研究者
J-GLOBAL ID:200901037543174539   更新日: 2022年05月15日

松本 幸大

マツモト ユキヒロ | YUKIHIRO MATSUMOTO
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://sel.ace.tut.ac.jp/y-matsum/
研究分野 (3件): 建築構造、材料 ,  建築構造、材料 ,  構造工学、地震工学
研究キーワード (18件): FBG ,  構造解析 ,  地震応答 ,  地震工学 ,  モニタリング ,  接着接合 ,  有限要素法 ,  構造力学 ,  振動 ,  座屈 ,  合成構造 ,  鋼構造 ,  建築構造 ,  複合構造 ,  FRP ,  橋梁 ,  シェル構造 ,  空間構造
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2015 - 2016 光ファイバセンサを用いた鋼構造接着接合界面における破壊メカニズムと損傷評価
  • 2015 - 現場急速成形法と埋込み型センシングを併用したFRP 部材による鋼構造物の補修・補強技術の開発
  • 2013 - 2015 軽量複合構造における接着・ボルト併用接合による耐力向上法とその設計法
  • 2013 - 2014 鋼構造ラチスシェル屋根の全体座屈設計法と耐震設計法の標準化に関する研究
  • 2013 - 2013 国際会議The International Conference on Smart Monitoring, Assessment and Rehabilitation of Civil Structures出席
全件表示
論文 (78件):
  • Quang Duc Tran, Phan Viet Nhut, Yukihiro Matsumoto. Multi-Bolted Connection for Pultruded Glass Fiber Reinforced Polymer’s Structure: A Study on Strengthening by Multiaxial Glass Fiber Sheets. Polymers. 2022. 14. 8. 1561-1561
  • 藤井智也, 真田靖士, 尹ロク現, 金子佳樹, 長谷川蒼太, 松本幸大, 松井智哉, 迫田丈志, 足立智弘. 光ファイバ計測によるRCト形柱梁接合部の主筋定着部の引抜き挙動に関する実験的分析. 日本建築学会 技術報告集. 2022. 28. 68. 197-202
  • Yukihiro Matsumoto, Takashi Taguchi, Keisuke Shimizu, Iwao Komiya, Koji Nakajima. Development of new functional seismic brace using partially fibred carbon fiber reinforced polymer. E3S Web of Conferences. 2021. 331. 05001-05001
  • Phan Viet Nhut, Fengky Satria Yoresta, Yasuo Kitane, Kunitaro Hashimoto, Yukihiro Matsumoto. On the Strengthening of Pultruded GFRP Connections Using Glass Fiber Sheets: A Study on the Influence of Bolt Diameter. Applied Composite Materials. 2021
  • 松井孝洋, 鈴木公平, 佐藤壮大, 久保川裕喜, 中本大暉, 松本幸大. 炭素繊維シートのVaRTM成形接着法による鋼構造ブレース接合部の補強法. 日本建築学会技術報告集. 2021. 27. 67. 1279-1284
もっと見る
MISC (33件):
もっと見る
書籍 (3件):
  • 東日本大震災合同調査報告 建築編3
    日本建築学会 2014
  • 建築材料が一番わかる
    2013
  • 新しい建築空間-ハイブリッド構造の新展開-
    日本鋼構造協会 2009
講演・口頭発表等 (201件):
  • Development of new functional seismic brace using partially fibred carbon fibre reinforced polymer
    (International Conference on Disaster Mitigation and Management 2021)
  • ガラス繊維を用いた既存木造住宅の改良簡易耐震補強法の性能評価 その7.改良接着法の評価
    (日本建築学会中国支部研究発表会 2021)
  • FRP を用いた非接着補剛法による鋼板の座屈補剛効果
    (土木学会第75回年次学術講演会 2020)
  • Investigation of Effects of the Angles of Carbon Fibers for the Strengthening of Thin-Walled Cylinders under Compressive Loads
    (土木学会第75回年次学術講演会 2020)
  • 鉄骨造ブレース接合部のVaRTM 成形接着CFRP による補強に関する基礎検討 その2 段差のある鋼材表面におけるVaRTM 成形接着評価
    (日本建築学会大会 2020)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2004 - 2007 豊橋技術科学大学 機械・構造システム工学専攻
  • 2002 - 2004 豊橋技術科学大学 建設工学専攻
  • 2000 - 2002 豊橋技術科学大学 建設工学課程
  • 1995 - 2000 米子工業高等専門学校 建築学科
経歴 (5件):
  • 2014/04 - 現在 豊橋技術科学大学 建築・都市システム学系 准教授
  • 2010/04 - 2014/03 豊橋技術科学大学 建築・都市システム学系 助教
  • 2009/10 - 2010/03 豊橋技術科学大学 建設工学系 助教
  • 2007/04 - 2009/09 米子工業高等専門学校 建築学科 助教
  • 2006/04 - 2007/03 米子工業高等専門学校 建築学科 助手
委員歴 (23件):
  • 2021/06 - 現在 日本建築学会 代議員
  • 2020/04 - 現在 日本建築学会 構造委員会 シェル・空間構造運営委員会 耐震設計小委員会 主査
  • 2017/04 - 現在 土木学会 複合構造委員会 FRP複合構造の設計・維持管理に関する調査研究小委員会(H218) 委員
  • 2015/06 - 現在 土木学会 複合構造委員会 シンポジウム小委員会(H001) 委員
  • 2015/04 - 現在 土木学会 複合構造委員会 委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2011/11 - 強化プラスチック協会 56th FRP CON-EX2011 論文賞
  • 2009 - 日本建築学会大会 シェル・空間構造部門優秀発表賞
所属学会 (9件):
プラスチック成形加工学会 ,  日本複合材料学会 ,  International Association for Shell and Spatial Structures ,  International Institute for FRP in Construction ,  日本機械学会 ,  日本地震工学会 ,  日本鋼構造協会 ,  土木学会 ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る