研究者
J-GLOBAL ID:200901037276545956   更新日: 2015年07月14日

清水 啓典

シミズ ヨシノリ | SHIMIZU Yoshinori
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 財政学・金融論
研究キーワード (2件): 金融論・財政学 ,  経済理論
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 1949 - 1949 金融自由化・情報化と金融制度
  • 1949 - 1949 銀行行動と金融政策
  • 1949 - 1949 金融危機と国際金融制度
MISC (78件):
  • 清水 啓典. 金融機関経営の健金性とリスク管理. リージョナル・バンキング. 1949. 44. 9. 2-6
  • 清水 啓典. アジア金融危機の本質. 『金融構造の変化と対応策』、金融調査研究会報告書(23). 1949. 125-137
  • 清水 啓典. なぜデフレからの脱却ができないのか-デフレ脱却の金融政策と中央銀行制度-. Journal of Asian Economics. 1949
  • 清水 啓典. 中小企業金融と地域金融機関の競争力. 商工金融. 1949
  • 清水 啓典. 貨幣需要曲線. 一橋論叢. 1978. 79. 1. 100-117
もっと見る
書籍 (10件):
  • 現代経済の制度と組織 有担保原則の緩和と信用秩序 (共著)
    - 1989
  • 国際金融・貿易講義 マネーマーケット・東京オフショア市場 (共著)
    - 1989
  • 「現代日本の金融政策」川口・古川編 金融政策の目標 (共著)
    東洋経済新報社 1992
  • 花輪俊哉編「日本の金融経済」 金融システムの安定性と市場メカニズム (共著)
    有斐閣 1995
  • 日本の金融と市場メカニズム 日本の金融と市場メカニズム (共著)
    東洋経済新報社 1997
もっと見る
講演・口頭発表等 (27件):
  • 「自己資本比率規制:理論と現実」
    (日本金融学会2004年春季大会 2004)
  • 会長講演:「銀行の健全性とは何か」
    (日本金融学会2004年秋季大会 2004)
  • "The Role of Higher Education in the Intellectual Society,"
    (Nankai 100 Anniversary Conference 2004)
  • 基調講演:「第3次産業革命と大学院教育」
    (名古屋大学大学院経済学研究科シンポジウム 2005)
  • 「電子マネーの現状と課題」
    (「金融調査研究会・金融法務研究会合同コンファレンス『電子マネーの経済と法制』」 2005)
もっと見る
Works (1件):
  • ITと21世紀の金融制度
    2003 - 2007
学歴 (2件):
  • - 1970 一橋大学 商学部 商学
  • - 1977 一橋大学 経済学研究科 理論経済学
経歴 (12件):
  • 1977 - 1981 一橋大学商学部 講師
  • 1986 - 1988 シカゴ大学経済学部 客員研究員
  • 1981 - 1989 一橋大学商学部 助教授
  • 1996 - 1997 ハーバード大学経済学部 客員研究員
  • 2000 - 2002 一橋大学商学研究科 研究科長
全件表示
委員歴 (1件):
  • 1994 - 2002 日本金融学会 常任理事
所属学会 (3件):
日本経済学会 ,  日本金融学会 ,  American Economic Association
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る