研究者
J-GLOBAL ID:200901036834369691   更新日: 2020年03月29日

知足 美加子

トモタリ ミカコ | Tomotari Mikako
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.design.kyushu-u.ac.jp/~tomotari/http://www.design.kyushu-u.ac.jp/~tomotari/lecture08.html
研究分野 (4件): 芸術実践論 ,  美学、芸術論 ,  美術史 ,  美学、芸術論
研究キーワード (3件): 彫刻 ,  修験道美術 ,  障害者
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2018 - 2023 基盤研究(B) 怒りと悪の表象と源流-飛鳥、奈良、平安初期の世界像と邪悪表現の多義性の研究
  • 2018 - 2022 九州北部豪雨による流木被害の要因と影響:森林環境政策の合意形成に向けて
  • 2016 - 2020 英彦山修験道石造美術における廃仏毀釈の影響-豪潮律師作宝篋印塔を中心に
  • 2014 - 2016 デザイン保護の世界的な統一を目指してー創作実態と法的保護の調和ー
  • 2013 - 2015 3Dデータ化による修験道造形美術の再現 - 英彦山磨崖石仏を中心に
全件表示
論文 (9件):
  • 知足 美加子. 「廃仏毀釈の影響を受けた英彦山修験道美術における復原的考察 ー豪潮宝篋印塔、三所権現御正体、不動明王立像ー」. 日本山岳修験道学会「山岳修験」. 2018. (62). 49-67
  • 知足 美加子. 英彦山修験道美術の復原および地理的関連性の考察 -今熊野窟磨崖仏、清水磨崖仏、青木磨崖仏-. 芸術工学研究. 2014. 21. 1-12
  • 知足 美加子. 3Dデータ化による修験道美術の再現-英彦山今熊野窟を中心に-. 日本山岳修験学会. 2014. 54. 76-92
  • 知足 美加子. フランシスコ・スニガの彫刻観と触知の関係. 芸術工学研究. 2012. 17. 23-35
  • 知足 美加子. 障害・芸術・コミュニケーション. アートイング. 2012. 8
もっと見る
MISC (8件):
  • 知足 美加子. アート通じた再生-修験の世界観と災害復興. 九州大学ソーシャルアートラボ(SAL)平成27-29年度成果報告書「アートが生まれる場所アートが紡ぐ時間]. 2018. 3. 32-37
  • 知足 美加子. 九州北部豪雨災害における文化と復興. 西部地区自然災害資料センターニュース. 2018. 58. 32-37
  • 知足 美加子. 廃仏毀釈の影響を受けた英彦山修験道美術の研究および信仰対象としての再現 -鋳造製彦山三所権現御正体と木彫不動明王立像-. 英彦山修験道美術復原報告書. 2016
  • 知足美加子. 障害者の他者性と芸術表現. 九州藝術学会学会誌デアルテ. 2008. 24号. 37-53
  • 二風谷プロジェクト. 思想トレイシーズ. 2001. 928. 288-292
もっと見る
書籍 (3件):
  • 『ソーシャルアートラボ 地域と社会をひらく』アートを通じた再生ー修験の世界観と災害復興」
    2018
  • 『九州の防災』「復興支援とアート」
    九州大学 2018
  • 『デザイン保護法制の現状と課題 -法学と創作の視点から-』「彫刻における作家性と複製の問題」
    2016
講演・口頭発表等 (27件):
  • 月輪大梵字の秘密-空と水と英彦山修験道
    (清水磨崖仏県指定60周年記念「ここまで分かった清水磨崖仏」 2019)
  • 英彦山修験道美術の復原について
    (添田町役場主催講演会 2018)
  • 災害と地域文化
    (九州大学災害復興支援団報告会・九州北部豪雨災害からのメッセージ 2018)
  • 災害と水
    (Design for SDGs in Fukuoka 2018 2018)
  • 聖地としての志賀島トークセッション
    (九州大学ソーシャルアートラボ海プロジェクト 2018)
もっと見る
Works (14件):
  • 福岡県美術協会・会員展
    1996 - 現在
  • 国展出品(国画会会員)
    1996 - 現在
  • 東京デザイナーズウィーク プロ展
    知足 美加子 2014 - 2014
  • 損保ジャパン選抜奨励展
    知足 美加子 2012 - 2012
  • 報告書「未来につづく道-大地、生命、農業と芸術の融合による教育プログラム」
    2009 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1995 筑波大学 芸術研究科 美術専攻彫刻コ-ス
  • - 1988 福岡教育大学 教育学部 中学校教員養成課程 美術科
学位 (1件):
  • 博士(芸術学) (筑波大学)
経歴 (5件):
  • 2019 - 現在 九州大学教授
  • 2012 - 九州大学准教授
  • 2007 - 九州大学助教
  • 1995 - 九州芸術工科大学助手
  • 1990 - 海外青年協力隊 美術隊員(コスタリカ国)
委員歴 (9件):
  • 2016 - 現在 「北九州市広告物審議会」委員
  • 2015/04 - 現在 「英彦山再興整備構想策定委員会」委員
  • 2013 - 現在 福岡県美術協会 理事
  • 2011/04 - 現在 「福岡市男女共同参画推進センターアドバイザーの会」委員
  • 2010/04 - 現在 国画会 会員
全件表示
受賞 (7件):
  • 2014/10 - 東京デザイナーズウイーク2014、プロ展
  • 2010 - 損保ジャパン美術財団奨励賞、国画会会員推挙
  • 2006 - 国画会 新人賞
  • 1998 - 冨永賞
  • 1997 - 県美術協会賞(会員の部)
全件表示
所属学会 (5件):
山岳修験道学会 ,  美学会 ,  九州藝術学会 ,  福岡県美術協会 ,  国画会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る