研究者
J-GLOBAL ID:200901037722072331   更新日: 2020年11月20日

本田 信治

ホンダ シンジ | Honda Shinji
所属機関・部署:
職名: 助教(主任教員)
研究分野 (1件): 遺伝学
研究キーワード (6件): アカパンカビ ,  ヘテロクロマチン ,  エピジェネティクス ,  Neurospora crassa ,  heterochromatin ,  Epigenetics
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2021 モデル生物アカパンカビを利用したウイルス・宿主の相利共生と環境適応の関係解明
  • 2017 - 2019 山火事の熱と煙で目覚めるアカパンカビ子嚢胞子のシグナル伝達経路網
  • 2014 - 2019 アカパンカビ子嚢胞子が山火事で目覚める分子機構の解明とその応用
  • 2015 - 2017 アカパンカビゲノム防御機構RIP可視化システムの構築
  • 2013 - 2015 アカパンカビの特殊能力を利用した染色体適応機構の研究
全件表示
論文 (29件):
  • Shinji Honda, Ana Eusebio-Cope, Shuhei Miyashita, Ayumi Yokoyama, Annisa Aulia, Sabitree Shahi, Hideki Kondo, Nobuhiro Suzuki. Establishment of Neurospora crassa as a model organism for fungal virology. Nature communications. 2020. 11. 1. 5627-5627
  • William K Storck, Vincent T Bicocca, Michael R Rountree, Shinji Honda, Tereza Ormsby, Eric U Selker. LSD1 prevents aberrant heterochromatin formation in Neurospora crassa. Nucleic acids research. 2020. 48. 18. 10199-10210
  • Abigail J Courtney, Masayuki Kamei, Aileen R Ferraro, Kexin Gai, Qun He, Shinji Honda, Zachary A Lewis. Normal Patterns of Histone H3K27 Methylation Require the Histone Variant H2A.Z in Neurospora crassa. Genetics. 2020. 216. 1. 51-66
  • Klocko AD, Uesaka M, Ormsby T, Rountree MR, Wiles ET, Adhvaryu KK, Honda S, Selker EU. Nucleosome Positioning by an Evolutionarily Conserved Chromatin Remodeler Prevents Aberrant DNA Methylation in Neurospora. Genetics. 2019. 211. 2. 563-578
  • Bicocca VT, Ormsby T, Adhvaryu KK, Honda S, Selker EU. ASH1-catalyzed H3K36 methylation drives gene repression and marks H3K27me2/3-competent chromatin. Elife. 2018. 7. e41497
もっと見る
講演・口頭発表等 (27件):
  • モデル生物アカパンカビを利用したウイルス・宿主の相利共生とエピジェティクス制御
    (第6回北陸エピジェネティック研究会 2019)
  • 山火事の熱と煙で目覚めるアカパンカビ子嚢胞子のシグナル伝達経路網
    (第91回日本遺伝学会 2019)
  • 山火事の熱と煙で目覚めるアカパンカビ子嚢胞子のシグナル伝達経路網
    (第45回岡山大学植物病理セミナー 2019)
  • Ascospore sleepless-1 and -2 are required for ascospore dormancy in <i>Neurospora crassa</i>
    (Neurospore meeting 2018 2018)
  • Shelterin is required for telomeric integrity in Neurospora crassa
    (The EMBO conference on Telomeres, telomerase and disease 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2001 - 2004 東京工業大学 生体システム専攻
  • 1999 - 2001 東京工業大学 バイオサイエンス専攻
  • 1995 - 1999 東京工業大学 生体機構学科
経歴 (12件):
  • 2016/04 - 現在 福井大学 生命情報医科学講座 染色体機能学 助教(主任教員)
  • 2012/06 - 2016/03 福井大学 テニュアトラック推進本部 助教(テニュアトラック教員)
  • 2012/04 - 2012/05 福井大学 テニュアトラック推進本部 特命助教(テニュアトラック教員)
  • 2011 - 2012 オレゴン大学 分子生物学研究所 Research Associate
  • 2011 - 2012 Department of Biology and Institute of Molecular Biology, University of Oregon, Research Associate
全件表示
受賞 (2件):
  • 2014 - 文部科学大臣表彰 若手科学者賞
  • 2010 - Perkins fund award
所属学会 (1件):
Genetics Society of America
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る