研究者
J-GLOBAL ID:200901037977781140   更新日: 2020年06月06日

浦崎 芳正

Urasaki Yoshimasa
研究分野 (1件): 血液、腫瘍内科学
研究キーワード (2件): multi drug resistance ,  多剤耐性
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2010 - 血液キメラ状態における免疫寛容物質の解明
論文 (38件):
  • 松田 安史, 坂井 晴香, 増永 志穂, 海老田 ゆみえ, 小林 洋子, 大岩 加奈, 大藏 美幸, 鈴木 孝二, 大嶋 勇成, 浦崎 芳正, 松原 美紀, 豊岡 重剛, 山内 高弘. 新鮮凍結血漿輸注後に輸血ルート内にひも状フィブリン塊を認めた1例. 日本輸血細胞治療学会誌. 2019. 63. 3. 590-594
  • 大岩 加奈, 岸 愼治, 海老田 ゆみえ, 松田 安史, 田居 克規, 浦崎 芳正, 大越 忠和, 今村 好章, 山内 高弘. R-CHOP療法が有効であった寒冷凝集素症に合併したB細胞リンパ腫. 日本輸血細胞治療学会誌. 2017. 63. 4. 607-613
  • Tsuji K, Kishi S, Tsuchida T, Yamauchi T, Ikegaya S, Urasaki Y, Fujiwara Y, Ueda T, Okazawa H, Kimura H. Evaluation of staging and early response to chemotherapy with whole-body diffusion-weighted magnetic resonance imaging in malignant lymphoma patients: A comparison with FDG-PET/CT. Journal of Magnetic Resonance Imaging. 2015. 41. 6. 1601-1607
  • Sakai T, Masaki Y, Otsuki N, Sakamaki I, Kishi S, Miyazono T, Urasaki Y, Murakami J, Satoh T, Nakamura T, Iwao H, Nakajima A, Kawanami T, Miki M, Fujita Y, Tanaka M, Fukushima T, Okazaki T, Ueda T. Prospective clinical study of R-CMD therapy for indolent B cell lymphoma and mantle cell lymphoma from the Hokuriku Hematology Oncology Study Group. Med Oncol. 2015. 32. 9. 232
  • Tasaki T, Yamauchi T, Matsuda Y, Takai M, Ookura M, Lee S, Tai K, Ikegaya S, Kishi S, Yoshida A, Urasaki Y, Iwasaki H, Ueda T. The response to induction therapy is crucial for the treatment outcomes of elderly patients with acute myeloid leukemia: single-institution experience. Anticancer Res. 2014. 34. 5631-5636
もっと見る
MISC (21件):
  • Yamauchi T, Negoro E, Lee S, Takai M, Matsuda Y, Takagi K, Kishi S, Tai K, Hosono N, Tasakai T, Ikegaya S, Yoshida A, Urasaki Y, Iwasaki H, Ueda T. Detectable Wilms’ tumor-1 transcription at treatment completion is associated with poor prognosis of acute myeloid leukemia: A single institution’s experience. Anticancer Res. 2013. 33. 8. 3335-3340
  • Yamauchi T, Negoro E, Lee S, Takai M, Takagi K, Matsuda Y, Kishi S, Tai K, Hosono N, Tasaki T, Ikegaya S, Inai K, Yoshida A, Urasaki Y, Iwasaki H, Ueda T. A high serum uric acid level is associated with poor prognosis in patients with acute myeloid leukemia. Anticancer Res. 2013. 33. 9. 3947-3951.
  • T.Fukushima, Y.Urasaki, M.Yamaguchi, M.Ueda, K.Morinaga, T.Haba, T.Sugiyama, S.Nakao, H.Origasa, H.Umehara, T.Ueda. A Randomized Comparison of Modified Intermediate-dose Ara-C versus High-dose Ara-C in Post-remission Therapy for Acute Myeloid Leukemia. Anticancer Research. 2012. 32. 2. 643-347
  • Yoshida A, Zokumasu K, Wano Y, Yamauchi T, Imamura S, Takagi K, Kishi S, Urasaki Y, Tohyama K, Ueda T. Marked upregulation of Survivin and Aurora-B kinase are associated with disease progression in the myelodysplastic syndromes. Haematologica. 2012. 3/16/2012/EPUB. 11. 111-123
  • T.Fukushima, Y.Urasaki, M.Yamaguchi, M.Ueda, K.Morinaga, T.Haba, T.Sugiyama, S.Nakao, H.Origasa, H.Umihara, T.Ueda. A Randomized Comparison of Modified Intermediate-dose Ara-C versus High-dose Ara-C in Past-remission Therapy for Acute Myeloid Leukemia. Anticancer Res. 2012. 32. 2. 643-648
もっと見る
書籍 (2件):
  • 日本臨床増刊号 造血器腫瘍
    日本臨床社 2007
  • アトラス対応血液病学 ケーススタデイ124例
    医薬ジャーナル社 2001 ISBN:4753219291
講演・口頭発表等 (85件):
  • 血液型判定に苦慮した1症例
    (第67回日本輸血・細胞治療学会学術総会 2019)
  • 当院における緊急輸血への新しい対応と今後の課題
    (第36回日本輸血・細胞治療学会北陸支部例会 2018)
  • 血液型判定に苦慮した1症例
    (第36回日本輸血・細胞治療学会北陸支部例会 2018)
  • Darinaparsinと他のT細胞性リンパ腫に使われる抗がん薬との併用効果の検討
    (第80回日本血液学会学術集会 2018)
  • 当院におけるpoor mobilizersに対するplerixaforの使用と採取レジメンの検討
    (第80回日本血液学会学術集会 2018)
もっと見る
Works (4件):
  • 自動血球計算機セルダインサファイアのスキャットグラム解析によるMDSスクリーニング
    2008 -
  • 日本血液学会 血液疾患登録
    2006 -
  • 急性白血病におけるゲノム薬理学を応用したテーラーメイド治療の確立, 基盤研究(C)一般
    2005 -
  • 抗腫瘍剤耐性細胞におけるDNA修復酵素および遺伝子の関与, 基盤研究(C)一般
    2004 -
学歴 (2件):
  • - 1994 福井医科大学
  • - 1986 富山医科薬科大学 医学
学位 (1件):
  • 博士(医学)
委員歴 (11件):
  • 2010 - 北陸造血移植学術講演会 監事
  • 2009 - 日本血液学会 代議員
  • 2008 - 日本輸血学会北陸支部 監事
  • 2006 - 東海・北陸ヘモフィリアセミナー 世話人
  • 2003 - 日本臨床腫瘍学会 一般会員
全件表示
所属学会 (13件):
American Association for Cancer Reserch ,  日本癌学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本血液学会 ,  日本輸血学会北陸支部 ,  日本臨床薬理学会 ,  北陸DIC研究会 ,  北陸造血移植学術講演会 ,  日本通風・核酸代謝学会 ,  日本感染症学会 ,  日本化学療法学会 ,  日本臨床腫瘍学会 ,  東海・北陸ヘモフィリアセミナー
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る