研究者
J-GLOBAL ID:200901038532205714   更新日: 2020年04月22日

須賀 あゆみ

スガ アユミ | Suga Ayumi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
研究分野 (1件): 言語学
研究キーワード (1件): 言語学、談話研究、会話分析、語用論、指示
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2007 - 2015 相互行為における指示に関する研究
  • 日本語話者の会話分析
  • 日本語話者の会話分析
論文 (10件):
  • 指示対象の認識に関する資源 -名前と指示詞について-. KLS Selected Papers. 2019. 1. 173-184
  • 須賀あゆみ. 聞き手が知らない人物の名前披露-日本語会話における有標な指示-. 日本語用論学会第17回大会発表論文集. 2015. 10. 65-72
  • 須賀あゆみ. ワード・サーチを伴う指示について. JELS. 2015. 32. 125-131
  • 須賀あゆみ. 実演と笑いによる語り連鎖. 『ことばを見つめて』. 2012. 425-436
  • 須賀あゆみ. 会話における直示表現の「再使用」について. 人間文化研究科年報. 2010. 25. 13-23
もっと見る
MISC (12件):
  • 須賀あゆみ. 不確かな名前による認識探索?指示上の問題に対処する手続き. 欧米言語文化学研究. 2018. 6. 21-40
  • 須賀あゆみ, 平田健治. 意味のある文脈での表現活動-英語文法の理解からコミュニケーションの実践へ-. 教育システム研究「本学の教員養成課程の改善・高度化に向けた大学教員と附属教員の連携研究推進事業」成果論文集. 2018. 13
  • 須賀あゆみ. 聞き手が知らない対象の存在を知らせるプラクティス. 欧米言語文化研究. 2017. 5. 47-68
  • 須賀あゆみ. 日常会話における語彙選択をめぐるプラクティス. 欧米言語文化研究. 2016. 4. 51-72
  • 須賀あゆみ. Announcing Names and Reporting Talk in Japanese Storytelling. 欧米言語文化研究. 2014. 2. 1-17
もっと見る
書籍 (5件):
  • 『相互行為における指示表現』
    ひつじ書房 2018 ISBN:9784894768208
  • 『ことばを見つめて-内田聖二教授退職記念論文集-』
    英宝社 2012
  • 内田聖二(編)『英語談話表現辞典』
    三省堂 2009
  • 溝越彰 他(編)『英語と文法と-鈴木英一教授還暦記念論文集』「指示交渉と「あれ」の相互行為上の機能」
    開拓社 2007
  • 安井泉(編)『グラマ-・テクスト・レトリック』\n第7章「コヒ-ジョンとコヒアランス」
    くろしお出版 1992
講演・口頭発表等 (27件):
  • 指示対象の認識に関する資源-名前と指示詞について-
    (関西言語学会第43回大会 2018)
  • 不確かな名前の使用による認識要求
    (第24回奈良女子大学英語学・言語学研究会 2018)
  • 会話における指示-指示対象の認識・理解をめぐる相互行為
    (大塚英語教育研究会5月例会 2015)
  • 書評 山本真理氏「物語の受け手によるセリフ発話:物語の相互行為的展開」
    (エスノメソドロジー・会話分析研究会2014年度春の研究例会 2015)
  • 言葉探しと認識探索:相互行為における指示の一面
    (奈良女子大学文学部研究交流集会 2015)
もっと見る
Works (1件):
  • 映画シーンにおける言語機能の研究
    2017 - 2017
学歴 (3件):
  • 1990 - 1996 奈良女子大学 人間文化研究科 比較文化学
  • 1988 - 1990 筑波大学 教育研究科 教科教育専攻英語教育コース
  • - 1988 奈良女子大学 文学部 英語・英米文学
学位 (2件):
  • 博士(文学) (奈良女子大学)
  • 教育修士 (筑波大学)
委員歴 (2件):
  • 1996/11 - 英語語法文法学会 事務局長
  • 1996/11 - 英語語法文法学会 運営委員
所属学会 (11件):
関西言語学会 ,  会話分析研究会 ,  六甲英語学研究会 ,  エスノメソドロジー・会話分析研究会 ,  奈良女子大学英語英米文学会 ,  筑波英語教育学会 ,  日本英語学会 ,  英語語法文法学会 ,  日本語用論学会 ,  社会言語科学会 ,  International Society for Conversation Analysis
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る