研究者
J-GLOBAL ID:200901037949436941   更新日: 2020年10月02日

小堂 俊孝

コドウ トシタカ | Kodoh Toshitaka
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 英語学
研究キーワード (3件): there構文 ,  語法研究 ,  倒置
論文 (38件):
  • 小堂俊孝. 虚辞thereの名詞性と英和辞典での扱い -記載の修正を求めて-. 湘南英文学. 2015. 10. 53-72
  • 小堂俊孝. DP内there生起仮説による場所句倒置構文の分析. Fortuna. 2015. 26. 3-23
  • 分離QP構造とDP内there生起仮説による定性効果の統語的説明を目指して. 英語と教育. 2012. 3
  • WH-to不定詞構造に関する覚書き. 湘南英文学. 2012. 7. 27-40
  • 関係代名詞の省略について. 湘南英文学. 2011. 6. 63-85
もっと見る
MISC (1件):
  • *It is for the first time that Tom met Kathy in Tokyo yesterday.について. 湘南英文学. 2014. 9. 21-40
書籍 (7件):
  • 学問的知見を英語教育に活かす
    金星堂 2019
  • オックスフォード英語コロケーション辞典
    小学館 2015
  • ケンブリッジ現代英語文法入門
    ケンブリッジ大学出版局 2007
  • Science Makes Life Exciting
    成美堂 2003
  • The Official Earth Day Guide to Planet Repair vol. 1
    オセアニア出版 2002
もっと見る
講演・口頭発表等 (13件):
  • 名詞句の解釈位置と数量詞繰り下げに関する考察
    (日本大学生物資源科学部学術講演会ポスターセッション 2009)
  • テキストマイニング分析による習熟度別日本人英語学習者の文法知識習得についての考察
    (日本第二言語習得学会 2009)
  • テキストマイニング分析による日本人英語学習者の理解度別英語習得過程研究
    (言語処理学会第15回年次大会 2009)
  • There構文における名詞句の繰り上げについて
    (湘南英語英文学会 平成16年度第2回総会 2005)
  • 生成文法からのアプローチによるthere構文の派生の経済性に関する研究
    (日本大学生物資源科学部学術講演会ポスターセッション 2004)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1988 - 1990 横浜国立大学 英語教育科英語英米文学専修
  • - 1988 横浜国立大学 英語教育
学位 (1件):
  • 教育学修士 (横浜国立大学)
経歴 (9件):
  • 2015/10 - 2017/03 多摩大学 非常勤講師(英語学)
  • 2011/04 - 日本大学 教授
  • 2003/04 - 2011/03 日本大学 助教授・准教授
  • 2000/04 - 2003/03 日本大学 専任講師
  • 1998/04 - 2001/03 秋田大学教育学部 非常勤講師(英語学)
全件表示
所属学会 (9件):
日本英文学会 ,  日本英語学会 ,  日本言語学会 ,  日本英語表現学会 ,  秋田英語英文学会 ,  湘南英文学会 ,  英米文化学会 ,  アメリカ言語学会 ,  欧米言語文化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る