研究者
J-GLOBAL ID:200901036396279048   更新日: 2020年09月01日

吉田 祥子

ヨシダ サチコ | Yoshida Sachiko
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 生体医工学 ,  精神神経科学
研究キーワード (3件): 発達神経障害 ,  超音波顕微鏡 ,  GABA
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 生理活性物質
  • GABA
  • GABA
論文 (126件):
  • Acoustic impedance interpretation of cross-sectional human skin by using time and frequency domain deconvolution. Japanese Journal of Applied Physics. 2020. 59. SK
  • Inna Seviaryna, Shizuka Nakada, Sachiko Yoshida, Naohiro Hozumi, Roman G. Maev. Multi-layered phantoms mimicking skin pathologies for high-resolution ultrasound. Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE. 2020. 11319
  • Naohiro Hozumi, Sachiko Yoshida, Kazuto Kobayashi. Three-dimensional acoustic impedance mapping of cultured biological cells. Ultrasonics. 2019. 99. 105966-105966
  • Hyaluronan synthesis supports glutamate transporter activity. Journal of neurochemistry. 2019. 150. 3. 249-263
  • 仲田 しずか, 東山 まりん, 居森 厚志, Seviaryna Inna, Maev Roman, 穂積 直裕, 吉田 祥子. 3D音響インピーダンス顕微鏡観察のための皮膚ファントム試料の作製. 電子情報通信学会技術研究報告(超音波). 2019. 119. 45. 27-30
もっと見る
MISC (36件):
  • 近藤 寿成, 藤井 亮輔, 川島 朋裕, 村上 義信, 吉田 祥子, 小林 和人, 小倉 有紀, 穂積 直裕. 3次元音響インピーダンスマッピングによる皮膚内部構造観察 (超音波). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2018. 118. 102. 29-33
  • 太田 一城, 鷲谷 衛, 高梨 恭一, 穂積 直裕, 小林 和人, 吉田 祥子. C2C12筋芽細胞の3次元分化誘導と構造変化. 日本生理学雑誌. 2018. 80. 1. 12-13
  • 太田一城, 鷲谷衛, 高梨恭一, 穂積直裕, 小林和人, 吉田祥子. C2C12筋芽細胞の3次元分化誘導と細胞内インピーダンス変化. 中部化学関係学協会支部連合秋季大会講演予稿集. 2016. 47th. 177
  • 光田 益士, 大村 眞朗, 吉田 憲司, 久保 貴史, 穂積 直裕, 吉田 祥子, 小林 和人, 山口 匡. 感染性難治性潰瘍モデルラットにおける生体音響特性解析. 超音波医学. 2016. 43. Suppl. S557-S557
  • 大村 眞朗, 吉田 憲司, 光田 益士, 久保 貴史, 小林 和人, 穂積 直裕, 吉田 祥子, 山口 匡. 振幅包絡統計解析による感染性難治性潰瘍の組織性状診断. 超音波医学. 2016. 43. Suppl. S556-S556
もっと見る
講演・口頭発表等 (117件):
  • Multi-layered phantoms mimicking skin pathologies for high-resolution ultrasound
    (SPIE MEDICAL IMAGING 2020)
  • The epigenetic change of granule cell precursors causes excess folding of cerebellar lobules to induce ASD-like malformation
    (EMBL Symposium: Metabolism Meets Epigenetics 2019)
  • Developmental neurotoxicity and immune abnormality of in-utero food-restriction on rat animal model
    (World Congress on Inflammation 2019 2019)
  • 胎児期の LPS 曝露がラットの小脳発達に与える影響
    (日本薬学会レギュラトリーサイエンス部会 第5回 次世代を担う若手のためのレギュラトリーサイエンスフォーラム 2019)
  • Developmental abnormality induced LPS, bacteria-derived inflammatory agent in rat cerebellar cortex
    (第42回日本神経科学大会 2019)
もっと見る
委員歴 (2件):
  • 2019/12 - 現在 日本生理学会 第98回日本生理学会大会プログラム委員
  • 2012/12 - 現在 バイオ超音波顕微鏡研究会 発起人
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る