研究者
J-GLOBAL ID:200901038784766476   更新日: 2021年04月05日

北村 知昭

キタムラ チアキ | Kitamura Chiaki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 口腔再生医学、歯科医用工学 ,  保存治療系歯学
研究キーワード (11件): 歯科用内視鏡 ,  Encapsulated Cell Biodelivery ,  炎症制御 ,  バイオアクティブガラス ,  歯内治療 ,  歯髄・根尖歯周組織再生 ,  骨 ,  歯髄創傷治癒 ,  pulp regeneration ,  apoptosis ,  pulp wound healing
競争的資金等の研究課題 (54件):
  • 2020 - 2024 生体活性・生体吸収性複合バイオセラミックスを用いた根尖歯周組織再生医用材料の開発
  • 2017 - 2019 地域ICT振興型研究開発,高度画像復元技術を用いた超小型内視鏡イメージング
  • 2014 - 2018 歯髄・根尖歯周組織に生じた炎症の即時診断及び局所的な炎症制御・再生誘導療法の開発
  • 2014 - 2016 Encapsulated Cell Biodelivery技術による新しい治療法の開発
  • 2014 - 2015 小児歯科シミュレーションシナリオ教材作成
全件表示
論文 (117件):
  • Miura H, Yoshii S, Fujimoto M, Washio A, Morotomi T, Ikeda H, Kitamura C. Effects of both fiber post/core resin construction system and root canal sealer on the material interface in deep areas of root canal. Materials. 2021. 14. 4. 982, 1-11
  • 田中利典, 河野 哲, 海老原新, 佐藤暢也, 田中弘顕, 西谷佳浩, 廣瀬和人, 松﨑英津子, 中田和彦, 北村知昭. 歯学教育機関における歯内療法に使用する器具・材料・薬剤の調査 -2019年アンケート調査結果-. 日本歯内療法学会雑誌. 2021. 42. 1. 31-40
  • Washio A, Miura H, Morotomi T, Ichimaru-Suematsu M, Miyahara H, Hanada-Miyahara K, Yoshii S, Murata K, Takakura N, Akao E, et al. Effect of bioactive glass-based root canal sealer on the incidence of postoperative pain after root canal obturation. Journal of Environmental Research and Public Health. 2020. 17. 23. 1-9
  • Takakura N, Matsuda M, Khan M, Hiura F, Aoki K, Hirohashi Y, Mori K, Yasuda H, Hirata M, Kitamura C, et al. A novel inhibitor of NF-κB-inducing kinase prevents bone loss by inhibiting osteoclastic bone resorption in ovariectomized mice. Bone. 2020
  • Inquimbert C, Hirata-Tsuchiya S, Yoshii S, Molinari N, Nogue E, Roy C, Morotomi T, Washio A, Cuisinier F, Tassery H, et al. Concordance study between regular face-to-face dental diagnosis and dental telediagnosis using fluorescence. Journal of Telemedicine and Telecare. 2020
もっと見る
MISC (70件):
書籍 (41件):
  • 歯内療法のパラダイムシフト
    クインテッセンス出版株式会社 2020
  • 保存修復学 第7版
    医歯薬出版株式会社 2019
  • 決定版 実践マニュアル 歯科用CTの見かた・読みかた -続・今さら聞けない歯科用CBCTとCTの読影法 -
    クインテッセンス出版株式会社 2019
  • デンタルダイヤモンド増刊 器材・薬剤からみる歯内療法のすぐれモノ
    デンタルダイヤモンド社 2018
  • 歯内治療学 第5版
    医歯薬出版株式会社 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (524件):
  • 新規Bioactive glass配合逆根管充塡用バイオマテリアルの物理化学的特性と生体親和性
    (第41回日本バイオマテリアル学会大会 2019)
  • NF-κB阻害薬MTI-IIはp65-Smad4複合体のSmad binding elementへの結合に関与する
    (日本歯科保存学会第151回秋季学術大会 2019)
  • 新規Bioactive glass配合逆根管充塡材の封鎖性
    (日本歯科保存学会第151回秋季学術大会 2019)
  • 新規Bioactive glass配合逆根管充塡材の物理化学的特性と生体親和性
    (日本歯科保存学会第151回秋季学術大会 2019)
  • ニシカキャナルシーラーBG充塡後におけるラット根尖病変の創傷治癒過程
    (日本歯科保存学会第151回秋季学術大会 2019)
もっと見る
Works (3件):
  • Joint research on dental pulp regeneration
    2003 -
  • Joint research on ozonised water
    2000 -
  • Joint research on vertical root canal filling
    2000 -
学歴 (4件):
  • 1989 - 1993 九州歯科大学 歯科保存修復学
  • - 1993 九州歯科大学
  • 1983 - 1989 九州歯科大学 歯学科
  • - 1989 九州歯科大学
学位 (1件):
  • 博士(歯学) (九州歯科大学)
経歴 (6件):
  • 2010/04 - 現在 九州歯科大学 口腔保存治療学分野 教授
  • 2005/04 - 2010/03 九州歯科大学 齲蝕歯髄疾患制御学分野 准教授
  • 1994/04 - 2004/03 九州歯科大学 歯科保存学第1講座 助手
  • 1992/04 - 1994/03 学術振興会 特別研究員
  • 1993/03 - 1994/01 National Institutes of Health, USA National Institute of Dental Research Postdoctoral fellow
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2019/04 - 現在 日本歯科保存学会 副理事長
  • 2015/04 - 2021/03 厚生労働省 歯科医師国家試験問題作成委員
  • 2017/04 - 2019/03 日本歯科保存学会 編集委員会委員長
  • 2016/04 - 2017/03 厚生労働省 歯科医師国家試験出題基準改定部会委員
  • 2014/12 - 2015/11 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
全件表示
受賞 (8件):
  • 2012/06 - 日本歯内療法学会 日本歯内療法学会専門医・指導医
  • 2005 - 日本歯科保存学会 日本歯科保存学会専門医・指導医
  • 2004 - 日本歯科保存学会 日本歯科保存学会学術賞
  • 2002 - 日本歯科保存学会 日本歯科保存学会デンツプライ賞
  • 2001 - 日本歯科保存学会 日本歯科保存学会デンツプライ賞
全件表示
所属学会 (7件):
日本歯周病学会 ,  日本歯内療法学会 ,  九州歯科学会 ,  生化学会 ,  歯科基礎医学会 ,  日本歯科保存学会 ,  International Association for Dental Research
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る