研究者
J-GLOBAL ID:200901037760385033   更新日: 2021年06月16日

内田 龍彦

ウチダ タツヒコ | Uchida Tatsuhiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 水工学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2020 任意形状の混合粒径土砂の水流中の運動を対象としたオイラー型解析法の開発とその応用
  • 2018 - 2020 底面流速解析法に基づく開水路三次元流解析法の体系化と非平衡流砂力学の新展開
  • 2014 - 2016 粗度の多重スケール性と非平衡粗面抵抗則に基づく礫床河川の流れの解析法の開発と応用
  • 2013 - 2014 任意形状粒子を用いた混合粒径移動床数値実験水路による河床近傍の力学機構
  • 2011 - 2013 水没する河川構造物周辺の底面流速解法と非平衡流砂運動を考慮した局所洗掘解法の開発
全件表示
論文 (122件):
  • 田中規夫・戸田祐嗣・青野正志・秋田麗子・内田龍彦・尾松智・後藤岳久・重枝末玲・福島雅紀・溝口敦子・目黒嗣樹. 堤防侵食に対する維持管理・対策技術向上に向けた研究・技術開発の課題整理. 河川技術論文集. 2021. 27. 397-402
  • 髙松潔明・永井秀和・内田龍彦・戸田祐嗣・重枝未玲・椿 涼太・山下篤志・福田知子. 土石流堆積土の空隙率推定方法とオイラー型堆積モデルの適用性. 河川技術論文集. 2021. 27. 253-258
  • 髙松潔明・永井秀和・内田龍彦・戸田祐嗣・重枝未玲・椿 涼太・山下篤志・福田知子. 乱れエネルギーを用いた河岸侵食危険確率の解析法とこれを用いた河川改修による流況改善の定量評価. 河川技術論文集. 2021. 27. 253-258
  • 清水里都季・内田龍彦・河原能久・山下篤志・福田知子. 二次元不定流解析結果を用いた降雨流出解析における水位予測の高精度化. 河川技術論文集. 2021. 27. 241-246
  • 中島奈桜,田丸雄大,内田龍彦,河原能久. 流れによる砂防堰堤からの流出土砂量の評価に関する基礎的研究. 河川技術論文集. 2020. 26. 169-174
もっと見る
書籍 (1件):
  • 水理公式集[2018年度版]
    丸善株式会社 2019 ISBN:9784810608359
講演・口頭発表等 (16件):
  • 河道の流れの解析法について
    (河道管理に関する勉強会(第三回) 2019)
  • 平成30年7月豪雨時の広島県の洪水の実態と日本の河川洪水流に対する防災・減災
    (2019年度JICA青年研修ミャンマー 防災コース 2019)
  • 小瀬川水防災タイムライン検討会に期待するもの~施設では防ぎきれない大洪水に対する多機関連携型の減災体制構築に向けて~
    (小瀬川水防災タイムライン検討会発足式 2019)
  • 平成30年7月豪雨における広島県内の河川災害事例と課題
    (第18回都市水害に関するシンポジウム 2019)
  • A powerful tool calculate open channel flows for sediment transport analysis:Bottom Velocity Computation method,
    (The 18th International Conference on Civil and Environmental Engineering(ICCEE) 2019)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る