研究者
J-GLOBAL ID:200901038129674500   更新日: 2021年10月27日

南齋 勉

ナンザイ ベン | BEN NANZAI
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://nanzai.wixsite.com/nanzai-lab
研究分野 (3件): 基礎物理化学 ,  グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学 ,  グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学
研究キーワード (4件): 大気環境化学 ,  界面化学 ,  アクティブマター ,  超音波化学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2019 - 2022 自発走行油滴による環境汚染物質の濃縮回収システムの創出
  • 2017 - 2019 自律走行油滴を利用した環境浄化システムの開発
  • 2017 - 2019 自立走行油滴を利用した環境浄化システムの開発
  • 2017 - 2019 超音波を活用した油圧機器の耐久試験機開発
  • 2017 - 2018 一滴ごとの雨を多成分定量する簡易手法の開発
全件表示
論文 (30件):
  • Takahiko Ban, Kohei Matsumoto, Ben Nanzai, Yasushige Mori, Hideki Nabika. Bifurcation of chemically driven self-propelled droplets on a surfactant-adsorbed surface based on spreading coefficients. Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects. 2021. 620
  • Ben Nanzai, Seiya Suzuki, Kenji Okitsu. Sonochemical degradation of surfactants with different charge types: Effect of the critical micelle concentration in the interfacial region of the cavity. Ultrasonics Sonochemistry. 2021. 71. 105354-105354
  • Kenji Okitsu, Itsuya Kurisaka, Ben Nanzai, Norimichi Takenaka, Hiroshi Bandow. Mechanism for sonochemical reduction of Au(III) in aqueous butanol solution under Ar based on the analysis of gaseous and water-soluble products. Ultrasonics Sonochemistry. 2020. 69. 105241-105241
  • Toyokazu Tanabe, Tatsuhiro Tanikawa, Katsutoshi Nakamori, Shigenori Ueda, Ben Nanzai, Yasuo Matsubara, Futoshi Matsumoto. Solar hydrogen evolution over native visible-light-driven Sn3O4. International Journal of Hydrogen Energy. 2020. 45. 53. 28607-28615
  • B. Nanzai, T. Ban. Chapter 6: Physical Chemistry of Energy Conversion in Self-propelled Droplets Induced by Dewetting Effect. RSC Theoretical and Computational Chemistry Series. 2019. 2019-January. 14. 139-166
もっと見る
MISC (44件):
  • 伴貴彦, 松本康平, 南齋勉, 森康維. 反応性流体の化学輸送に関する自由エネルギー解析. 化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM). 2020. 85th
  • 南齋勉, 吉川翔也. 油水界面における自発電位振動現象によるキラリティー判別. 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM). 2020. 100th
  • 宮地 竜郎, 増田 和三, 村上 裕二, 南齋 勉, 高野 敏明, 奥村 哲, 青島 偉夫, 氏原 秀之, 渡邉 慎也, Tatsuro MIYAJI, et al. 平成30年度インターンシップ実施報告:質の高いキャリア教育を目指して. 静岡理工科大学紀要 = The Bulletin of the Shizuoka Institute of Science and Technology. 2019. 27. 57-72
  • 井川 学, 石山 康也, 南齋 勉. 除染廃棄物減容のための電場によるセシウムイオンの除去. 日本海水学会誌. 2018. 72. 2. 88-95
  • 南齋勉, 重本彩. 界面活性剤水溶液中における油滴の自発走行現象に及ぼす油相溶出の影響. 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM). 2018. 98th
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2009 大阪府立大学大学院 物質・化学系専攻 博士後期課程
  • - 2006 大阪府立大学大学院 物質系専攻 博士前期課程
  • - 2004 大阪府立大学
学位 (3件):
  • 学士(工学) (大阪府立大学)
  • 修士(工学) (大阪府立大学大学院)
  • 博士(工学) (大阪府立大学大学院)
経歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 静岡理工科大学 理工学部 物質生命科学科 准教授
  • 2016/04 - 2019/03 静岡理工科大学 理工学部 物質生命科学科 講師
  • 2012/04 - 2016/03 神奈川大学 工学部 特別助教
  • 2009/04 - - 神奈川大学 工学部 特別助手
委員歴 (2件):
  • 2021/04 - 現在 公益社団法人 大気環境学会 広報委員
  • 2015/04 - 現在 日本イオン交換学会 編集委員
受賞 (3件):
  • 2019/09 - 第4回アジア-オセアニア超音波化学会Best Poster Award
  • 2009 - USE2008奨励賞
  • 2009 - Symposium on Ultrasonic Electronics : Young Scientist Award
所属学会 (5件):
日本化学会 ,  日本イオン交換学会 ,  日本ソノケミストリー学会 ,  大気環境学会 ,  Japan Society for Atmospheric Environment
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る