研究者
J-GLOBAL ID:200901037489451653   更新日: 2020年08月29日

岡本 和明

オカモト カズアキ | Okamoto Kazuaki
ホームページURL (1件): http://www.earth.sci.edu.saitama-u.ac.jp/
研究キーワード (6件): 実験岩石学 ,  地球惑星科学 ,  変成岩岩石学 ,  理科教育 ,  岩石学 ,  地質学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 地球深部
  • Deep interior of the Earth
MISC (8件):
  • Yui, T.F, Okamoto, K, Usuki, T, Lan, ,C.Y, Chu, H.T, Liou, J. Late Triassic-Late Cretaceous accretion/subduction in the Taiwan region along the eastern margin of South China -evidence from zircon SHRIMP dating. International Geology Review. 2009. 51. 4. 304-328
  • T. F. Yui, K. Okamoto, T. Usuki, C. Y. Lan, H. T. Chu, J. G. Liou. Late Triassic-Late Cretaceous accretion/subduction in the Taiwan region along the eastern margin of South China - evidence from zircon SHRIMP dating. INTERNATIONAL GEOLOGY REVIEW. 2009. 51. 4. 304-328
  • Yoshiyuki Kaneko, Shigenori Maruyama, Ade Kadarusman, Tsutomu Ota, Masahiro Ishikawa, Tatsuki Tsujimori, Akira Ishikawa, Kazuaki Okamoto. On-going orogeny in the outer-arc of the Timor-Tanimbar region, eastern Indonesia. GONDWANA RESEARCH. 2007. 11. 1-2. 218-233
  • Shigenori Maruyama, Kazuaki Okamoto. Water transportation from the subducting slab into the mantle transition zone. Gondwana Research. 2007. 11. 1-2. 148-165
  • Yoshiyuki Kaneko, Shigenori Maruyama, Ade Kadarusman, Tsutomu Ota, Masahiro Ishikawa, Tatsuki Tsujimori, Akira Ishikawa, Kazuaki Okamoto. On-going orogeny in the outer-arc of the Timor-Tanimbar region, eastern Indonesia. GONDWANA RESEARCH. 2007. 11. 1-2. 218-233
もっと見る
講演・口頭発表等 (4件):
  • Micro-XANES 分析に基づく単斜輝石、ガーネット、金雲母の酸化還元状態
    (日本地質学会第115学術大会講演要旨 2008)
  • Micro-XANES 分析に基づく単斜輝石、ガーネット、金雲母の酸化還元状態
    (日本地質学会第115学術大会講演要旨 2008)
  • 台湾付加体構造下の過去の地殻滞留流体
    (日本地質学会第114学術大会講演要旨 2007)
  • 台湾付加体構造下の過去の地殻滞留流体
    (日本地質学会第114学術大会講演要旨 2007)
学歴 (6件):
  • - 1998 東京工業大学大学院理工学研究科博士課程
  • - 1998 東京工業大学
  • - 1989 広島大学大学院理学研究科博士課程前期
  • - 1989 広島大学
  • - 1987 広島大学理学部地学科
全件表示
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京工業大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る