研究者
J-GLOBAL ID:200901036351624500   更新日: 2021年04月05日

植村 一広

ウエムラ カズヒロ | Uemura Kazuhiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 工学研究科  准教授
研究分野 (1件): 無機・錯体化学
研究キーワード (14件): 一次元鎖 ,  Coordination Chemistry ,  水素結合 ,  白金 ,  ロジウム ,  複核錯体 ,  金属結合 ,  スピン ,  混合原子価 ,  量子細線 ,  多核錯体 ,  金属錯体化学 ,  電子状態 ,  結晶構造
競争的資金等の研究課題 (35件):
  • 2021 - 2024 ポリオキソメタレートと白金多核錯体からなる混合原子価一次元集積体の導電物性
  • 2021 - 2023 二次元POM集積体のキャリア移動度評価と太陽電池電荷分離相への応用
  • 2021 - 2022 ポリオキソメタレートを基盤とした新しい分子性導体の開発
  • 2020 - 2022 金属結合で介した単一次元鎖磁石の創製
  • 2020 - 2022 異種金属一次元状多核錯体の逐次的な伸長化法の開発
全件表示
論文 (45件):
MISC (7件):
特許 (2件):
書籍 (5件):
  • 錯体化合物辞典
    朝倉書店 2019
  • 教養ブックレットvol.9
    岐阜大学 教養教育推進センター編 2016
  • 教養ブックレットvol.4
    岐阜大学 教養教育推進センター編 2012
  • 配位空間の化学 -最新技術と応用-
    シーエムシー出版 2009
  • 有機貯蔵材料とナノ技術 -水素社会に向けて-
    シーエムシー出版 2007
講演・口頭発表等 (140件):
  • トランス架橋白金-異種金属三核錯体を用いた常磁性多核集積体の構造と物性
    (第101春季年会 2021)
  • ポリオキソメタレートと白金四核錯体からなる混合原子価一次元集積体の合成と物性
    (第101春季年会 2021)
  • 白金四核錯体によるドーソン型ポリオキソメタレートの混合原子価一次元伸長化と物性
    (第101春季年会 2021)
  • ランタン型複核錯体による白金-マンガン三核錯体の常磁性一次元伸長化と磁気的性質
    (第101春季年会 2021)
  • レドックス活性なトランス架橋型白金-M-白金三核錯体の合成と異種金属多核集積化
    (2020年度ヤングエレクトロケミスト研究会・光電気化学研究会 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1999 - 2004 京都大学大学院 合成・生物化学専攻
  • 1995 - 1999 京都大学 工業化学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (5件):
  • 2014/04 - 現在 岐阜大学 工学部 准教授
  • 2009/04 - 2014/03 岐阜大学 工学部 助教
  • 2007/04 - 2009/03 山口大学 大学院理工学研究科 助教
  • 2006/04 - 2007/03 山口大学 大学院理工学研究科 助手
  • 2004/04 - 2006/03 早稲田大学 大学院理工学研究科 客員研究助手
委員歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 日本化学会東海支部 代議員
  • 2017/04 - 2019/03 日本化学会東海支部化学教育協議会 委員
  • 2009/04 - 2012/03 錯体化学若手の会東海支部 世話人
  • 2008/04 - 2009/03 錯体化学若手の会中国四国支部 世話人
受賞 (4件):
  • 2016/06 - 宇部興産学術振興財団 第56回学術奨励賞
  • 2014/03 - 日本化学会第94春季年会 第28回若い世代の特別講演賞
  • 2005/09 - 第55回錯体化学討論会ポスター賞
  • 2003/03 - 第83春季年会学生講演賞
所属学会 (6件):
日本化学会 ,  アメリカ化学会 ,  錯体化学会 ,  分子科学会 ,  日本セラミックス協会 ,  高分子学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る