研究者
J-GLOBAL ID:200901036580926781   更新日: 2020年09月01日

清水 隆

シミズ タカシ | Takashi Shimizu
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): http://www.med.kurume-u.ac.jp/med/micro/
研究分野 (3件): 免疫学 ,  細菌学 ,  細胞生物学
研究キーワード (4件): 野兎病菌 ,  自然免疫 ,  マイコプラズマ ,  mycoplasma immunology
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2019 - 2022 カイコモデルを用いた細菌の節足動物内生存戦略及び病原因子の解明
  • 2015 - 2018 節足動物媒介細菌感染症の感染メカニズムの解明
  • 2012 - 2015 選択的液胞破壊作用に基づく新たな抗真菌化学療法の開発
  • 2011 - 2013 マイコプラズマによる新しい炎症誘導機構の解明
  • 2008 - 2010 マイコプラズマ由来リポプロテインの肺炎病態形成における機能解析と治療戦略
全件表示
論文 (51件):
  • Nishida T, Nakagawa N, Watanabe K, Shimizu T, Watarai M. Attenuated Legionella pneumophila Survives for a Long Period in an Environmental Water Site. BioMed research international. 2019. 2019. 8601346
  • Takemasa Nakamura, Takashi Shimizu, Akihiko Uda, Kenta Watanabe, Masahisa Watarai. Soluble lytic transglycosylase SLT of Francisella novicida is involved in intracellular growth and immune suppression. PloS one. 2019. 14. 12. e0226778
  • Watanabe K, Suzuki H, Nishida T, Mishima M, Tachibana M, Fujishima M, Shimizu T, Watarai M. Identification of novel Legionella genes required for endosymbiosis in Paramecium based on comparative genome analysis with Holospora spp. FEMS microbiology ecology. 2018. 94. 11
  • Shimizu T, Otonari S, Suzuki J, Uda A, Watanabe K, Watarai M. Expression of Francisella pathogenicity island protein intracellular growth locus E (IglE) in mammalian cells is involved in intracellular trafficking, possibly through microtubule organizing center. MicrobiologyOpen. 2018. e00684
  • Saha SS, Uda A, Watanabe K, Shimizu T, Watarai M. RtxA like protein contributes to infection of Francisella novicida in silkworm and human macrophage THP-1. Microbial pathogenesis. 2018. 123. 74-81
もっと見る
MISC (13件):
  • 宇田 晶彦, 度会 雅久, 清水 隆, 渡邉 健太, 朴 ウンシル, 田 徳雨, 堀田 明豊, 黒田 雄大, 石嶋 慧多, 前田 健, et al. 野兎病菌強毒株の感染防御に必要不可欠な宿主遺伝子の同定. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162回. 427-427
  • 清水 隆, 渡邉 健太, 宇田 晶彦, 度会 雅久. カイコ感染モデルを用いた野兎病菌病原因子の探索. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162回. 427-427
  • 清水 隆, 渡邉 健太, 宇田 晶彦, 度会 雅久. カイコモデルを用いた野兎病菌病原因子の探索(Identification of Francisella virulence factors using silkworm infection model). 日本細菌学雑誌. 2019. 74. 1. 56-56
  • 清水 隆, 渡邉 健太, 宇田 晶彦, 度会 雅久. カイコモデルを用いた野兎病菌病原因子の探索(Identification of Francisella virulence factors using silkworm infection model). 日本細菌学雑誌. 2019. 74. 1. 56-56
  • 稲垣 文弥, 渡邉 健太, 宇田 晶彦, 清水 隆, 度会 雅久. カイコモデルを用いた野兎病菌の病原遺伝子の探索. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2018. 161回. 397-397
もっと見る
講演・口頭発表等 (15件):
  • カイコ感染モデルを用いた野兎病菌病原因子の探索
    (第162回日本獣医学会学術集会 2019)
  • カイコモデルを用いた野兎病菌病原因子の探索
    (第92回日本細菌学会総会 2019)
  • 野兎病菌エフェクターIglCの解析
    (第91回日本細菌学会総会 2018)
  • 中心体に作用する野兎病菌エフェクターの解析
    (第90回日本細菌学会総会 2017)
  • 膜輸送を阻害する野兎病菌エフェクターの解析
    (第160回日本獣医学会学術集会 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1999 大阪市立大学
  • 大阪市立大学理学部生物学科
経歴 (3件):
  • 1999 - 2002 Research Associate, school of Medicine,
  • 久留米大学 医学部 医学科 感染医学講座基礎感染医学部門 助教
  • Kurume Universicity
受賞 (3件):
  • 2015 - 日本細菌学会 黒屋奨学賞
  • 2008 - 日本マイコプラズマ学会 第34回日本マイコプラズマ学会ベストプレゼンテーション賞
  • 2007 - 久留米大学 久留米大学学術奨励賞
所属学会 (2件):
日本免疫学会 ,  日本細菌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る