研究者
J-GLOBAL ID:200901036739929760   更新日: 2019年03月04日

井箟 一彦

イノウ カズヒコ | INO Kazuhiko
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 産婦人科学
研究キーワード (8件): 婦人科腫瘍学 ,  腫瘍免疫学 ,  絨毛性腫瘍 ,  絨毛性疾患 ,  絨毛癌 ,  胎盤生理学病理学 ,  子宮体癌 ,  卵巣癌
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2000 - 絨毛性腫瘍の基礎的、臨床的研究
  • 2005 - 2008 婦人科腫瘍における宿主免疫からの逃避メカニズムの解明と治療への応用
  • 2006 - 2009 婦人科腫瘍におけるトリプトファン代謝酵素IDOの発現と免疫抑制的役割の解明、およびIDO発現による個別化治療、テーラーメード治療の開発
  • 2003 - 2008 ヒト胎盤形成におけるトロホブラストの増殖、浸潤の制御機構について
  • 2005 - 2009 婦人科腫瘍における免疫寛容のメカニズムとそれをターゲットとする新規免疫化学療法の開発
MISC (32件):
書籍 (5件):
  • ECMとプロテアーゼ in 『新女性医学大系41 婦人科腫瘍の分子・細胞生物学』(和気徳夫ら編)
    中山書店 2001
  • 絨毛細胞表面ペプチダーゼ in 『妊娠の生物学』(塩田邦郎ら編)
    永井書店 2001
  • 絨毛性疾患 (4)存続絨毛症in 『NEW CONSENSUS 新撰 産婦人科診療』(石塚文平、金山尚裕ら編)
    永井書店 2006
  • Role of immunohistochemical expression of aminopeptidases in ovarian carcinoma. In: M.A. Hayat (ed), Handbook of immunohistochemistry and in situ hybridization of human carcinomas Vol. 4, Molecular genetics, gastrointestinal carcinoma, and ovarian carc・・・
    Elsevier Academic Press 2006
  • 婦人科がん標準化学療法の実際 5絨毛性疾患
    金原出版 2008
Works (2件):
  • メコンへの架け橋 ベトナム診療隊同行記3
    2005 -
  • 子宮体癌の新規予後規定分子IDOの同定・機能解析に基づくオーダーメイド治療の開発
    2006 -
学歴 (1件):
  • - 1993 名古屋大学 医学系研究科 健康社会医学専攻発育●加齢医学(産婦人科学)
経歴 (1件):
  • 名古屋大学 大学院医学系研究科 健康社会医学専攻 大学院医学系研究科 健康社会医学専攻 准教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る