研究者
J-GLOBAL ID:200901037336418495   更新日: 2019年11月28日

松原 公紀

マツバラ コウキ | MATSUBARA Koki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://sites.google.com/fukuoka-u.ac.jp/matsubara-lab/matsubara-labhttps://sites.google.com/fukuoka-u.ac.jp/matsubara-lab/matsubara-lab
研究分野 (3件): 合成化学 ,  有機化学 ,  デバイス関連化学
研究キーワード (4件): 有機金属化学 ,  有機合成化学 ,  高分子合成化学 ,  触媒化学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2021 ニッケル1価錯体を高活性鍵中間体とする均一系触媒開拓研究
  • 2014 - 電解質用マグネシウム錯体の合成
  • 2012 - 2016 ニッケル1価錯体触媒開発を基軸とする汎用性触媒システムの開拓
  • 2010 - 2012 配位不飽和二核ニッケル錯体を鍵とする協奏触媒開発と汎用性触媒系の開拓
論文 (31件):
  • 松原 公紀、古賀 裕二、山田 勇治、石川 立太. Ni(I)-Ni(III) Cycle in Buchwald-Hartwig Amination of Aryl Bromide Mediated by NHC-ligated Ni(I) Complexes. Catalysis Science & Technology. 2019. 9. 8. 1784-1793
  • 松原 公紀、古賀 裕二. Dinuclear Nickel(I) and Palladium(I) Complexes for Highly Active Transformations of Organic Compounds. Molecules. 2018. 23. 1. 140-160
  • 松原 公紀、古賀 裕二. Dinuclear Systems in the Efficient Nickel-Catalyzed Kumada-Tamao-Corriu Cross Coupling of Aryl Halides. Organometallics. 2017. 36. 2
  • 松原 公紀、古賀 裕二. Monomeric Three-coordinate N-Heterocyclic Carbene Nickel(I) Complexes: Synthesis, Structures, and Catalytic Applications in Cross-Coupling Reactions. Organometallics. 2016. 35. 19. 3281-3287
  • Kouki Matsubara, Kiyoka Eda, Yuki Ikutake, Misato Dan, Nao Tanizaki, Yuji Koga, Munehisa Yasuniwa. Aluminum Complex Initiated Copolymerization of Lactones and DL-Lactide to Form Crystalline Gradient Block Copolymers Containing Stereoblock Lactyl Chains. Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry. 2016. 54
もっと見る
MISC (1件):
  • かさ高いカルベン配位子を持つニッケル分子触媒の創生と触媒的クロスカップリング反応の開発. 福岡大学理学集報. 2012. 42. 2. 133-141
書籍 (1件):
  • ORGANIC LIGHT EMITTING DIODE "Synthesis, and Photo- and Electro-Luminescent Properties of Phosphorescent Iridium- and Platinum-Containing Polymers"
    INTECH 2011 ISBN:978-953-307-273-9
講演・口頭発表等 (29件):
  • 赤色発光イリジウム錯体のアニオン性配位子置換と発光挙動
    (第36回有機典型元素化学討論会 2009)
  • ビフェニルピリジン三座配位子を有する新規イリジウム錯体の合成
    (日本化学会第90春期年会(2010) 2010)
  • ピリジルビフェニレンを用いた新規イリジウム錯体の合成と発光挙動
    (第47回化学関連支部合同九州大会 2010)
  • ピリジルビフェニルを三座配位子として持つ新規Ir錯体の合成と発光挙動
    (第60回錯体化学討論会 2010)
  • Synthesis and Luminescence Behavior of Novel Iridium Complexes with Tridentate Biphenylpyridine Ligand
    (2010環太平洋国際化学会議 2010)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1993 東京工業大学 工学部 応用化学科
  • - 1997 東京工業大学 理工学研究科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
経歴 (6件):
  • 1995/04/01 - 1997/07/31 日本学術振興会特別研究員
  • 1997/08/01 - 2003/03/31 九州大学 先導物質化学研究所(旧:機能物質科学研究所)・助手
  • 2003/04/01 - 2007/03/31 福岡大学 理学部化学科・助教授
  • 2010/09/01 - 2011/08/31 ウィーン工科大学 応用合成化学研究所・客員教授
  • 2007/04/01 - 2013/03/31 福岡大学 理学部化学科・准教授(職名変更)
全件表示
受賞 (2件):
  • 2010/12/09 - 有機合成化学協会九州山口支部 有機合成化学協会九州山口支部 支部奨励賞
  • 2005/01/15 - 日本化学会 BCSJ賞
所属学会 (4件):
日本化学会 ,  アメリカ化学会 ,  有機合成化学協会 ,  錯体化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る