研究者
J-GLOBAL ID:200901038002823751   更新日: 2021年12月01日

東風 貢

コチ ミツグ | Kochi Mitsugu
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 日本大学  医学部 医学科 消化器外科学   診療教授
研究分野 (1件): 消化器外科学
研究キーワード (11件): 胃癌 ,  第II相試験 ,  術前化学療法 ,  ベバシズマブ ,  LV ,  5FU ,  CPT-11 ,  進行再発大腸癌 ,  大腸癌化学療法臨床試験 ,  胃癌術前化学療法 ,  制癌剤感受性試験
論文 (93件):
  • Yoshida K, Kodera Y, Kochi M, Ichikawa W, Kakeji Y, Sano T, Nagao N, Takahashi M, Takagane A, Watanabe T, et al. Addition of Docetaxel to Oral Fluoropyrimidine Improves Efficacy in Patients With Stage III Gastric Cancer: Interim Analysis of JACCRO GC-07, a Randomized Controlled Trial. J Clin Oncol. 2019. 37. 15. 1296-1304
  • Watabe M, Kochi M, Nishimaki H, Kano H, Tamegai H, Shimizu H, Matsuno Y, Kawai T, Masuda S, Sugitani M, et al. A Case of Advanced Gastric Cancer with Bone Marrow Metastasis Treated with Low-Dose Combination Chemotherapy Containing S-1 and Docetaxel. Gan To Kagaku Ryoho. 2019. 46. 5. 933-936
  • Y, Mogushi K, Lenz HJ, Zhang W, Tsuji A, Takahashi T, Denda T, Shimada K, Kochi M, Nakamura M, et al. Tumor sidedness and enriched gene groups for efficacy of first-line cetuximab treatment in metastatic colorectal cancer. Mol Cancer Ther. 2018
  • Hiroshi Suda, Mitsugu Kochi, Masashi Fujii, Ken Hagiwara, Hiroko Shimizu, Megumu Watanabe, Yoritaka Matsuno Takaharu Kawai, Renpei Yagi, Tadatoshi Takayama. Diagnostic performance of surgical criteria incorporating MDCT for suspected acute appendicitis. Inter Surg. 2018
  • Yu Sunakawa, Akihito Tsuji, Tadamichi Denda, Yoshihiko Segawa, Yuji Negoro, Ken Shimada, Mitsugu Kochi, Masato Nakamura, Masahito Kotaka, Hiroaki Tanioka, et al. CEA Response and Depth of Response (DpR) to Predict Clinical Outcomes of First-Line Cetuximab Treatment for Metastatic Colorectal Cancer. TARGETED ONCOLOGY. 2017. 12. 6. 787-794
もっと見る
MISC (1件):
  • Mitsugu Kochi, Masashi Fujii, Noriaki Kanamori, Yoshiaki Mihara, Tomoya Funada, Hidenori Tamegai, Megumu Watanabe, Yuriko Takayama, Hiroshi Suda, Tadatoshi Takayama. Phase II study of neoadjuvant chemotherapy with S-1 and CDDP in patients with lymph node metastatic stage II or III gastric cancer. American Journal of Clinical Oncology: Cancer Clinical Trials. 2017. 40. 1. 17-21
講演・口頭発表等 (221件):
  • 胃癌治療をつなぐために 運動と栄養介入
    (消化器外科学会 2019)
  • 肝切除につながる大腸癌化学療法
    (日本肝癌研究会 2019)
  • 消化器癌治療の発展を目指して
    (消化器外科学会大会 2018)
  • どうなっていく、胃癌の周術期化学療法
    (日本癌局所療法研究会 2018)
  • エビデンスにもとづいた大腸癌術後補助療法をチーム医療で行っていく
    (臨床外科学会 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1991 日本大学 消化器外科
  • - 1986 日本大学 医学科
経歴 (18件):
  • 2018/03 - 現在 日本大学医学部 消化器外科 診療教授
  • 2009/11 - 現在 日本大学医学部消化器外科准教授
  • 2009/11/01 - 日本大学医学部消化器外科准教授
  • 2006/10 - 2009/10/30 日本大学医学部消化器外科専任講師
  • 2006/10 - 2009/10 日本大学医学部消化器外科専任講師
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2009/01 - 現在 日本臨牀外科学会 評議員
受賞 (1件):
  • 2015/05 - 日本大学医学会 日本大学医学会学術奨励賞 切除可能リンパ節転移胃癌の術前化学療法Phase II Study
所属学会 (10件):
日本大腸肛門病学会 ,  日本外科会 ,  日本臨牀外科学会 ,  日本消化器外科学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本胃癌学会 ,  日本癌学会 ,  消化器内視鏡学会 ,  日本臨床腫瘍学会 ,  日本乳癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る