研究者
J-GLOBAL ID:200901036871105521   更新日: 2021年06月03日

笠井 賢紀

カサイ ヨシノリ | Kasai Yoshinori
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://katatsumu.jp/
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (2件): 生活史 ,  地域社会
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2020 - 2023 「家屋を取り巻く生活史調査」方法論の構築--住み継ぐ実践に向けた実証研究--
  • 2020 - 2021 住み継ぐまちづくりの実践と検証
  • 2019 - 2021 住民自治組織の制度化に関する研究-滋賀県栗東市の講から自治会までの調査を基に-
  • 2019 - 2020 住民自治組織の制度化に関する研究-滋賀県栗東市の講から自治会までの調査を基に-
  • 2017 - 2019 共生社会・共生経済の構築に向けた研究と実践
全件表示
論文 (18件):
  • 笠井 賢紀. 滋賀県甲賀市K団地を事例とした戸建住宅団地における住民自治の研究--自治会報を用いた自治会沿革の描写--. 法学研究. 2020. 93. 12. 53-77
  • 笠井 賢紀. 歴史実践としての来歴探し-岩国藩士/岩見沢開拓民 並河家を辿って-. 法学研究. 2020. 93. 11. 41-72
  • 笠井 賢紀. 社会と調査をつなぐ-左義長を中心とした地域社会調査の事例から-. 社会と調査. 2020. 25. 68-72
  • 笠井 賢紀. 民俗の機能変化をめぐる考察--滋賀県栗東市目川地区S町の伊勢講勘定帳を中心に--. 三田社会学. 2019. 24. 83-96
  • 笠井 賢紀. 地域社会における共生のレパートリーとしての民俗. 社会科学研究年報. 2019. 49. 93-102
もっと見る
MISC (6件):
  • 笠井 賢紀. 書評 : 下田健太郎著『水俣の記憶を紡ぐ : 響き合うモノと語りの歴史人類学』慶應義塾大学出版会. 三田社会学. 2018. 23. 104-107
  • 笠井 賢紀. 調査報告:域学連携による甲賀市と栗東市の商工観光調査. 龍谷大学社会学部紀要. 2018. 53. 68-74
  • 笠井 賢紀. 書評論文:コミュニティとの協働 : 参加型アクションリサーチ(CBPR)の理論と実践. 龍谷大学社会学部紀要. 2016. 48. 65-73
  • 笠井 賢紀. 研究ノート:滋賀県栗東市の更生保護3者協働. 矯正講座. 2016. 36. 97-105
  • 天笠 邦一, 直江 健介, 笠井 賢紀. ライティング&リサーチコンサルタントの実践と現在. Medianet. 2012. 19. 44-47
もっと見る
書籍 (6件):
  • 共生の思想と作法-共によりよく生き続けるために-
    法律文化社 2020
  • 栗東市の左義長からみる地域社会
    サンライズ出版 2019 ISBN:9784883251933
  • 基礎ゼミ社会学
    世界思想社 2017 ISBN:9784790716921
  • コミュニティリーダーを育てる
    晃洋書房 2014 ISBN:9784771025424
  • アジアの持続可能な発展に向けて-環境・経済・社会の視点から
    慶應義塾大学出版会 2013 ISBN:4766421051
もっと見る
講演・口頭発表等 (23件):
  • 音声を重視した漢字学習教材
    (第2回大会 2012)
  • フィリピン首都圏における組織化と連帯
    (シンポジウム<アジアとの対話> 2010)
  • Changing from Scavengers to Eco-Volunteers
    (PSA 80th Annual Meeting 2009)
  • Footprints of a Mothers’ Organization in Tatalon in Quezon City from Marcos Era to Present: Protestation against and Collaboration with Goverment
    (APPRA 2009 2009)
  • 事例から読み解くアリンスキー型コミュニティ開発の可能性と課題
    (第1回みんぱく若手研究者奨励セミナー 2009)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2009 - 2012 慶應義塾 政策・メディア専攻
  • 2007 - 2009 慶應義塾 政策・メディア専攻
  • 2003 - 2007 慶應義塾
  • 2003 - 2007 慶應義塾
学位 (6件):
  • 学士(総合政策学) (慶應義塾)
  • 修士(政策・メディア) (慶應義塾)
  • 博士(政策・メディア) (慶應義塾)
  • Bachelor of Arts in Policy Management (Keio University)
  • Master of Media and Governance (M.M.G) (Keio University)
全件表示
経歴 (19件):
  • 2019/04/01 - 現在 龍谷大学 社会学部 非常勤講師
  • 2019/04/01 - 現在 慶應義塾大学 法学部 専任講師
  • 2017/04/01 - 2019/03/31 龍谷大学 社会学部 准教授
  • 2012/04/01 - 2017/03/31 龍谷大学 社会学部 専任講師
  • 2012/04/01 - 2013/03/31 慶應義塾大学 環境情報学部 非常勤講師
全件表示
委員歴 (26件):
  • 2018/04/01 - 現在 Project Review Committee, Nakagyo-district, Kyoto City Committee Member
  • 2018/04/01 - 現在 京都市中京区中京区民まちづくり支援事業審査委員会 委員
  • 2018 - 現在 Japan Society of Lifology Board Member
  • 2018 - 現在 日本生活学会 理事
  • 2016/12/01 - 現在 Association for Policy Infomatics Board Member
全件表示
受賞 (2件):
  • 2018 - 政策情報学会 学会賞(学会誌賞) 住民自治組織の位置づけと機能
  • 2016 - 政策情報学会 学会賞(研究大会賞) 地域内分権組織研究への生活史法によるアプローチ-甲賀市希望ヶ丘学区自治振興会を事例として-
所属学会 (6件):
日本平和学会 ,  日本都市社会学会 ,  政策情報学会 ,  日本生活学会 ,  日本社会学会 ,  地域社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る