研究者
J-GLOBAL ID:200901038378891022   更新日: 2020年10月07日

大河原 賢一

オオガワラ ケンイチ | Ogawara Kenichi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.pharm.okayama-u.ac.jp/doc/lab/yakuzai/index.html
研究分野 (2件): 医療薬学 ,  薬系分析、物理化学
研究キーワード (5件): 製剤学 ,  ドラッグ・デリバリー・システム ,  薬剤学 ,  Drug Delivery System ,  Pharmaceutics
競争的資金等の研究課題 (24件):
  • 2018 - 2020 難治性がんの効果的治療を目指した革新的薬物送達技術の構築
  • 2017 - 2019 次世代型レオウイルスによる癌関連線維芽細胞の高効率な殺傷と革新的癌治療法の開発
  • 2017 - 2019 セロトニン異常による薬物消化管吸収挙動の変動機構解析
  • 2016 - 2018 深部がん等、難治性がんを標的とした放射線依存光・超音波力学治療に関する基盤研究
  • 2015 - 2018 腫瘍内血管の正常化による新規がん治療戦略:効果に影響を及ぼす腫瘍組織側因子の解析
全件表示
論文 (118件):
MISC (11件):
  • Yoshitsugu Fujioka, Yukiko Metsugi, Takanori Hironaka, Motoki Ochi, Aiko Shundo, Ken-ichi Ogawara, Kazutaka Higaki, Toshikiro Kimura. IMPROVEMENT OF ORAL ABSORPTION BEHAVIOR OF POORLY WATER-SOLUBLE DRUG BY USING SMEDDS FORMULATION: PHARMACOKINETIC EVALUATION BASED ON GITA MODEL. DRUG METABOLISM REVIEWS. 2007. 39. 91-91
  • Takanori Hironaka, Shota Itokawa, Ken-ichi Ogawara, Kazutaka Higaki, Toshikiro Kimura. EVALUATION OF SUBSTANTIAL CONTRIBUTION OF PEPT1-MEDIATED TRANSPORT TO ORAL ABSORPTION OF CEPHALEXIN BASED ON GASTROINTESTINAL TRANSIT KINETICS. DRUG METABOLISM REVIEWS. 2007. 39. 165-166
  • Ken-ichi Ogawara, Susumu Nagayama, Kazutaka Higaki, Toshikiro Kimura. TIME-DEPENDENT CHANGES IN OPSONIN AMOUNT ASSOCIATED ON NANOPARTICLES ALTER THEIR HEPATIC UPTAKE CHARACTERISTICS. DRUG METABOLISM REVIEWS. 2007. 39. 197-198
  • Keita Un, Takaaki Nakao, Ken-ichi Ogawara, Makiya Nishikawa, Yoshinobu Takakura, Kazutaka Higaki, Toshikiro Kimura. IN VIVO ANTI-TUMOR EFFECTS OF PEG-MODIFIED LIPOSOMAL DOXORUBICIN ON p-GLYCOPROTEIN OVER-EXPRESSING TUMOR-BEARING MICE. DRUG METABOLISM REVIEWS. 2007. 39. 199-199
  • Hironori Mukai, Hideo Hiraoka, Kotaro Matsushita, Ken-ichi Ogawara, Toshikiro Kimura, Kazutaka Higaki. REGULATION OF p-GLYCOPROTEIN FUNCTION BY ENTERIC NERVOUS SYSTEM: EFFLUX ACTIVITY AND INTRACELLULAR MIGRATION OF p-GLYCOPROTEIN IN INTESTINAL EPITHELIAL CELLS. DRUG METABOLISM REVIEWS. 2007. 39. 274-275
もっと見る
特許 (2件):
  • 超微小液滴調製装置
  • 超微小液滴調製装置
書籍 (4件):
  • 図解 腫瘍薬学
    南山堂 2020
  • 創薬科学-ゲノム創薬が拓く未来-:薬物の送達システム(pp. 242-268)
    裳華房 2017
  • 非経口投与製剤の開発と応用:ナノDDS製剤を用いたがん治療の最適化(pp. 184-189)
    シーエムシー出版 2013
  • 実験薬理学:創薬研究のストラテジー:DDS技術による消化管吸収の制御(pp. 129-136)
    日本薬理学会編 2011
講演・口頭発表等 (236件):
  • 超音波振動マイクロ流路デバイスによるエマルション生成条件
    (第31回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム 2010)
  • In-vivo anti-Tumor effect of PEG-liposomal paclitaxel (PTX) in PTX-resistant tumor-bearing mice: Involvement of cytotoxic effect on vascular endothelial cells
    (第4回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム 2010)
  • Development of in vitro evaluation systems on mucociliary function and relationship between nasal drug absorption and mucociliary function
    (FIP Pharmaceutical Sciences 2010 World Congress 2010)
  • Development of an evaluation system on in vivo nasal absorption of drugs from a dry powder formulation II
    (FIP Pharmaceutical Sciences 2010 World Congress 2010)
  • IVIVC for oral absorption of cilostazol, a BCS class II drug, based on GITA (GI-transit-absorption) model
    (FIP Pharmaceutical Sciences 2010 World Congress 2010)
もっと見る
Works (7件):
  • ステロイド代替薬創出を指向したRXRパーシャルアゴニストの創出と評価
    2010 - 2013
  • ニオソームを利用した抗がん剤の新規デリバリーシステムの設計と開発
    2011 - 2012
  • 課題名:光線力学的治療に有効な多機能型薬剤内封ナノ運搬体の開発
    2007 - 2010
  • サブテーマ課題名:液滴分散系調製のためのマイクロリアクターシステムの開発
    2008 - 2009
  • 難水溶性抗がん剤の新規エマルション製剤化による臨床的付加価値の多面的付与
    2008 - 2009
もっと見る
学歴 (5件):
  • 1996 - 1996 京都大学
  • 1994 - 1996 京都大学 修了
  • - 1996 京都大学
  • 1990 - 1994 京都大学 卒業
  • - 1994 京都大学
学位 (2件):
  • 修士(薬学) (京都大学)
  • 博士(薬学) (京都大学)
経歴 (9件):
  • 2018/04 - 現在 神戸薬科大学 薬剤学研究室 教授
  • 2009/12 - 2018/03 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 准教授
  • 2005/04 - 2009/11 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 助教
  • 2005 - 2009 Assistant Professor
  • 2009 - - Associate Professor
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2011 - 現在 日本薬剤学会 DDS製剤臨床応用FG世話人
  • 2007 - 2015 日本薬学会 次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム若手世話人
  • 2012 - 2012 日本薬学会 第6回 次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム実行委員長
  • 2006 - 2012 日本薬剤学会 西地区英語セミナー委員
受賞 (5件):
  • 2015 - 両備てい園記念財団 生物学研究奨励賞
  • 2011 - 日本薬剤学会 奨励賞
  • 2010 - 第4回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム 優秀発表賞
  • 2007 - 平成19年度 日本薬学会中国四国支部奨励賞
  • 2007 - The Academy of Pharmaceutical Science and Technology, Japan Global Education Seminar Presentation Award 2007
所属学会 (4件):
日本薬剤学会 ,  日本薬物動態学会 ,  日本DDS学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る