研究者
J-GLOBAL ID:200901036448827855   更新日: 2020年10月02日

米原 啓之

ヨネハラ ヨシユキ | Yoshiyuki Yonehara
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 形成外科学 ,  外科系歯学
研究キーワード (11件): 口唇口蓋裂 ,  顎変形症 ,  顎変形症 ,  人工骨 ,  人工骨 ,  口唇口蓋裂 ,  再生骨軟骨 ,  頭頚部再建 ,  再生骨軟骨の臨床応用 ,  頭頚部腫瘍 ,  顔面外傷
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2015 - 2017 癌患者に使用可能な再建用再生骨の開発
  • 2012 - 2014 再生骨の経時的変化に対する画像評価法の確立
論文 (63件):
  • Mashimo T, Sato Y, Akita D, Toriumi T, Namaki S, Matsuzaki Y, Yonehara Y, Honda M. Bone marrow-derived mesenchymal stem cells enhance bone marrowregeneration in dental extraction sockets. Journal of Oral Science. 2019. 61. 2. 284-293
  • Yasumitsu T, Shimuzu O, Shiratsuchi H, Miyake Y, Yonehara Y. The distributions of aquaporin-5, transforming growth factor-β1 and laminin in the regeneration of atrophied rat submandibular glands after duct ligation. Journal of Oral Science. 2018. 60. 595-600
  • Furukawa A, Shinoda M, Kubo A, Honda K, Akasaka R, Yonehara Y, Iwata K. Endothelin Signaling Contributes to Modulation of Nociception in Early-stage Tongue Cancer in Rats. Anesthesiology. 2018. 128. 1207-1209
  • 玉川崇皓, 生木俊輔, 岩田潤, 田中孝佳, 大山哲生, 石上友彦, 金子忠良, 米原啓之. 3Dプリンターによる実体模型を用いた下顎骨即時再建法の検討. 顎顔面補綴. 2017. 40. 2. 21-25
  • Masao Araki, Shunsuke Namaki, Toshihiko Amemiya, Kunihito Matsumoto, Kazuya Honda, Yoshiyuki Yonehara, Naoyuki Matsumoto, Masatake Asano. Diverse calcification patterns of ameloblastic fibro-odontoma on radiographic examination. JOURNAL OF ORAL SCIENCE. 2016. 58. 4. 533-537
もっと見る
書籍 (2件):
  • 顎口腔外傷のチーム医療
    金原出版 2005
  • 口唇口蓋裂のチーム医療
    金原出版 2005
講演・口頭発表等 (99件):
  • 合併症を軽減した頬骨骨折の治療法
    (第5回日本外傷歯学会東日本地方会学術大会 2015)
  • 顎口腔の軟組織再建
    (第42回日本口腔外科学会教育研修会・口腔四学会合同研修会 顎口腔の再建と再生 2014)
  • 顎補綴を想定した顎顔面再建外科「顎補綴=外科+補綴-すべては患者さんのために-」
    (日本顎顔面補綴学会第19回教育研修会 2014)
  • Comparative study of regenerative process at calvarial bone defects in the rat, using in vivo micro X-ray computed tomographic (CT) imaging and histological evaluation.
    (The 19th International Congress of Dent-Maxillo-Facial Radiology 2013)
  • Evaluation of swallowing function before and after sagittal split ramus osteotomy.
    (21th Congress of the European Association for Cranio-Maxillo- Facial Surgery 2012)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1985 信州大学
学位 (2件):
  • 医学博士 (東京大学)
  • Doctor of Medical (The University of Tokyo)
経歴 (6件):
  • 2007/12 - 日本大学歯学部教授
  • 2007/04 - 2007/11 東京大学医学部准教授
  • 2004/05 - 2007/03 東京大学医学部助教授
  • 2001/07 - 2004/04 帝京大学医学部専任講師
  • 2001/03 - 2001/06 武蔵野赤十字病院形成外科副部長
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2008 - 日本口腔外科学会 評議員
  • 2008 - 日本口腔科学会 評議員
  • 2004/11/05 - 日本頭蓋顎顔面外科学会 評議員
所属学会 (17件):
日本口腔外科学会 ,  日本口腔科学会 ,  日本顎変形症学会 ,  日本顎顔面インプラント学会 ,  日本形成外科学会 ,  日本頭蓋顎顔面外科学会 ,  日本マイクロサージャリー学会 ,  日本口蓋裂学会 ,  日本頭頚部癌学会 ,  日本先天異常学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本矯正歯科学会 ,  日本再生医療学会 ,  日本顎顔面補綴学会 ,  日本口腔診断学会 ,  日本口腔腫瘍学会 ,  日本口腔粘膜学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る