研究者
J-GLOBAL ID:200901037353905057   更新日: 2021年10月21日

大久保 範聡

オオクボ カタアキ | Okubo Kataaki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.seiri.fs.a.u-tokyo.ac.jp/index.html
研究分野 (3件): 動物生理化学、生理学、行動学 ,  形態、構造 ,  水圏生命科学
研究キーワード (11件): 性差 ,  神経内分泌 ,  攻撃行動 ,  性行動 ,  性的可逆性 ,  性転換 ,  生殖生理 ,  真骨魚類 ,  性分化 ,  脳 ,  メダカ
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2019 - 2022 性ホルモンによる魚類の生殖行動・攻撃行動の制御メカニズムの解明
  • 2017 - 2022 魚類の脳における性スペクトラム
  • 2016 - 2019 魚類の脳の性的二型:その形成機構と生理学的意義
  • 2016 - 2018 魚類の行動を支配するニューロンの活性を人為的に操作する
  • 2017 - 2017 メス特異的なニューロンのスクラップ&ビルドによる魚類の脳の性転換機構
全件表示
論文 (60件):
  • Junpei Yamashita, Yuji Nishiike, Thomas Fleming, Daichi Kayo, Kataaki Okubo. Estrogen mediates sex differences in preoptic neuropeptide and pituitary hormone production in medaka. Communications Biology. 2021. 4. 1. 948-948
  • Yuji Nishiike, Daichi Miyazoe, Rie Togawa, Keiko Yokoyama, Kiyoshi Nakasone, Masayoshi Miyata, Yukiko Kikuchi, Yasuhiro Kamei, Takeshi Todo, Tomoko Ishikawa-Fujiwara, et al. Estrogen receptor 2b is the major determinant of sex-typical mating behavior and sexual preference in medaka. Current Biology. 2021. 31. 8. 1699-1710
  • Junpei Yamashita, Akio Takeuchi, Kohei Hosono, Thomas Fleming, Yoshitaka Nagahama, Kataaki Okubo. Male-predominant galanin mediates androgen-dependent aggressive chases in medaka. eLife. 2020. 9. e59470
  • Yukika Kawabata-Sakata, Yuji Nishiike, Thomas Fleming, Yukiko Kikuchi, Kataaki Okubo. Androgen-dependent sexual dimorphism in pituitary tryptophan hydroxylase expression: relevance to sex differences in pituitary hormones. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences. 2020. 287. 1928. 20200713
  • Hiraki-Kajiyama T, Yamashita J, Yokoyama K, Kikuchi Y, Nakajo M, Miyazoe D, Nishiike Y, Ishikawa K, Hosono K, Kawabata-Sakata Y, et al. Neuropeptide B mediates female sexual receptivity in medaka fish, acting in a female-specific but reversible manner. eLife. 2019. 8. e39495
もっと見る
MISC (11件):
もっと見る
書籍 (6件):
  • 遺伝子から解き明かす性の不思議な世界
    一色出版 2019
  • 魚類発生学の基礎
    恒星社厚生閣 2018
  • 増補改訂版 魚類生理学の基礎
    恒星社厚生閣 2013
  • Medaka: Biology, Management, and Experimental Protocols
    Wiley-Blackwell 2009
  • Eel Biology
    Springer 2003
もっと見る
講演・口頭発表等 (31件):
  • How do evolutionarily conserved neural substrates give rise to variation in social behaviors across species?
    (Japan-Norway Symposium on Fish Endocrinology and Genomics 2021)
  • 魚類の性行動パターンの性差形成と性的可逆性.
    (日本内分泌学会 第37回内分泌代謝学サマーセミナー 2019)
  • 魚類の性の不思議な世界.
    (第11回日本性差医学・医療学会学術集会 2018)
  • 真骨魚類の脳の性分化・性的可逆性に関する研究.
    (第42回日本比較内分泌学会 2017)
  • Molecular basis of sexual differentiation and plasticity of the teleost brain.
    (18th International Congress of Comparative Endocrinology 2017)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2000 - 2003 東京大学 水圏生物科学専攻 博士課程
  • 1998 - 2000 東京大学 水圏生物科学専攻 修士課程
  • 1996 - 1998 東京大学 応用生命科学課程
  • 1994 - 1996 東京大学
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2008/12 - 現在 東京大学 大学院農学生命科学研究科 准教授
  • 2008/04 - 2008/11 東京大学 大学院理学系研究科 特任助教
  • 2007/04 - 2008/03 基礎生物学研究所 生殖生物学研究部門 助教
  • 2003/04 - 2007/03 基礎生物学研究所 生殖研究部門 助手
  • 2000/04 - 2003/03 日本学術振興会 特別研究員DC1
受賞 (4件):
  • 2017/11 - 日本比較内分泌学会 日本比較内分泌学会奨励賞 真骨魚類の脳の性成熟および性分化・性的可逆性に関する研究
  • 2017/06 - International Federation of Comparative Endocrinological Societies The Grace Pickford Medal
  • 2013/11 - 公益財団法人農学会 日本農学進歩賞 魚類の脳の性成熟機構に関する研究
  • 2013/03 - 公益社団法人日本水産学会 水産学奨励賞 魚類の脳の性成熟機構に関する研究
所属学会 (3件):
日本動物学会 ,  日本比較内分泌学会 ,  日本水産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る