研究者
J-GLOBAL ID:200901037137011815   更新日: 2020年05月27日

熊谷 道夫

クマガイ ミチオ | Kumagai Michio
所属機関・部署:
職名: 上席研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 立命館大学  総合科学技術研究機構 古気候学研究センター 
ホームページURL (1件): http://www7b.biglobe.ne.jp/~ayume/Main_1.html
研究分野 (4件): 大気水圏科学 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術 ,  環境影響評価 ,  環境動態解析
研究キーワード (1件): 地球物理学、陸水学、自律型水中ロボット、地球温暖化
論文 (17件):
  • 熊谷道夫, 岩木真穂. 地球温暖化と湖沼環境-Natural energy lensの挑戦. 日本の科学者. 2014. 49. 2. 12-17
  • Guillaume Auger, Hidekatsu Yamazaki, Takeyoshi Nagai, Chunmeng Jiao, Michio Kumagai. Hypolimnetic turbulence generation associated with superposition of large-scale internal waves in a strongly stratified lake: Lake Biwa, Japan. LIMNOLOGY. 2013. 14. 3. 229-238
  • Kumagai, M. Artificial decomposition of water into hydrogen and oxygen by electrolysis to restore oxygen in climate change-impacted waters. Climate Change and Global Warming of Inland Waters. Wiley. 2013. 449-453
  • Itai, T, Kumagai, M, Hyobu, Y, Hayase, D, Horai, S, Kuwae, M, Tanabe, S. Apparent increase in Mn and As accumulation in the surface of lake sediment from 1977 to 2009 in Lake Biwa, Japan. Geochem. J. 2012. 46. 47-52
  • Itai, T, D. Hayase, Y. Hyobu, S. H. Hirata, M. Kumagai, S. Tanabe. Hypoxia-Induced Exposure of Isaza Fish to Manganese and Arsenic at the Bottom of Lake Biwa, Japan. Experimental and Geochemical Verification. Environ. Sci. Technol. 2012. 46. 5789-5797.
もっと見る
書籍 (8件):
  • Climatic Change and Global Warming of Inland Waters: Impacts and Mitigation for Ecosystems and Societies
    Wiley 2013
  • 温暖化の湖沼学
    京都大学出版会 2012
  • 東アジアモンスーン域
    名古屋大学出版会 2006
  • 世界の湖沼と地球環境
    古今書院 2006
  • Freshwater management
    Springer 2003
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1980 京都大学大学院
  • - 1977 京都大学大学院
学位 (2件):
  • 理学修士 (京都大学)
  • 理学博士 (京都大学)
経歴 (5件):
  • 2005/04 - 2012/03 滋賀県琵琶湖研究所上席総括研究員
  • 1999/04 - 2005/03 滋賀県琵琶湖研究所総括研究員
  • 1994/04 - 1999/03 滋賀県琵琶湖研究所専門研究員
  • 1988/04 - 1994/03 滋賀県琵琶湖研究所主任研究員
  • 1983/06 - 1988/03 滋賀県琵琶湖研究所研究員
受賞 (2件):
  • 2007/08 - International Society of Limnology SIL Baldi Memorial Lecture Award
  • 2004 - Water Prize Japan Water Prize for Promotion
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る