研究者
J-GLOBAL ID:200901036859523784   更新日: 2020年06月16日

小林 真記

コバヤシ マサキ | Kobayashi Masaki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 教科教育学、初等中等教育学 ,  外国語教育
研究キーワード (10件): 言語エスノグラフィー ,  コミュニケーションのエスノグラフィー ,  英語教育学 ,  タスク中心の第二言語学習 ,  教室談話分析 ,  言語教師教育 ,  言語社会化 ,  社会文化理論 ,  教育言語学 ,  dialogic learning & teaching
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • カナダの高等教育における第二言語社会化
論文 (13件):
  • G. H. Beckett, M. Kobayashi. A Meta-study of an Ethnographic Research in a Multicultural and Multilingual Community: Negotiations, Resources, and Dilemmas. American Journal of Qualitative Research. 2020. 4. 1. 85-106
  • 小林恵美, 小林真記. 英語教員の学びにおけるピアインターアクションの役割 模擬授業と事後ディスカッションを通じた意味生成. 共愛学園前橋国際大学論集. 2018. 18. 9-26
  • 小林 真記. 課題探求型アプローチを取り入れたSLA研究演習における学びの機会:大学と世代を超えた学び手の声. 神田外語大学紀要. 2018. 30. 23-53
  • 小林恵美, 小林真記. ピアインターアクションを伴う省察的実践 現役英語教員の事例. 共愛学園前橋国際大学論集. 2017. 17. 1-24
  • 小林 真記. 学部ゼミにおける言語社会化. 神田外語大学紀要. 2017. 29. 21-49
もっと見る
MISC (1件):
  • Review essay: Children's engagement in the world (A. Goncu, Ed.) (with the first author M. Bryson & S. de Castell). Mind, Culture, and Activity. 2001. 8, 318-326
書籍 (7件):
  • Second language learning through repeated engagement in a poster presentation task. In M. Bygate (Ed.), Language learning through task repetition.
    John Benjamins 2018
  • Academic discourse socialization. In P. A. Duff & S. May (Eds.), Language socialization. Vol. 8: Academic discourse socialization in a second language. Encyclopedia of language and education (3rd ed.).
    スプリンガー 2017 ISBN:9783319023274
  • 日本の英語教育の今、そして、これから (長谷川信子編)
    開拓社 2015
  • The intersection of social, cogntive and cultural processes in language learning: A second language socialization approach. In R. Batstone (Ed.), Sociocognitive perspectives on language use and language learning
    オックスフォード大学出版 2010
  • Academic discourse socialization in a second language. In P. Duff & N. Hornberger (Eds.), Language socialization, Vol. 8: Encyclopedia of language and education (2nd ed.).
    スプリンガー 2008 ISBN:9780387328751
もっと見る
講演・口頭発表等 (27件):
  • 英語授業におけるコミュニケーションの理論と実践
    (千教研英語部会(松戸市) 2019)
  • 学びにつながる対話とは?:英語教員に求められる実践と理論
    (鎌ケ谷市中学英語教員研修会 2018)
  • Changing perspectives on task repetition: Tracing our own trajectories as L2 researchers
    (スターリング大学 ELTR Seminar 2018)
  • 学びのための対話:英語教員に求められるトークとやりとり
    (千葉県中学校英語教員指導力向上研修 2018)
  • 学びのための対話:英語教員に求められるやりとり
    (千葉県高等学校英語科教員指導力向上研修 2018)
もっと見る
Works (1件):
  • Reading Research Quarterly アブストラクト翻訳
    2002 - 2007
学歴 (3件):
  • 1998 - 2004 ブリティッシュコロンビア大学 大学院言語・リテラシー教育研究科 英語教育学(TESL)専攻
  • 1995 - 1997 モントレー国際大学 教育言語学研究科 英語教育学 (TESOL) 専攻
  • 獨協大学 外国語学部 英語学科
学位 (2件):
  • 博士 (Ph.D. in Language and Literacy Education) (ブリティッシュ・コロンビア大学)
  • 修士 (MA in TESOL) (モントレー国際大学)
経歴 (14件):
  • 2019/04 - 現在 神田外語大学 教授
  • 2019/04 - 現在 神田外語大学 兼担教授
  • 2007 - 現在 共愛学園前橋国際大学国際社会学部国際社会学科 非常勤講師
  • 2015/04 - 2020/03 神田外語大学 言語研究分野長
  • 2015/04 - 2019/03 神田外語大学 兼担准教授
全件表示
委員歴 (19件):
  • 2018/09 - 2018/09 American Association for Applied Linguistics 発表要旨査読委員
  • 2017/08 - 2017/09 American Association for Applied Linguistics 発表要旨査読委員
  • 2005 - 2017 The Language Teacher査読委員 (2005-現在)
  • 2015/01 - 2016/03 文部科学省 英語力評価及び入学者選抜における英語の資格・検定試験の活用促進に関する作業部会委員
  • 2014/08 - 2014/09 American Association for Applied Linguistics 発表要旨査読委員
全件表示
受賞 (5件):
  • 2003 - Canadian Modern Language Review Best Graduate Paper Award(トロント大学出版)
  • 2002 - University of British Columbia Graduate Fellowship
  • 2002 - The Albert H. Marckwardt Travel Grant (TESOL)
  • 2002 - Graduate Student Travel Grant Award (米国応用言語学会)
  • 2000 - カナダ政府賞
所属学会 (5件):
英国応用言語学会 ,  大学英語教育学会 ,  全国語学教育学会 ,  米国応用言語学会 ,  Teachers of English to Speakers of Other Languages
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る