研究者
J-GLOBAL ID:200901037742046639   更新日: 2019年10月20日

林 秀弥

ハヤシ シユウヤ | HAYASHI, Shuya
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 社会法学
研究キーワード (9件): 地区防災計画 ,  法と経済学 ,  公益事業 ,  競争法 ,  情報法 ,  経済法 ,  独占禁止法 ,  競争政策 ,  情報通信政策
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2016 - 2019 標準規格必須特許の特許ポリシーに関する競争の法と政策
  • 2013 - 2016 標準規格必須特許の権利行使に関する独占禁止法からの規整
  • 2011 - 2013 放送・通信分野の企業結合における「二元規制」の在り方に関する総合的研究
  • 2009 - 2011 企業結合審査の高度化・洗練化のための評価分析手法の総合的研究
  • 2007 - 2009 電気通信事業分野における競争評価の法政策研究---「市場の画定」を中心に
全件表示
論文 (140件):
  • 林秀弥. インターネット同時配信時代の 「放送」とNHKの受信料制度 --消費者視点からみた2019年放送法改正-. 現代 消費者法. 2019. 43. 51-59
  • 林 秀弥. 改正独占禁止法下における直接訴訟の意義と効果 : 旧法下との比較 (特集 個別行政法からみた行政争訟制度のあり方(2)). 自治研究. 2019. 95. 3. 3-21
  • 林 秀弥. プラットフォームと二面市場 : その競争的含意と法的課題 (小特集 デジタルプラットフォームと独占禁止法). 法律時報. 2019. 91. 3. 59-62
  • Shuya Hayashi, Koki Arai. How Competition Law Should React in the Age of Big Data and Artificial Intelligence. The Antitrust Bulletin. 2019. 64. 3. 447-456
  • Shuya Hayashi. International Cooperation and Harmonization in Competition Law. Zeitschrift für Japanisches Recht(Journal of Japanese Law). 2019. 24. 47. 133-141
もっと見る
MISC (49件):
  • 林秀弥、佐々木勉. (翻訳)ブロードバンド市場におけるゼロレーティング慣行(3). 名古屋大学法政論集. 2019. 281. 357-382-382
  • 林 秀弥, 佐々木 勉, HAYASHI Shuya, SASAKI Tsutomu. (翻訳)ブロードバンド市場におけるゼロレーティング慣行(4). 名古屋大学法政論集. 2019. 282. 369-393
  • 大石 裕, 秋山 美紀, 宍戸 常寿, 新保 史生, 林 秀弥. パネル・ディスカッション AI/IoT新時代の情報通信政策の未来 (特集 設立35周年記念 第39回国際コミュニケーション・フォーラム 2018年度秋季(第39回)情報通信学会大会). 情報通信学会誌. 2019. 36. 3. 42-52
  • 林秀弥. (国内だより)2018年度日本経済法学会大会を終えて一開催校として. 公正取引. 2019. 817. 88
  • 林秀弥. (新聞寄稿)社会に影響及ぼす「GAFA」消費者の安全確保へ一定の責任を. 産経新聞等. 2019
もっと見る
書籍 (23件):
  • 変貌する国際社会と法
    神戸市外国語大学外国学研究所 2006
  • 競争の戦略と政策
    有斐閣 2006 ISBN:4641183392
  • 差別対価と公正競争阻害性 : トーカイ・日本瓦斯事件の法と経済学
    Competition Policy Research Center Fair Trade Commission of Japan 2007
  • 競争者排除行為に係る不公正な取引方法・私的独占について : 理論的整理
    Competition Policy Research Center, Japan Fair Trade Commission 2008
  • 企業結合ガイドラインの解説と分析
    商事法務 2008 ISBN:9784785715601
もっと見る
講演・口頭発表等 (44件):
  • Patent Pool and Competition Law
    (Taiwan-Japan Academic Seminar - Theory and Practice of Intellectual Property Rights 2011)
  • タバコのプレイン・パッケージ規制の法的問題の分析-経済法の観点から-
    (同志社法学会講演会 2011)
  • 日欧米の電気通信事業におけるマージン(プライス)・スクイーズ規制
    (公益事業学会関東部会 2011)
  • 集団的消費者利益の実現と実体法の役割
    (日本消費者法学会第4回大会 2011)
  • Telecommunication and Competition Policy in Japan
    (Max Planck Institute for Intellectual Property and Competition Law, Asia Roundtable 2011)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1993 - 1997 同志社大学 法学部 法律学科
  • 1997 - 1999 京都大学 大学院法学研究科修士課程 民刑事法専攻
  • 1999 - 2002 京都大学 大学院法学研究科博士課程 民刑事法専攻
学位 (3件):
  • 博士(法学) (京都大学)
  • 修士(法学) (京都大学)
  • 学士(法学) (同志社大学)
経歴 (10件):
  • 2002/04 - 2003/03 京都大学 助手
  • 2003/04 - 2005/03 神戸市外国語大学 専任講師
  • 2005/04 - 2007/03 名古屋大学 助教授
  • 2007/04 - 2008/03 名古屋大学 准教授
  • 2007/04 - 2010/03 名古屋大学 所属教員
全件表示
委員歴 (10件):
  • 2019 - 現在 (公財)情報通信学会 研究・事業企画委員長
  • 2019 - 現在 公益事業学会 編集委員会委員
  • 2018 - 現在 日本国際経済法学会 理事
  • 2016 - 現在 (公財)情報通信学会 常務理事
  • 2014 - 現在 日本経済法学会 運営委員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2002/06 - 財団法人公正取引協会 横田正俊記念賞
  • 2013/01/26 - 公益信託大隅法学研究奨励基金 大隅健一郎賞
  • 2017/03 - 地区防災計画学会 地区防災計画学会論文賞
所属学会 (12件):
日本学術会議 ,  日本学術会議 若手アカデミー委員会 ,  日本経済法学会 ,  American Antitrust Institute Advisory Board Member ,  情報通信学会 ,  地区防災計画学会 ,  日本国際経済法学会 ,  日米法学会 ,  公益事業学会 ,  Academic Society for Competition Law (ASCOLA) ,  日本消費者法学会 ,  日本工業所有権法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る