研究者
J-GLOBAL ID:200901036333741752   更新日: 2020年01月10日

伊藤 裕子

Yuko Ito
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): 政治学 ,  国際関係論 ,  ヨーロッパ史、アメリカ史 ,  日本史
研究キーワード (13件): International Security ,  US-Philippine-Japan Relations ,  U.S. Diplomatic History ,  American History ,  International Relations ,  安全保障 ,  日米関係 ,  東南アジア ,  アメリカ政治外交 ,  米比関係史 ,  西洋史 ,  国際関係論 ,  政治学
論文 (24件):
  • 「第12章 フィリピン・ドゥテルテ政権の対中認識 -最近の動向を中心に-」. 日本国際問題研究所 外交・安全保障調査研究事業. 2019. 113-134
  • 「第12章 比米安全保障関係と南シナ海領有権問題をめぐるフィリピンの対中政策」. 『中国の対外政策と諸外国の対中政策』. 2018. 115-137
  • 朴栄濬, 渡辺剛, 南基正, 竹田いさみ他. 「ポスト冷戦期の米比関係-引き続く過去と新たな脅威」. SGRAレポート『東アジア軍事同盟の課題と展望』. 2012. 64. 26-37
  • The Defense Alliance and the Weak Nation's Bargaining Power: Comment on Fukito Masami, "The United States Taiwan Policy and the Far East during Early Cold War Period, 1949-1954". Nagoya American Studies Summer Seminar (NASSS) 2010 Proceedings . 2010
  • 「カーター政権の『人権外交』とフィリピンのマルコス独裁--米比基地交渉と人権・安全保障・国益--」. 『アジア研究所・アジア研究シリーズ』. 2010. No.74. アジアの人権状況. 61-85
もっと見る
書籍 (12件):
  • 『アメリカ文化事典』
    丸善出版 2018
  • 『新時代アメリカ社会を知るための60章』
    明石書店 2013
  • 『原子力と冷戦 日本とアジアの原発導入』
    花伝社 2013 ISBN:9784763406590
  • 『東アジア近現代通史 第8巻 ベトナム戦争の時代』
    岩波書店 2011
  • 『東アジアの歴史摩擦と和解可能性-冷戦後の国際秩序と歴史認識をめぐる諸問題』
    凱風社 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (23件):
  • フィリピン・ドゥテルテ政権の対中認識 ー最近の動向を中心にー
    (「諸外国の対中認識の動向と国際秩序の趨勢」研究会(中国研究会・チームB) 2018)
  • Comment on Professor DeCastro, The Duterte Administration’s Appeasement Policy on China and the Crisis in the Philippine-U.S. Alliance
    (「中国の対外政策と諸外国の対中政策」 (B)「諸外国の対中認識の動向と国際秩序の趨勢」 2017)
  • トランプ米大統領誕生 ~2016年大統領選挙の特徴と今後の世界~
    (亜細亜大学銀青会講演会 2017)
  • The Bases and Changing Historical Perceptions: A View of United States-Philippine Relations during the Cold War
    (Workshop A: America’s Wars in the 20th Century and Beyond: Wars and the Minorities, Japanese Association for American Studies (JAAS) Annual Meeting 2015 2015)
  • 書評会 ウォルター・ラフィーバー(伊藤裕子・平田雅己監訳)『アメリカ vs ロシア 冷戦時代とその遺産』(芦書房、2012年)
    (アメリカ学会第47回年次大会 アメリカ国際関係史分科会 2013)
もっと見る
Works (13件):
  • 『China Report』Vol. 36諸外国の対中認識の動向と国際秩序の趨勢13:フィリピン・ドゥテルテ政権の『国家安全保障戦略2018』と対中認識
    2019 -
  • 【コラム】『China Report』Vol. 15諸外国の対中認識の動向と国際秩序の趨勢4:比米安全保障関係と南シナ海領有権問題をめぐるフィリピンの対中政策
    2018 -
  • 新刊紹介 菅英輝著『冷戦と「アメリカの世紀」-アジアにおける「非公式帝国」の秩序形成』
    2017 -
  • 新刊紹介 岡田泰平著『「恩恵の論理」と植民地 アメリカ植民地期フィリピンの教育とその遺制』
    2015 -
  • (翻訳)マーク・ガリキオ(伊藤裕子訳)『アメリカ黒人から見た日本、中国 1896-1945』
    2013 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1991 - 1996 一橋大学 大学院 公法・国際関係専攻
  • 1988 - 1990 University of Wisconsin-Madison American History
委員歴 (19件):
  • 2012/06 - 現在 The Japanese Association for American Studies
  • 2012/06 - 現在 アメリカ学会 理事
  • 2016/06 - 2018/06 The Japanese Association for American Studies
  • 2016/06 - 2018/06 アメリカ学会 常務理事(将来構想委員長)
  • 2013/09 - 2015/09 Japanese Association for American History
全件表示
所属学会 (6件):
日本アメリカ史学会 ,  同時代史学会 ,  東南アジア学会 ,  Society for Historians of American Foreign Relations (SHAFR) ,  日本国際政治学会 ,  アメリカ学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る