研究者
J-GLOBAL ID:200901037657969531   更新日: 2020年09月01日

高木 達也

タカギ タツヤ | Takagi Tatsuya
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 薬理学 ,  薬系衛生、生物化学 ,  統計科学
研究キーワード (7件): 社会情報薬学 ,  環境計量薬学 ,  計量薬学 ,  医薬情報学 ,  Social Pharmainformatics ,  Environmental Pharmaceutical Metric Sciences ,  pharmainformatics
競争的資金等の研究課題 (26件):
  • 2020 - 2023 複数の教師付き機械学習の相関関係を用いた理論化学計算結果の医薬品設計への応用
  • 2017 - 2022 代数計算と数値計算の融合を戦略とする医薬品候補物の副作用予測モデルの創造への挑戦
  • 2017 - 2020 多元的非線形相関次元圧縮法の開発と応用
  • 2015 - 2020 医薬品候補化合物の副作用発症確率を予測する数理モデルの創成
  • 2013 - 2017 新規潜在変数型回帰分析法、PCLSの開発とその医薬学データへの応用
全件表示
論文 (63件):
  • A Comparison Between the Cycloadditions of Allenyl- and Vinyl-Cyclopentanes Using Density Functional Theory and GRRM Program. Chemical and Pharmaceutical Bulletin. 2020. 68. 8
  • MEPHAS: An Interactive Graphical User Interface for Medical and Pharmaceutical Statistical Analysis with R and Shiny. BMC Bioinformatics. 2020. 21
  • Evidence of passive smoking as a risk factor of high-grade squamous intraepithelial lesion: a case-control study. Biological and Pharmaceutical Bulletin. 2020. 43. 7
  • Vonoprazan vs proton pump inhibitors in treating post-endoscopic submucosal dissection ulcers and preventing bleeding: A meta-analysis of randomized controlled trials and observational studies. Medicine. 2020. 99. 9. e19357
  • Ramon Francisco Avena, Lin Qiao, Yuki Fujii, Kohei Otomo, Hirokazu Ishii, Takeyuki Suzuki, Hirofumi Tsujino, Tadayuki Uno, Yasuo Tsutsumi, Yusuke Kawashima, et al. Absorption, Fluorescence, and Two-Photon Excitation Ability of 5-Phenylisolidolo[2,1-a]quinolines. ACS Omega. 2020. 5. 5. 2473-2479
もっと見る
MISC (244件):
  • 川嶋裕介, 川下理日人, 川下理日人, 高木達也, 高木達也, 井川聡, 北野勝久. 活性酸素種によるアミノ酸残基への酸化反応機構の量子化学計算. 応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM). 2017. 64th. ROMBUNNO.16p-313-9
  • 川嶋裕介, 川下理日人, 川下理日人, 高木達也, 高木達也, 井川聡, 北野勝久. プラズマ処理水中の過硝酸の分解に関する量子化学計算. 応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM). 2017. 64th. ROMBUNNO.16p-313-8
  • TIAN Yu-Shi, MATSUDA Hitoshi, LIU Xinzhe, KAWASHITA Norihito, KAWASHITA Norihito, TAKAGI Tatsuya, TAKAGI Tatsuya. Evaluation of Novel Anti-Dengue Candidates Using In Silico and In Vitro Approaches. 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM). 2017. 137th. ROMBUNNO.26G-ISMS06
  • HASHIMOTO Yuji, KAWASHITA Norihito, MORIWAKI Hirotomo, TIAN Yu-Shi, TAKAGI Tatsuya. Analyses of protein-ligand interaction of BACE1 and its ligands using fragment molecular orbital method. 構造活性相関シンポジウム講演要旨集. 2016. 44th. 49-50
  • MORIUCHI Hiroaki, TIAN Yu-Shi, MORIWAKI Hirotomo, AOKI Satoshi, TAKAYAMA Nobuki, KAWASHITA Norihito, HIBI Takayuki, TAKAGI Tatsuya. Constructing prediction models of adverse drug reactions using machine learning. 構造活性相関シンポジウム講演要旨集. 2016. 44th. 31-32
もっと見る
書籍 (4件):
  • 生物学のための統計学入門
    化学同人 2009
  • Developing Sequence Analysis Tools on Web Server
    Proceedings Genome informatics workshop 1995
  • 定量的構造活性相関論-考え方と解き方
    廣川書店 1993
  • 「医薬品設計」〜考え方と進め方〜(共著)
    廣川書店 1993
Works (27件):
  • オーファンドラッグのリスク管理システム構築に関する基盤的研究
    2011 -
  • 医薬学分野で要する統計解析の理解促進に資するWebアプリケーションの構築
    2010 -
  • データマイニングを用いた医薬品併用による有害事象の発見
    2010 -
  • Development of Web Applications for learning Statistics in the field of Medical and Pharmaceutical
    2010 -
  • Investigation of Adverse Reactions of Drugs using Data Mining Method
    2010 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1979 大阪大学 製薬化学
  • - 1979 大阪大学
学位 (2件):
  • 薬学博士 (大阪大学)
  • 薬学博士
経歴 (2件):
  • 2005 - 2010 大阪大学感染症国際研究拠点 タイ感染症共同研究センター
  • 2005 - 2010 Research Collaboration Center on Emerging and Re-emerging Infections
委員歴 (3件):
  • 2009 - (社)日本分析化学会 幹事
  • 2007 - 近畿化学協会 幹事
  • 1993 - 日本化学会情報化学部会 幹事,企画主査,総務主査,編集委員
受賞 (8件):
  • 2009 - 第32回情報化学討論会ポスター賞
  • 2009 - Poster Award at the 32th Symposium on Chemical Information and Computer Science
  • 2006 - 第34回構造活性相関シンポジウムポスター賞
  • 2006 - 第29回情報化学討論会ポスター賞
  • 2004 - 2004 International Conference on Chemometrics and Bioinformatics in Asia, Poster Award
全件表示
所属学会 (9件):
(社)日本分析化学会 ,  近畿化学協会 ,  日本コンピュータ化学会 ,  日本計算機統計学会 ,  日本分析化学会 ,  日本化学会情報化学部会 ,  日本化学会 ,  日本薬学会 ,  Society of Computer Chemistry, Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る