研究者
J-GLOBAL ID:200901037195720524   更新日: 2021年06月04日

小川 公代

オガワ キミヨ | Kimiyo Ogawa
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 英文学、英語圏文学
研究キーワード (7件): オスカー・ワイルド ,  啓蒙思想 ,  ウィリアム・ゴドウィン ,  メアリ・シェリー ,  ジェンダー ,  医科学言説 ,  ゴシック小説
論文 (23件):
  • 小川公代. ワイルドとドイルのクィアな”スピリチュアリティ”-「真面目」は肝心か、肝心でないか. オスカー・ワイルド研究. 2019. 18. 25-39
  • 小川公代. ゴドウィン・サークル-アナキズムの思想を辿って. レイモンド・ウィリアムズ研究. 2019. 8. 28-50
  • 小川公代. オースティンの〈革新性〉-モダニズム期の心理写実的技法を先取る. ジェイン・オースティン研究. 2019. 13. 69-80
  • 小川公代. イギリスにおけるクイアな芸術とスピリチュアルな言説-ヴァージニア・ウルフの『オーランドー』(1928). 『上智ヨーロッパ研究』(特集:「ヨーロッパのセクシュアリティと親密圏」(編集)). 2018. 10. 21-45
  • The Irish Question and Troubled Religious Faith: Sheridan Le Fanu's In a Glass Darkly. 上智ヨーロッパ研究. 2016. 8. 19-42
もっと見る
MISC (71件):
  • 小川公代. 文芸時評「他者と癒合する愛」1 平野啓一郎『本心』(文藝春秋)、2 アンナ・ツィマ『シブヤで目覚めて』阿部賢一、須藤輝彦訳(河出書房新社)、3 小山田浩子『小島』(新潮社). 毎日新聞. 2021. 夕刊
  • 小川公代. 才能ある女性が「男性的」とされるのはなぜか?ヴァージニア・ウルフと詩人サッポーから探る. ENGLISH JOURNAL ONLINE. 2021. 5月
  • 小川公代. 書評「シニシズムに抗すること」カズオ・イシグロ著『クララとお日さま』(早川書房、土谷政雄訳). すばる. 2021. 6月
  • 小川公代. 書評フローレンス・ナイチンゲール著『カサンドラ』(日本看護協会出版、木村正子訳). 看護. 2021. 6月
  • 小川公代. 書評 リサ・タッデオ『三人の女たちの抗えない欲望』(早川書房、池田真紀子)「正しい関係」の外にある愛. 日本経済新聞. 2021. 朝刊
もっと見る
書籍 (26件):
  • ジョージ・オーウェル『一九八四年』を読む--ディストピアからポスト・トゥルースまで
    水声社 2021
  • Johnson in Japan, "Scientific Curiosity in Samuel Johnson's Rasselas and Mary Shelley's Frankenstein"
    Bucknell University Press 2020
  • ヨーロッパの世俗と宗教 : 近世から現代まで
    勁草書房 2020 ISBN:9784326102860
  • 幻想と怪奇の英文学
    春風社 2020 ISBN:9784861106996
  • 『北米研究入門2-「ナショナル」と向き合う』「第10章 アメリカにおけるオースティン受容-ウォートンの『歓楽の家』を翻案小説として読む」
    SUP上智大学出版 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (34件):
  • 女性作家たちの「存在論的転回」
    (日本イギリス哲学会第45回総会・研究大会シンポジウム「イギリスにおけるジェンダー論のルーツ」 2021)
  • テファン・コリーニをロマン主義的懐古の観点から読む
    (ワークショップ 文学批評の再検討--ステファン・コリーニ『懐古する想像力』をめぐって 2021)
  • 『フランケンシュタイン』とシェリーの天才論
    (文理連接プロジェクト 医学史と生命科学論 2019)
  • Thinking about Progress and Female Education in Nogami Yaeko’s Adaptation of Jane Austen’s "Pride and Prejudice"
    (第45回日本ロマン派学会 2019)
  • Jarring voices in Melmoth the Wanderer: Representing British/Irish Body Politic under the Union
    (32nd IASIL Conference (Symposium: Crossing/Negotiating Borders: Gender and Nation in Ireland under the Union) 2019)
もっと見る
学位 (6件):
  • B.A. M.A. in Social & Political Sciences (University of Cambridge)
  • 学士(政治社会学) (ケンブリッジ大学)
  • M.A. in Enlish Literature (Osaka University)
  • 修士(文学) (大阪大学)
  • Ph.D in English Literature (University of Glasgow)
全件表示
所属学会 (8件):
日本英文学会 ,  大阪大学英文学会 ,  日本ブロンテ協会 ,  IASIL (The International Association for the Study of Irish Literatures) ,  日本オースティン協会 ,  British Association for Romantic Studies ,  日本英文学会関東支部 ,  アメリカ学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る