (第60回日本神経病理学会総会学術研究会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2002 - 2006 東北大学
  • 1996 - 2002 北海道大学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (東北大学)
経歴 (3件):
  • 2014/10 - 現在 北海道大学 大学院獣医学研究院比較病理学教室 准教授
  • 2013/04 - 2014/10 東北大学 大学院医学系研究科病態神経学分野 講師
  • 2006/04 - 2013/03 東北大学 大学院医学系研究科病態神経学分野 助教
委員歴 (21件):
  • 2020/04 - 現在 日本神経感染症学会 評議員
  • 2015/09 - 現在 Asian Pacific Society of Prion Research 評議員
  • 2020/04 - 2022/03 獣医学研究院 学術交流事業委員会委員
  • 2020/04 - 2022/03 獣医学部 学術情報委員会委員
  • 2020/04 - 2022/03 獣医学部 学習管理システム委員会委員
全件表示
受賞 (6件):
  • 2020/09 - The Journal of Veterinary Medical Science 2019年度 Good Reviewer 賞
  • 2016/01 - 東北大学医学部 平成27年度医学部奨学賞銀賞 獲得性クロイツフェルト・ヤコブ病の確定診断法の確立
  • 2016/01 - 公益社団法人 宮城県医師会 平成27年度医学奨励賞 獲得性クロイツフェルト・ヤコブ病の確定診断法の確立
  • 2010/05 - 艮陵医学振興会 平成22年度匂坂記念賞 プリオン病感染防止へ向けた基礎的研究-プリオン病の感染源同定法の確立
  • 2008/08 - プリオン研究会 2008年ベストポスター賞 プリオン蛋白遺伝子のGPIアンカーシグナル配列における1アミノ酸置換と配列の長さがプリオン蛋白の異常化に与える影響
全件表示
所属学会 (4件):
日本獣医学会 ,  日本神経病理学会 ,  アジア太平洋プリオン研究会 ,  日本神経感染症学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る