研究者
J-GLOBAL ID:200901037431212845   更新日: 2022年08月05日

下川 智嗣

シモカワ トモツグ | Shimokawa Tomotsugu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://mechs.ms.t.kanazawa-u.ac.jp/~simokawa/
研究分野 (1件): 材料力学、機械材料
研究キーワード (5件): 粒界 ,  転位 ,  格子欠陥 ,  力学特性 ,  分子動力学法
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2019 - 2024 異種変形モードの核生成制御による高強度・高延性金属の実現
  • 2018 - 2022 計算材料科学によるハイエントロピー合金の力学特性の解明と制御
  • 2018 - 2022 転位遮蔽理論に基づく水素脆化の階層的モデリングとその実験的検証
  • 2018 - 2022 調和組織材料の革新的力学特性発現機構の解明と次世代構造材料創製指導原理の創発
  • 2017 - 2019 集団運動を反映する普遍的な統計的性質を用いた固体材料の機械的性質の統一的理解
全件表示
論文 (57件):
  • Chang Yu Hung, Tomotsugu Shimokawa, Yu Bai, Nobuhiro Tsuji, Mitsuhiro Murayama. Investigating the dislocation reactions on Σ3{111} twin boundary during deformation twin nucleation process in an ultrafine-grained high-manganese steel. Scientific Reports. 2021. 11. 1
  • Chang-Yu Hung, Yu Bai, Tomotsugu Shimokawa, Nobuhiro Tsuji, Mitsuhiro Murayama. A correlation between grain boundary character and deformation twin nucleation mechanism in coarse-grained high-Mn austenitic steel. SCIENTIFIC REPORTS. 2021. 11. 1. ARTN 8468
  • Nobuhiro Tsuji, Tomotsugu Shimokawa, Kazuyuki Shizawa, Mitsuhiro Murayama. Realizing Structural Metallic Materials with Both High Strength and Large Ductility through Nucleation Control of Different Deformation Modes. Materia Japan. 2021. 60. 1. 8-12
  • 塩谷 光平, 新山 友暁, 下川 智嗣. ハイエントロピー合金における粒界からの転位放出現象: 粒界を構成する原子組成の不均質性の影響. 材料. 2020. 69. 2. 141-148
  • Kohei Shiotani, Tomoaki Niiyama, Tomotsugu Shimokawa. Dislocation Emission from Grain Boundaries in High-Entropy Alloys: Influence of Atomic Composition at Grain Boundaries. MATERIALS TRANSACTIONS. 2020. 61. 7. 1272-1279
もっと見る
MISC (135件):
  • 安田 洋平, 下川 智嗣, 大橋 鉄也, 新山 友暁. 微小せん断帯周辺の力学場にひずみ硬化が及ぼす影響の結晶塑性解析. 計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science. 2017. 22. 5p
  • 木下 惠介, 下川 智嗣, 喜成 年泰, 澤田 英明, 川上 和人, 潮田 浩作. 非すべり応力がらせん転位のパイエルスエネルギーに与える影響 (基盤メタラジー特集). 新日鉄住金技報. 2016. 404. 60-68
  • 澤越 純, 下川 智嗣, 新山 友暁. 1114 フェライト・セメンタイト界面の塑性現象に対するミスフィット転位密度の影響(OS8-3 材料力学と計算力学の新展開). 講演論文集. 2016. 2016. 53. "1114-1"-"1114-5"
  • 唐津 卓哉, 新山 友暁, 下川 智嗣. 1115 AlとCuにおけるらせん転位とボイドの相互作用に関する原子シミュレーション(OS8-3 材料力学と計算力学の新展開). 講演論文集. 2016. 2016. 53. "1115-1"-"1115-4"
  • 柳澤 郁弥, 新山 友暁, 下川 智嗣. OS1417-233 ナノ構造休の降伏現象に対する表面・粒界エネルギーの影響 : 分子動力学シミュレーションによる検討. M&M材料力学カンファレンス. 2015. 2015. "OS1417-233-1"-"OS1417-233-3"
もっと見る
学歴 (6件):
  • 2000 - 2002 大阪大学 知能・機能創成工学専攻 博士後期課程
  • - 2002 大阪大学
  • 1998 - 2000 大阪大学 知能・機能創成工学専攻 博士前期課程
  • - 2000 大阪大学
  • 1994 - 1998 大阪大学 機械工学科
全件表示
学位 (1件):
  • 博士(工学) (大阪大学)
経歴 (14件):
  • 2015/10 - 現在 京都大学 構造材料元素戦略研究拠点 拠点教授
  • 2015/10 - 現在 金沢大学 理工研究域機械工学系 教授
  • 2012/04 - 2015/09 京都大学 構造材料元素戦略研究拠点 拠点准教授
  • 2009/04 - 2015/09 金沢大学 理工研究域機械工学系 准教授
  • 2006/10 - 2009/03 金沢大学大学院 自然科学研究科機械科学専攻 講師
全件表示
委員歴 (13件):
  • 2019/04 - 現在 日本金属学会 講演大会委員会委員
  • 2019/04 - 現在 日本機械学会 北陸信越支部 会計
  • 2010/10 - 現在 日本機械学会 計算力学部門A-TS01-15研究会 幹事
  • 2007/04 - 現在 日本材料学会 北陸信越支部 石川県幹事
  • 2007/04 - 現在 日本材料学会 北陸信越支部 会計
全件表示
受賞 (24件):
  • 2018/03 - 日本金属学会 功績賞(力学特性部門)
  • 2018/01 - 日本機械学会 第30回計算力学講演会優秀講演表彰
  • 2017/09 - 日本金属学会 第65回論文賞(組織部門) Grain Subdivision Mechanism Related to Partial Disclinations in Severe Plastic Deformation: A Molecular Dynamics Study
  • 2015/05 - 日本材料学会 分子動力学部門委員会 MD賞(優秀講演,一般の部)
  • 2014/09 - 日本金属学会 第62回論文賞 超微細粒金属における粒内転位源の生成と粒界伝播の機械特性への影響”
全件表示
所属学会 (7件):
日本繊維機械学会 ,  日本設計工学会 ,  日本材料学会 ,  日本金属学会 ,  日本機械学会 ,  Japan Society for Design Engineering ,  The Textile Machinery Society of Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る