研究者
J-GLOBAL ID:200901037742046639   更新日: 2020年12月30日

林 秀弥

ハヤシ シユウヤ | Hayashi Shuya
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000030364037/
研究分野 (1件): 公法学
研究キーワード (11件): 放送法 ,  電気通信事業法 ,  経済法 ,  独占禁止法 ,  競争政策 ,  情報通信政策 ,  情報法 ,  競争法 ,  公益事業 ,  法と経済学 ,  地区防災計画
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2016 - 2019 標準規格必須特許の特許ポリシーに関する競争の法と政策
  • 2013 - 2016 標準規格必須特許の権利行使に関する独占禁止法からの規整
  • 2011 - 2013 放送・通信分野の企業結合における「二元規制」の在り方に関する総合的研究
  • 2009 - 2011 企業結合審査の高度化・洗練化のための評価分析手法の総合的研究
  • 2007 - 2009 電気通信事業分野における競争評価の法政策研究---「市場の画定」を中心に
全件表示
論文 (157件):
  • 林 秀弥. 防災・減災におけるICT(情報通信技術)の役割. 情報の科学と技術. 2020. 70. 9. 440-446
  • 林 秀弥. デジタル・プラットフォーマーを巡る国際的ルール形成の諸相 : いわゆる「一国二制度」問題とデータの移転・流通に関する法的規律 (特集 プラットフォーム). Nextcom = ネクストコム : 情報通信の現在と未来を展望する. 2020. 41. 41. 4-13
  • 林 秀弥. デジタル・プラットフォーマーと消費者 : 優越的地位の濫用規制を中心に. 公正取引. 2019. 828. 87-93
  • Shuya Hayashi, Koki Arai. How competition law should react in the age of big data and artificial intelligence. Antitrust Bulletin. 2019. 64. 3. 447-456
  • 林 秀弥. インターネット同時配信時代の「放送」とNHKの受信料制度 : 消費者視点からみた2019年放送法改正. 現代消費者法. 2019. 43. 51-59
もっと見る
MISC (40件):
  • 林 秀弥, 宍戸常寿, 山本龍彦, 森亮二, 井上由里子. 〔座談会〕プラットフォーマーの法律問題-政府におけるプラットフォーム事業者規制の検討を踏まえて-. Law & technology : L & T. 2020. 87. 1-26
  • 林 秀弥, 佐々木 勉, HAYASHI Shuya, SASAKI Tsutomu. 翻訳 ブロードバンド市場におけるゼロレーティング慣行(5・完). 名古屋大学法政論集. 2019. 283. 303-326
  • 林 秀弥, 佐々木 勉, HAYASHI Shuya, SASAKI Tsutomu. 翻訳 ブロードバンド市場におけるゼロレーティング慣行(4). 名古屋大学法政論集. 2019. 282. 369-393
  • 大石 裕, 秋山 美紀, 宍戸 常寿, 新保 史生, 林 秀弥. パネル・ディスカッション AI/IoT新時代の情報通信政策の未来 (特集 設立35周年記念 第39回国際コミュニケーション・フォーラム 2018年度秋季(第39回)情報通信学会大会). 情報通信学会誌. 2019. 36. 3. 42-52
  • 林 秀弥, 佐々木 勉, HAYASHI Shuya, SASAKI Tsutomu. 翻訳 ブロードバンド市場におけるゼロレーティング慣行(3). 名古屋大学法政論集. 2019. 281. 357-382
もっと見る
書籍 (24件):
  • 情報法概説<第2版>
    弘文堂 2019 ISBN:9784335357640
  • 防災の法と社会 : 熊本地震とその後
    信山社 2018 ISBN:9784797268300
  • AIがつなげる社会 : AIネットワーク時代の法・政策
    弘文堂 2017 ISBN:9784335357121
  • 独禁法審判決の法と経済学 : 事例で読み解く日本の競争政策
    東京大学出版会 2017 ISBN:9784130402798
  • 経済法の現代的課題 : 舟田正之先生古稀祝賀
    有斐閣 2017 ISBN:9784641144910
もっと見る
講演・口頭発表等 (52件):
  • International Cooperation and Harmonization in the Field of Competition Law- Experience from Legal Development Support for Competition Law in Asia
    (Asian Law and Society Association 4th Annual Meeting 2019)
  • AIネットワークをめぐる競争的エコシステム構築に向けた社会科学研究
    (名古屋大学第3回アジア共創教育研究機構シンポジウム 2019)
  • 米国モバイル市場の競争政策と業界の変遷(討論者)
    (情報通信学会2019年度秋季学会大会 2019)
  • 放送法改正の特徴
    (名古屋大学法学部シンポジウム「インターネット時代の公共放送と法-分断の克服を目指して-」 2019)
  • データの移転・流通に関する競争法的規律:デジタルプラットフォーマーをめぐる国際的ルール形成
    (日本国際経済法学会第29回研究大会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1999 - 2002 京都大学 民刑事法専攻
  • 1997 - 1999 京都大学 民刑事法専攻
  • 1993 - 1997 同志社大学 法律学科
学位 (4件):
  • 学士(法学) (同志社大学)
  • 修士(法学) (京都大学)
  • 博士課程単位取得認定退学 (京都大学)
  • 博士(法学) (京都大学)
経歴 (9件):
  • 2017/04/01 - 現在 名古屋大学 アジア共創教育研究機構 教授
  • 2013/04 - 現在 名古屋大学 大学院法学研究科 総合法政専攻 教授
  • 2010/04 - 2013/03 名古屋大学 大学院法学研究科 総合法政専攻 准教授
  • 2008/04/01 - 2010/03/31 名古屋大学 法政国際教育協力研究センター 准教授
  • 2007/04 - 2010/03 名古屋大学 高等研究院 所属教員
全件表示
委員歴 (10件):
  • 2019 - 現在 公益事業学会 編集委員会委員
  • 2019 - 現在 (公財)情報通信学会 研究・事業企画委員長
  • 2018 - 現在 日本国際経済法学会 理事
  • 2016 - 現在 (公財)情報通信学会 常務理事
  • 2015 - 現在 地区防災計画学会 理事
全件表示
受賞 (4件):
  • 2020/10 - 特定非営利活動法人モバイル・コミュニケーション・ファンド 第19回ドコモ・モバイル・サイエンス賞 「社会科学部門」 情報通信分野における法制度設計およびその政策への応用
  • 2017/03 - 地区防災計画学会 地区防災計画学会論文賞
  • 2013/01 - 公益信託大隅法学研究奨励基金 大隅健一郎賞
  • 2002/06 - 財団法人公正取引協会 横田正俊記念賞
所属学会 (12件):
日本工業所有権法学会 ,  日本消費者法学会 ,  Academic Society for Competition Law (ASCOLA) ,  公益事業学会 ,  日米法学会 ,  日本国際経済法学会 ,  地区防災計画学会 ,  情報通信学会 ,  American Antitrust Institute Advisory Board Member ,  日本経済法学会 ,  日本学術会議 若手アカデミー委員会 ,  日本学術会議
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る