研究者
J-GLOBAL ID:200901037195720524   更新日: 2019年12月20日

小川 公代

オガワ キミヨ | Kimiyo Ogawa
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 英文学、英語圏文学
研究キーワード (6件): 啓蒙思想 ,  ウィリアム・ゴドウィン ,  メアリ・シェリー ,  ジェンダー ,  医科学言説 ,  ゴシック小説
論文 (19件):
  • 小川公代. イギリスにおけるクイアな芸術とスピリチュアルな言説-ヴァージニア・ウルフの『オーランドー』(1928). 『上智ヨーロッパ研究』(特集:「ヨーロッパのセクシュアリティと親密圏」(編集)). 2018. 10. 21-45
  • The Irish Question and Troubled Religious Faith: Sheridan Le Fanu's In a Glass Darkly. 上智ヨーロッパ研究. 2016. 8. 19-42
  • Kimiyo Ogawa. 『アグネス・グレイ』と『ワイルドフェル・ホールの住人』におけるアン・ブロンテの宗教的感受性. 上智大学外国語学部紀要. 2013. 47. 1-21
  • 小川公代. ウルストンクラフトとオースティンのゴシック表象 (第6回大会シンポジウム発表論文). ジェイン・オースティン研究. 2013. 7. 89-99
  • 小川公代. 『高慢と偏見』にみる感受性 : 錯誤と精神医学言説. イギリスロマン派研究. 2013. 37. 19-32
もっと見る
MISC (7件):
  • 「現代の怪物とは何者か?-2018年に『フランケンシュタイン』を読む」. 『文學界』. 2018. 7月号
  • 世界文学としての『源氏物語』アーサー・ウェイリー(書評). 『現代詩手帖』. 2018. 8月号
  • 小川公代. Roger Luckhurst, The Mummy’s Curse: The True History of a Dark Fantasy (Review). 『英文学研究』. 2015. 92
  • Barbara K. Seeber, Jane Austen and Animals (Review). Romanticism. 2015. 21. 3. 308-321
  • 川崎明子著『ブロンテ小説における病いと看護』(書評). 『女性とジェンダーの歴史』. 2015. 3
もっと見る
書籍 (17件):
  • 『英国ミドルブラウ文化研究の挑戦』「ジェイン・オースティンのミドルブラウ性--へイヤーの『アラベラ』における保守とモダニティのあいだ」
    中央大学出版部 2018 ISBN:9784805753521
  • 『文学とアダプテーション--ヨーロッパの文化的変容』「序文-アダプテーションとは何か?」「コウルリッジの「生の哲学」と『パンデモニアム』-イギリス・ロマン主義文学の再解釈」
    春風社 2017 ISBN:9784861105593
  • 『教室の英文学』「たくさん読ませるための工夫」
    研究社 2017
  • 『ジェイン・オースティン研究の今』「ゴシック小説と空想の詩学-アン・ラドクリフの『ユードルフォの謎』」
    彩流社 2017
  • 『幻想と怪奇の英文学 2 増殖進化編』「『フランケンシュタイン』の幽霊-伝承バラッドの再話として」
    春風社 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • 18世紀の感受性と科学言説-動物化される女性
    (イギリス・女性史研究会 2015)
  • 『嵐が丘』(1847)と『ヴィレット』(1853)における生の信仰
    (日本ブロンテ協会30周年記念大会 2015)
  • ‘Roaming fancy’: Gothic Force and Imagination in Austen’s Northanger Abbey and Keats’s Isabella
    (Wordsworth Summer Conference 2015)
  • 「ゴドウィン・サークル--アナーキズムの思想をたどって」
    (レイモンド・ウィリアムズ研究会 2015)
  • 英国バラッドの幽霊たちと『フランケンシュタイン』の怪物
    (日本英文学会九州支部第66回大会 2013)
もっと見る
学位 (3件):
  • 学士(政治社会学) (ケンブリッジ大学)
  • 修士(文学) (大阪大学)
  • 博士(文学) (グラスゴー大学)
所属学会 (6件):
日本英文学会 ,  大阪大学英文学会 ,  日本ブロンテ協会 ,  日本オースティン協会 ,  日本英文学会関東支部 ,  アメリカ学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る