研究者
J-GLOBAL ID:200901036611155690   更新日: 2020年06月07日

久保 康之

クボ ヤスユキ | Kubo Yasuyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://ykubo.blog.eonet.jp/
研究分野 (4件): 植物保護科学 ,  植物保護科学 ,  植物保護科学 ,  植物保護科学
研究キーワード (31件): シグナル伝達 ,  付着器 ,  炭疽病菌 ,  植物免疫 ,  ウリ類炭そ病菌 ,  形態分化 ,  メラニン ,  環境応答 ,  いもち病菌 ,  遺伝子発現 ,  バイオテクノロジー ,  マイクロアレイ ,  Colletotrichum ,  シロイヌナズナ ,  分子パターン ,  炭そ病菌 ,  MAPキナーゼ ,  侵入器官 ,  防御応答 ,  微生物 ,  RNAi ,  RNAサイレンシング ,  情報発現 ,  植物病原菌 ,  Alternaria ,  分子パター ,  PAMPs ,  アラビドプシス ,  分子遺伝学 ,  病原性 ,  植物病原糸状菌
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2013 - 2014 染色体構造分析に基づく炭疽病菌のゲノム進化と感染特異性の分化機構研究
  • 2012 - 2014 植物病原菌の宿主侵入における表層認識と形態形成の制御機構
  • 2009 - 2011 植物表層における病原糸状菌の分子パターン認識機構とシグナルネットワークの解明
  • 2006 - 2008 植物病原糸状菌の分子パターン認識と植物免疫機構の解明
  • 2004 - 2006 植物-病原微生物の相互認識と情報ネットワークの解明
全件表示
論文 (15件):
もっと見る
MISC (2件):
書籍 (3件):
  • Regulation of melanin biosynthesis genes during appressorium formation of Colletotrichum lagenarium. Pages 99-113 in: Host specificity, pathogenicity and host pathogen interaction of Colletotrichum
    APS Press, St. Paul Minnesota 2000
  • Regulation of melanin biosynthesis genes during appressorium formation of Colletotrichum lagenarium. Pages99-113 in: Host specificity, pathogenicity and host pathogen interaction of Colletotrichum
    APS Press, St. Paul Minnesota. 1999
  • Expression and regulation of melanin biosynthetic genes during appressorium formation of Colletotrichum lagenarium. Pages253-260 in Molecilar genetics of host-specific toxins in plant disease
    Kluwer Academic Publishers, Dordrecht. 1998
学歴 (2件):
  • - 1985 京都大学 農学研究科 農林生物学
  • - 1980 京都大学 農学部 農林生物学
学位 (1件):
  • 農学博士 (京都大学)
経歴 (2件):
  • 2008/04 - 2014 京都府立大学 教授
  • 1990 - 1994 京都大学
受賞 (2件):
  • 2005 - 日本植物病理学会 学会賞
  • 1988 - 日本植物病理学会 学術奨励賞
所属学会 (3件):
日本分子生物学会 ,  日本農薬学会 ,  日本植物病理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る