研究者
J-GLOBAL ID:200901037760385033   更新日: 2020年04月18日

内田 龍彦

ウチダ タツヒコ | Uchida Tatsuhiko
所属機関・部署:
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2020 任意形状の混合粒径土砂の水流中の運動を対象としたオイラー型解析法の開発とその応用
  • 2018 - 2020 底面流速解析法に基づく開水路三次元流解析法の体系化と非平衡流砂力学の新展開
  • 2014 - 2016 粗度の多重スケール性と非平衡粗面抵抗則に基づく礫床河川の流れの解析法の開発と応用
  • 2013 - 2014 任意形状粒子を用いた混合粒径移動床数値実験水路による河床近傍の力学機構
  • 2011 - 2013 水没する河川構造物周辺の底面流速解法と非平衡流砂運動を考慮した局所洗掘解法の開発
全件表示
論文 (106件):
  • Uchida, Tatsuhiko, Fukuoka, Shoji. Quasi-3D two-phase model for dam-break flow over movable bed based on a non-hydrostatic depth-integrated model with a dynamic rough wall law. ADVANCES IN WATER RESOURCES. 2019. 129. 317-327
  • 小橋力也, 北真人, 内田龍彦, 梶昭仁, 宮田英樹, 河原能久. 土石流危険度予測のための源頭部における豪雨時の雨水浸透過程に関する研究. 河川技術論文集. 2019. 25. 669-674
  • 小林大祐, 内田龍彦, 河原能久. 蛇行水路における段波の伝播特性に関する実験的研究. 河川技術論文集. 2019. 25. 249-254
  • 八木郁哉, 内田龍彦, 河原能久. 大規模洪水時における河岸浸食危険個所の検出法. 河川技術論文集. 2019. 25. 729-734
  • 阿戸理樹, 内田龍彦, 河原能久. 不等流における非水没抵抗体の流体力の評価法. 土木学会論文集B1(水工学). 2018. Vol.74. No.5. I_751-756
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • 『相乗型豪雨災害』と河川の洪水、氾濫の関係とは
    (広島大学公開講座2019 平成30年7月豪雨災害の現場から~相乗型豪雨災害の研究最前線~ 2019)
  • 広島県の河川災害
    (西日本豪雨災害調査団(中国地区)報告会 2019)
  • 西日本豪雨による広島県内の洪水被害/沼田川水系
    (平成30年度水環境学会関西支部講演会 2019)
  • 西日本豪雨災害における広島県の被害実態
    (平成30年度水環境学会関西支部講演会,豪雨災害による災害実態及び生態系に及ぼすインパクト 2018)
  • 2018 年 7 月西日本豪雨による岡山県・広島県における河川災害の概要と課題
    (河川災害に関するシンポジウム 2018)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る