研究者
J-GLOBAL ID:200901036690411760   更新日: 2017年09月11日

大高 泉

Izumi Ohtaka
研究分野 (2件): 教育学 ,  科学教育
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 1990 - 理科教授論研究
  • 1985 - ドイツの環境教育
  • 1975 - 明治期の理科教育論研究
  • 1975 - ドイツ科学教育の構造と思想
論文 (261件):
  • 藤原, 和人, 大高, 泉. 仮説設定を促進する「予想→仮説アプローチ」の開発と実践 : 高等学校物理熱力学分野を事例として(一般口頭発表). 日本理科教育学会関東支部大会研究発表要旨集. 2015. 54. 89
  • 鈴木, 智仁, 大高, 泉. 中学校におけるオープンエンドな探究型の実験活動に関する研究 : 理科における才能教育を目指して(一般口頭発表). 日本理科教育学会関東支部大会研究発表要旨集. 2015. 54. 70
  • 増田, 裕介, 大高, 泉. 科学の適用範囲の理解を促進する指導法に関する研究(一般口頭発表). 日本理科教育学会関東支部大会研究発表要旨集. 2015. 54. 69
  • 福田, 成穂, 大高, 泉. 理科教育におけるNOSIの内容に関する研究(諸外国の理科教育,一般研究発表(口頭発表)). 日本理科教育学会第65回全国大会論文集. 2015. 65. 389
  • 福田, 成穂, 大高, 泉. 理科教育におけるNOSの理解を促すための指導法に関する研究 : 物理基礎「熱」の単元を事例として(セッションA3). 日本理科教育学会関東支部大会研究発表要旨集. 2014. 53. 30
もっと見る
書籍 (40件):
  • 新しい学びを拓く 理科授業の理論と実践 中学高校編
    ミネルヴァ書房 2013
  • 新しい学びを拓く 理科授業の理論と実践 中学高校編
    ミネルヴァ書房 2013
  • 新しい学びを拓く 理科授業の理論と実践 中学高校編
    ミネルヴァ書房 2013
  • 新しい学びを拓く 理科授業の理論と実践 中学高校編
    ミネルヴァ書房 2013
  • 今こそ理科の学力を問う
    2012
もっと見る
学位 (2件):
  • 教育学修士 (東京教育大学)
  • 博士(教育学) (筑波大学)
経歴 (1件):
  • 筑波大学 人間系 教授
委員歴 (6件):
  • 1996 - 2014 教育実践学会 理事
  • 2009 - 2011 日本教育学会 理事
  • 2007 - 日本理科教育学会 副会長、地方理事,評議員,研究紀要編集委員
  • 2001 - 日本教科教育学会 副会長、地方理事、全国理事
  • 1996 - 日本科学教育学会 北関東支部長、理事,監事、評議員,学会誌編集委員,研究会委員長
全件表示
所属学会 (12件):
日本学校教育学会 ,  関東教育学会 ,  日本教材学会 ,  日本科学史学会 ,  教育実践学会 ,  日本教育学会 ,  日本教育方法学会 ,  日本物理教育学会 ,  日本環境教育学会 ,  日本教科教育学会 ,  日本科学教育学会 ,  日本理科教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る