研究者
J-GLOBAL ID:200901036382234149   更新日: 2021年03月13日

長坂 格

ナガサカ イタル | NAGASAKA ITARU
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 地域研究 ,  文化人類学、民俗学
研究キーワード (11件): 住宅政策 ,  社会政策 ,  結婚移住 ,  親族 ,  家族 ,  イタリア ,  男性性 ,  第1.5世代 ,  フィリピン ,  トランスナショナリズム ,  移住
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2017 - 2020 再生産労働の国際分業における男性移住者の社会関係とアイデンティティの再構築
  • 2015 - 2019 社会的なものの再編とリスクの統治-フィリピンの脆弱性とレジリエンスの民族誌から
  • 2014 - 2017 男性移住家事労働者の男性性の変容と再編-イタリアのフィリピン人の事例
  • 2013 - 2017 現代東アジアにおける国際結婚と「地方的世界」の再構築
  • 2012 - 2015 フィリピン系移民第1.5世代による社会生活の構築に関する比較研究
全件表示
論文 (9件):
  • Asuncion Fresnoza-Flot, Itaru Nagasaka. Lingering Caregiver-Child Relations across Borders: Filipino Migrant Youths in Europe and Their Stay-behind Carers in the Philippines. Zero-a-Seis. 2021. 23. 43. 889-914
  • 長坂 格. フィリピン低地社会における死者親族祭祀:イロコス地方農村の事例. 社会学雑誌. 2012. 29. 86-108
  • 長坂 格. フィリピンからの第1.5世代移住者:子ども期に移住した人々の国際比較研究へ向けての覚書. 上杉富之編,グローカリゼーションと越境. 2011. 49-83
  • 長坂 格. 移住者によるエスニック・ビジネス・ニッチの形成:フィリピン,マニラ首都圏の小規模紙器工場への民族誌的接近. インターカルチュラル. 2008. 6. 111-130
  • 長坂 格. Cellular Phones and Filipino Transnational Social Fields. Pilipinas: A Journal of Philippine Studies. 2003. 40. 44-54
もっと見る
MISC (9件):
  • 福田 恵, 長坂 格. 山間地域における移住者の社会的役割 : その継承と生成に着目して (特集 持続可能な農山村の地域づくり). 日本の科学者. 2020. 55. 10. 569-575
  • 長坂 格. 書評 細田尚美.『幸運を探すフィリピンの移民たち : 冒険・犠牲・祝福の民族誌』明石書店,2019年,395p. アジア・アフリカ地域研究 = Asian and African area studies. 2019. 19. 231-234
  • 長坂 格. 堀江未央.『娘たちのいない村-ヨメ不足の連鎖をめぐる雲南ラフの民族誌』京都大学学術出版会,2018,v+348p. 東南アジア研究. 2019. 57. 1. 88-91
  • 山根 真理, 洪 上旭, 朴 京淑, 李 東輝, 長坂 格, 中筋 由紀子. 20世紀アジアの社会変動と産育のネットワーク -5地域ライフコース調査から-. 愛知教育大学研究報告. 人文・社会科学編. 2014. 63. 155-166
  • 長坂 格. 書評 清水展著『草の根グローバリゼーション : 世界遺産棚田村の文化実践と生活戦略』. アジア経済 = Quarterly journal of Institute of Developing Economies Japan External Trade Organization. 2013. 54. 4. 176-179
もっと見る
書籍 (15件):
  • Global Childhoods in International Perspective: Universality, Diversity and Inequalities
    2020
  • Ethnographies of development and globalization in the Philippines : emergent socialities and the governing of precarity
    2020 ISBN:9780367480745
  • 外国人移住者と「地方的世界」:東アジアにみる国際結婚の構造と機能
    昭和堂 2019
  • シリーズ東南アジア地域研究2 社会
    慶応義塾大学出版会 2017
  • アジアから考える:日本人が「アジアの世紀」を生きるために
    有志舎 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (15件):
  • Migrant Men in Global Care Chain: Migration Routes and Reconstruction of Identities among Filipino Male Migrants in Italy and the UK
    (7th Trans Pacific International Conference 2020)
  • Diversification of Livelihood Strategies and Emerging Sociality in the Rural Philippines: A View from Longitudinal Fieldwork in Ilocos
    (4th Philippine Studies Conference in Japan 2018)
  • Imagining a life somewhere else: Transnational engagements and future visions among Filipino immigrant’s children in Italy
    (Séminaire d’Anthropologie à Bruxelles 2018)
  • Including Children with Immigrant Backgrounds: Local Programs Supporting Children with Filipino Backgrounds in Japan and Beyond
    (The 2016 International Metropolis Conference 2016)
  • Divergent routes and partial citizenship: A comparative analysis of child migrants with Filipino backgrounds in Italy and Japan
    (International Symposium on Partial Citizenship of Family Migrants 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1994 - 1998 神戸大学 社会文化専攻博士後期課程
  • 1991 - 1994 筑波大学 地域研究専攻修士課程
  • 1987 - 1991 国際基督教大学 社会科学科
学位 (1件):
  • 博士(文学) (神戸大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 広島大学 人間社会科学研究科 教授
  • 2017/04 - 2018/03 サッセクス大学 サセックス大学移住研究センター 客員フェロー
  • 2009/10/01 - 広島大学 大学院総合科学研究科 准教授
  • 2005/04 - 2007/03 新潟国際情報大学 情報文化学部 助教授
  • 2002/04 - 2005/03 新潟国際情報大学 情報文化学部 講師
所属学会 (4件):
比較家族史学会 ,  日本移民学会 ,  移民政策学会 ,  日本文化人類学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る