研究者
J-GLOBAL ID:200901036551867091   更新日: 2020年08月31日

宮嶋 哲

ミヤジマ アキラ | AKIRA MIYAJIMA
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://www.keio-urology.jp/http://www.keio-urology.jp/
研究分野 (1件): 泌尿器科学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2015 - 2018 尿路上皮癌の進展におけるケモカインの発現制御と機能解析
  • 2010 - 2013 ホルモン不応性前立腺癌における、微小環境に着目したマイクロRNAの機能解析
  • 2007 - 2009 前立腺癌の血管新生におけるアンギオテンシンIIの機能解析
  • 2004 - 2006 難治性前立腺癌におけるアンギオテンシンII受容体阻害剤の抗腫瘍効果に関する研究
論文 (259件):
  • Seiya Hattori, Eiji Kikuchi, Takeo Kosaka, Yasumasa Miyazaki, Nobuyuki Tanaka, Akira Miyajima, Shuji Mikami, Mototsugu Oya. Relationship Between Increased Expression of the Axl/Gas6 Signal Cascade and Prognosis of Patients with Upper Tract Urothelial Carcinoma. ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY. 2016. 23. 2. 663-670
  • Akira Miyajima, Satoshi Yazawa, Takeo Kosaka, Nobuyuki Tanaka, Suguru Shirotake, Ryuichi Mizuno, Eiji Kikuchi, Mototsugu Oya. Prognostic Impact of Renin-Angiotensin System Blockade on Renal Cell Carcinoma After Surgery. ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY. 2015. 22. 11. 3751-3759
  • Kazuyuki Yuge, Eiji Kikuchi, Masayuki Hagiwara, Yota Yasumizu, Nobuyuki Tanaka, Takeo Kosaka, Akira Miyajima, Mototsugu Oya. Nicotine Induces Tumor Growth and Chemoresistance through Activation of the PI3K/Akt/mTOR Pathway in Bladder Cancer. MOLECULAR CANCER THERAPEUTICS. 2015. 14. 9. 2112-2120
  • Taisuke Ezaki, Takeo Kosaka, Ryuichi Mizuno, Toshiaki Shinojima, Eiji Kikuchi, Akira Miyajima, Mototsugu Oya. Efficacy of treatment with a GnRH antagonist in prostate cancer patients previously treated with a GnRH agonist. CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY. 2015. 76. 2. 301-306
  • Hidefumi Kinoshita, Ken Nakagawa, Yukio Usui, Masatsugu Iwamura, Akihiro Ito, Akira Miyajima, Akio Hoshi, Yoichi Arai, Shiro Baba, Tadashi Matsuda. High-definition resolution three-dimensional imaging systems in laparoscopic radical prostatectomy: randomized comparative study with high-definition resolution two-dimensional systems. SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES. 2015. 29. 8. 2203-2209
もっと見る
講演・口頭発表等 (236件):
  • 前立腺癌細胞に対する5FU系経口抗癌剤S-1とドセタキセル併用による抗腫瘍効果およびその作用機序の検討
    (第19回泌尿器科分子・細胞研究会 2010)
  • 腎周囲脂肪組織原発混合型脂肪肉腫の一例
    (第601回日本泌尿器科学会東京地方会 2010)
  • 膀胱全摘術後9年目に残存尿道および鼡径部リンパ節へ再発した膀胱癌の1例
    (第600回日本泌尿器科学会東京地方会 2009)
  • 局所進行性前立腺癌に対する外部照射治療の成績
    (第25回前立腺シンポジウム 2009)
  • Gemcitabineとcisplatinの化学療法に起因したreversible posterior leukoencephalopathy syndromeの一例
    (第74回日本泌尿器科学会東部総会 2009)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1990 慶應義塾大学
学位 (1件):
  • Degree of Medical Science (慶應義塾大学)
経歴 (5件):
  • 2015/02/01 - 慶應義塾大学医学部 泌尿器科 准教授
  • 2006/04 - 2015/01/31 慶應義塾大学医学部 専任講師
  • 2003/07/01 - 2006/04/01 慶應義塾大学医学部 泌尿器科 助手
  • 1996/07 - 2003/06/30 防衛医科大学校 泌尿器科学講座 助手
  • 1997/09/01 - 1999/08/31 Weill Medical College of Cornell Medical Center Department of Urology Fellow
委員歴 (5件):
  • 2013/10/01 - 日本内分泌外科学会 専門医制度資格認定委員
  • 2013/10 - 日本泌尿器内視鏡学会 腹腔鏡技術認定審査委員
  • 2009/04 - 2012 日本泌尿器科学会 Audio-Visual Journal of JUA モニター委員 委員
  • 2008/11 - 日本泌尿器内視鏡学会 評議員
  • 2006/04 - 日本内分泌外科学会 評議員
受賞 (2件):
  • 2013/11 - 日本泌尿器内視鏡学会総会 未来の匠賞 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術におけるcross-over techniqueの有用性に関する検討
  • 2008/04 - 日本泌尿器科学会総会賞 若い泌尿器科医を対象とした体腔鏡下手術手技向上の試み
所属学会 (6件):
日本内分泌外科学会 ,  日本泌尿器内視鏡学会 ,  日本泌尿器科学会 ,  日本腎臓学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本内視鏡外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る