研究者
J-GLOBAL ID:200901037353905057   更新日: 2020年06月08日

大久保 範聡

オオクボ カタアキ | Okubo Kataaki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.seiri.fs.a.u-tokyo.ac.jp/index.html
研究分野 (3件): 動物生理化学、生理学、行動学 ,  形態、構造 ,  水圏生命科学
研究キーワード (11件): 性差 ,  神経内分泌 ,  攻撃行動 ,  性行動 ,  性的可逆性 ,  性転換 ,  生殖生理 ,  真骨魚類 ,  性分化 ,  脳 ,  メダカ
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2019 - 2022 性ホルモンによる魚類の生殖行動・攻撃行動の制御メカニズムの解明
  • 2017 - 2022 魚類の脳における性スペクトラム
  • 2016 - 2019 魚類の脳の性的二型:その形成機構と生理学的意義
  • 2016 - 2018 魚類の行動を支配するニューロンの活性を人為的に操作する
  • 2017 - 2017 メス特異的なニューロンのスクラップ&ビルドによる魚類の脳の性転換機構
全件表示
論文 (8件):
  • Hiraki-Kajiyama T, Yamashita J, Yokoyama K, Kikuchi Y, Nakajo M, Miyazoe D, Nishiike Y, Ishikawa K, Hosono K, Kawabata-Sakata Y, Ansai S, Kinoshita M, Nagahama Y, Okubo K. Neuropeptide B mediates female sexual receptivity in medaka fish, acting in a female-specific but reversible manner. eLife. 2019. 8. e39495
  • Nakayama T, Shimmura T, Shinomiya A, Okimura K, Takehana Y, Furukawa Y, Shimo T, Senga T, Nakatsukasa M, Nishimura T, Tanaka M, Okubo K, Kamei Y, Naruse K, Yoshimura T. Seasonal regulation of the lncRNA LDAIR modulates self-protective behaviours during the breeding season. Nature ecology & evolution. 2019. 3. 845-852
  • Amano M, Amiya N, Okubo K, Yamashita J, Kuriu A, Yasuta A, Yamamoto N, Sakakura Y. Localization of three forms of gonadotropin-releasing hormone in the brain and pituitary of the self-fertilizing fish, Kryptolebias marmoratus. Fish physiology and biochemistry. 2019. 45. 753-771
  • Kikuchi Y, Hiraki-Kajiyama T, Nakajo M, Umatani C, Kanda S, Oka Y, Matsumoto K, Ozawa H, Okubo K. Sexually Dimorphic Neuropeptide B Neurons in Medaka Exhibit Activated Cellular Phenotypes Dependent on Estrogen. Endocrinology. 2019. 160. 827-839
  • Okubo K, Miyazoe D, Nishiike Y. A conceptual framework for understanding sexual differentiation of the teleost brain. General and comparative endocrinology. 2019
もっと見る
MISC (9件):
書籍 (6件):
  • 遺伝子から解き明かす性の不思議な世界
    一色出版 2019
  • 魚類発生学の基礎
    恒星社厚生閣 2018
  • 増補改訂版 魚類生理学の基礎
    恒星社厚生閣 2013
  • Medaka: Biology, Management, and Experimental Protocols
    Wiley-Blackwell 2009
  • Eel Biology
    Springer 2003
もっと見る
講演・口頭発表等 (30件):
  • 魚類の性行動パターンの性差形成と性的可逆性.
    (日本内分泌学会 第37回内分泌代謝学サマーセミナー 2019)
  • 魚類の性の不思議な世界.
    (第11回日本性差医学・医療学会学術集会 2018)
  • 真骨魚類の脳の性分化・性的可逆性に関する研究.
    (第42回日本比較内分泌学会 2017)
  • Molecular basis of sexual differentiation and plasticity of the teleost brain.
    (18th International Congress of Comparative Endocrinology 2017)
  • Sexual differentiation and plasticity of the teleost brain.
    (The 22nd International Congress of Zoology 2016)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2000 - 2003 東京大学 大学院農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻 博士課程
  • 1998 - 2000 東京大学 大学院農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻 修士課程
  • 1996 - 1998 東京大学 農学部 応用生命科学課程
  • 1994 - 1996 東京大学 理科II類
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2008/12 - 現在 東京大学 准教授
  • 2008/04 - 2008/11 東京大学 特任助教
  • 2007/04 - 2008/03 基礎生物学研究所 助教
  • 2003/04 - 2007/03 基礎生物学研究所 助手
  • 2000/04 - 2003/03 日本学術振興会 特別研究員DC1
受賞 (4件):
  • 2017/11 - 日本比較内分泌学会 日本比較内分泌学会奨励賞 真骨魚類の脳の性成熟および性分化・性的可逆性に関する研究
  • 2017/06 - International Federation of Comparative Endocrinological Societies The Grace Pickford Medal
  • 2013/11 - 公益財団法人農学会 日本農学進歩賞 魚類の脳の性成熟機構に関する研究
  • 2013/03 - 公益社団法人日本水産学会 水産学奨励賞 魚類の脳の性成熟機構に関する研究
所属学会 (3件):
日本動物学会 ,  日本比較内分泌学会 ,  日本水産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る