研究者
J-GLOBAL ID:200901036620104216   更新日: 2022年03月01日

荒木 不次男

アラキ フジオ | Araki Fujio
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 放射線科学
研究キーワード (3件): Monte Carlo simulation ,  放射線治療線量計測学 ,  radiation doseimetry
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2019 - 2022 血管内治療の被ばく低減に向けた皮膚線量モニタシステムの開発と体内線量分布の可視化
  • 2019 - 2021 血管内治療の被ばく低減に向けた皮膚線量モニタシステムの開発と体内線量分布の可視化
  • 2015 - 2018 X線CTの水ファントムを用いた吸収線量計測法に基づく臓器被ばく線量の定量的な評価
  • 2017 - 2018 インターベンショナルラジオロジー(IVR)における被ばく線量モニタリングシステムの開発
  • 2012 - 2015 画像誘導放射線治療における位置決めCTの被ばく線量評価及び線量と画質の最適化
全件表示
論文 (91件):
  • Fujio Araki. Determination of an ionization chamber response using quality index for kilovoltage x-ray beams. Radiation Physics and Chemistry. 2021. 188
  • F. Araki, S. Umeno. SURFACE DOSE ESTIMATION BY A KAP METER FOR KILOVOLTAGE X-RAY BEAMS. Radiation protection dosimetry. 2021. 195. 2. 124-131
  • Ryuki Tanabe, Fujio Araki. Real-time estimation of surface dose based on incident air kerma in diagnostic radiology. Physica medica : PM : an international journal devoted to the applications of physics to medicine and biology : official journal of the Italian Association of Biomedical Physics (AIFB). 2021. 89. 176-181
  • Takeshi Ohno, Takahiro Kubota, Masayuki Yano, Yasuhiro Fujiwara, Fujio Araki. Monte Carlo study of dosimetric impact of gadolinium contrast medium in transverse field MR-Linac system. PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS. 2021. 86. 19-30
  • Ryuki Tanabe, Fujio Araki. Determination of the surface dose of a water phantom using a semiconductor detector for diagnostic kilovoltage x-ray beams. PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS. 2021. 84. 198-204
もっと見る
MISC (181件):
もっと見る
書籍 (17件):
  • 放射線計測学
    オーム社 2020 ISBN:9784274225758
  • 図解診療放射線技術実践ガイド : 第一線で必ず役立つ知識・実践のすべて
    文光堂 2020 ISBN:9784830642326
  • 放射線治療物理学 (医学物理学教科書)
    国際文献社 2016 ISBN:4902590565
  • 放射線治療物理学
    国際文献社 2016 ISBN:9784902590562
  • 外部放射線治療におけるQuality Assurance (QA)システムガイドライン2016年版
    金原出版株式会社 2016 ISBN:9784307071031
もっと見る
講演・口頭発表等 (43件):
  • 線量トレーサビリティ体系
    (第2回放射線治療・物理セミナー 2014)
  • 高エネルギーX線の線量計測
    (放射線治療分科会セミナー 2012)
  • Absorbed dose to water measurement with a sandwich method for high dose-rate Ir-192 brachytherapy sources
    (2011 Joint AAPM/COMP Meeting 2011)
  • The beam quality dependence of a radio- photoluminescent glass dosimeter in megavoltage photon and electron beams
    (2011 Joint AAPM/COMP Meeting 2011)
  • Comparison in dose distributions between 2D-arrarys for pre-treatment IMRT QA
    (2011 Joint AAPM/COMP Meeting 2011)
もっと見る
Works (8件):
  • X-CTの吸収線量測定法の確立と患者臓器線量の定量的評価
    2015 - 2018
  • 画像誘導放射線治療(IGRT)におけるCone-beam CT(CBCT)の被ばく線量評価と最適化
    2012 - 2015
  • Ir-192密封小線源の水吸収線量測定装置の開発と線量評価
    2011 - 2013
  • 放射線治療における水等価固体ファントムを用いた水吸収線量測定プロトコルの構築
    2007 - 2009
  • 高エネルギー光子及び電子線における吸収線量の国際比較に関する研究
    2004 - 2005
もっと見る
学歴 (5件):
  • 1999 - 2002 九州大学大学院 エネルギー量子工学専攻
  • - 2002 Graduate School of Kyushu University Department of Applied Quantum Physics and Nuclear Engineering
  • 1978 - 1981 熊本大学医療技術短期大学部
  • - 1981 熊本大学医療技術短期大学部
  • 1972 - 1977 国立佐世保工業高等専門学校
学位 (1件):
  • 博士(工学) (九州大学)
経歴 (10件):
  • 2010/04 - 現在 熊本大学大学院生命科学研究部(保健学系) 医用放射線科学講座 教授
  • 2010 - Professor,Faculty of Life Sciences(Health science group),Kumamoto University
  • 2005/04 - 2009/03 熊本大学大学院生命科学研究部(保健学系) 教授
  • 2005 - 2009 Professor,Faculty of Life Sciences(Health science group),Kumamoto University
  • 2003/04 - 2005/03 助手
全件表示
委員歴 (20件):
  • 2016/04 - 現在 公益財団法人 医用原子力技術研究振興財団 放射線治療品質管理部会
  • 2016/04 - 現在 公益財団法人 医用原子力技術研究振興財団 医療放射線監理委員会
  • 2013/04 - 現在 日本放射線腫瘍学会 Journal of Radiation Researchの編集委員 (Associate Editor)
  • 2007/01 - 現在 日本医学物理学会 Radiological Physics and Technology 副編集委員長
  • 2005 - 現在 米国医学物理学会 正会員
全件表示
所属学会 (3件):
米国医学物理学会 ,  日本医学物理学会 ,  日本放射線技術学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る