研究者
J-GLOBAL ID:200901037483586514   更新日: 2020年11月30日

舘石 和雄

タテイシ カズオ | Tateishi Kazuo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究キーワード (8件): 破壊力学 ,  合成構造 ,  画像計測 ,  低サイクル疲労 ,  高サイクル疲労 ,  溶接 ,  維持管理 ,  鋼構造
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2013 - 2016 ルート破壊に着目した溶接継手の疲労強度評価に関する研究
  • 2006 - 2008 土木鋼構造部材の溶接継手部を対象とした低サイクル疲労設計手法の開発
  • 2004 - 2006 溶接鋼構造部材の低サイクル疲労強度予測手法に関する研究
  • 2000 - 2002 画像計測による疲労き裂進展性の定量的評価手法に関する研究
  • 1999 - 2001 大型構造部材を対象とした低サイクル疲労パラメータ計測システムの開発
全件表示
論文 (192件):
  • Arief Panjaitan, 舘石和雄, 清水優, 判治剛. 一定変位振幅下における鋼の低サイクル疲労き裂伝播挙動. 鋼構造論文集. 2020. 106. 27. 75
  • 判治 剛, 舘石 和雄, 清水 優, 浅野 浩一, 石井 孝明, 小林 潔, 内田 大介. 鋼コンクリート合成床版のL形鋼ジベル溶接部の疲労強度. 土木学会論文集A1. 2020. 76. 5. 50-61
  • 寺口 大輝, 北根 安雄, 松井 孝洋, 舘石 和雄. ハイブリッドFRP引抜成形材と鋼材の支圧ボルト接合部に関する耐力実験. 土木学会論文集A1. 2020. 76. 5. 95-104
  • 判治剛, 大橋優子, 舘石和雄, 清水優. 未溶着部を含む十字溶接接手の低サイクル疲労評価. 構造工学論文集. 2020. 66A. 253-263
  • 判治剛, 加納俊, 舘石和雄, 清水優, 津山忠久, 竹渕敏郎. 低変態温度溶接材料を用いた片面すみ肉溶接ルート部の疲労強度. 構造工学論文集. 2020. 66A. 607-616
もっと見る
書籍 (15件):
  • 鋼構造学(改訂版)
    コロナ社 2020
  • 構造解析のための材料力学
    コロナ社 2020
  • 溶接構造の疲労
    産報出版 2015 ISBN:9784883180462
  • 鋼橋の維持管理
    コロナ社 2015 ISBN:9784339052442
  • 鋼橋の疲労対策技術-鋼構造シリーズ22-
    丸善 2013 ISBN:9784810608236
もっと見る
講演・口頭発表等 (237件):
  • 変動振幅下における低サイクル疲労き裂の進展挙動予測
    (第75回土木学会年次学術講演会 2020)
  • 疲労き裂の進展に伴う面外ガセット溶接継手の残留応力再配分に関する解析的検討
    (第75回土木学会年次学術講演会 2020)
  • リベットと高力ボルトを併用した接手の力学性状に関する基礎的研究
    (第75回土木学会年次学術講演会 2020)
  • FRP引抜成形部材ボルト継手部の疲労強度
    (第75回土木学会年次学術講演会 2020)
  • Fatigue crack propagation Analysis of Longitudinal Welded Joint Containing Blowholes
    (10th International Symposium on Steel Structures 2019)
もっと見る
Works (1件):
  • Fatigue Characteristics of Weld Joints Employing SBHS
    2015 -
学歴 (1件):
  • - 1988 東京工業大学 社会開発工学専攻
学位 (4件):
  • 工学博士 (東京工業大学)
  • 工学修士
  • Doctor of Engineering (Tokyo Institute of Technology)
  • Master of Engineering
経歴 (15件):
  • 2010/04/01 - 現在 名古屋大学大学院工学研究科社会基盤工学専攻・教授
  • 2005/04/01 - 2010/03/31 名古屋大学エコトピア科学研究所教授
  • 2004/04/01 - 2005/03/31 名古屋大学エコトピア科学研究機構教授
  • 2004/04/01 - 2005/03/31 名古屋大学エコトピア科学研究機構教授
  • 2003/04/01 - 2004/03/31 名古屋大学理工科学総合研究センター教授
全件表示
受賞 (12件):
  • 2019/11/21 - 日本鋼構造協会 日本鋼構造協会論文賞 鋼管集成橋脚に設けられたせん断パネルダンパー溶接部の低サイクル疲労評価手法
  • 2019/11/07 - 文部科学省 文部科学大臣賞 大学研修施設(大規模実橋モデル)を活用した「臨床型」の橋梁維持管理技術者育成
  • 2019/06/14 - 土木学会 土木学会田中賞(論文部門) 当て板によるストップホール部の応力集中低減効果
  • 2018/05/21 - 土木学会構造工学委員会 第64回構造工学シンポジウム論文賞 当て板によるストップホール部の応力集中低減効果
  • 2017/11/16 - 日本鋼構造協会 日本鋼構造協会論文賞 繰返し大ひずみ下の鋼材の疲労き裂進展速度式と溶接継手のき裂進展予測への適用
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る