研究者
J-GLOBAL ID:200901038614713815   更新日: 2020年08月31日

木下 政人

キノシタ マサト | Kinoshita Masato
所属機関・部署:
職名: 助手
研究分野 (3件): 発生生物学 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価
研究キーワード (4件): 環境評価 ,  遺伝子導入 ,  メダカ ,  発生工学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2000 - 2002 魚類初期発生に関する研究
  • 遺伝子導入メダカを用いた環境評価
  • 日本産アカウミガメの母浜回帰に関する研究
  • トランスジェニックフィッシュの開発
論文 (12件):
  • 村上悠, 堀部智久, 木下政人. Development of an efficient bioreactor system for delivering foreign proteins secreted from liver into eggs with a vitellogenin signal in medaka Oryzias latipes. Fisheries Science. 2019. doi org/10.1007/s12562-019-013
  • 木下 政人. Analysis of the role of the mc4r system in development, growth, and puberty of medaka. Frontiers in Endocrinology. Frontiers in Endocrinology. 2019. doi: 10.3389/fendo.2019.00213. 10
  • Kato-Unoki y, Takai Y, Kinoshita M, Mochizuki T, Tatsuno R, Shimasaki Y, Oshima Y. Genome editing of pufferfish saxitoxin- and tetrodotoxin-binding protein type 2 in Takifugu rubripes. Toxic. 2018. 153. 58-61
  • Ishikawa T, Ansai S, Kinsohita M, Mori K. A collection of transgenic medaka strains for efficient site-directed transgenesis mediated by phiC31 integrase. G3. 2018. 8. 8
  • Murakami Y, Ansai S, Yonemura A, Kinoshita M. An efficient system for homology-dependent targeted gene integration in medaka (Oryzias latipes). Zool Letters. 2017. 3. 10
もっと見る
MISC (7件):
書籍 (5件):
  • 生物工学:養殖魚のゲノム編集と社会実装に向けて
    日本生物工学会 2019
  • 食品と容器:ゲノム編集育種を活用した養殖魚の品種改良
    缶詰技術研究会 2019
  • 『生物の科学 遺伝』 特集 I ゲノム編集
    エヌ・ティー・エス 2018
  • 魚類発生学の基礎 大久保範聡他編
    恒星社厚生閣 2018
  • 養殖魚におけるTILLING法を用いた品質改良技術の確立
    化学と生物 今日の話題 2018
講演・口頭発表等 (3件):
  • ゲノム編集で世界の胃袋を満たす
    (農林水産業イノベーションシンポジウム 2018)
  • 光るメダカで環境を守る
    (第42回日本発生生物学会大会 2009)
  • 科学研究のモデル生物としてのユニークなメダカ
    (第10回全国めだかシンポジウム 2008)
学歴 (1件):
  • - 1991 京都大学 水産学研究科 水産化学
学位 (1件):
  • 農学博士 (京都大学)
経歴 (1件):
  • 1994 - 2002 京大 農 助手
受賞 (1件):
  • 1998 - 日本水産学会奨励賞
所属学会 (3件):
日本分子生物学会 ,  日本生化学会 ,  日本水産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る