研究者
J-GLOBAL ID:200901038988123132   更新日: 2021年11月15日

久木 一朗

ヒサキ イチロウ | Hisaki Ichiro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.chem.es.osaka-u.ac.jp/mac/
研究分野 (4件): 結晶工学 ,  応用物性 ,  生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学
研究キーワード (7件): X線構造解析 ,  多孔質構造体 ,  構造有機化学 ,  結晶工学 ,  水素結合 ,  超分子化学 ,  supramolecular chemistry
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2021 - 2024 水素結合性ダイナミック空間機能材料の創出
  • 2019 - 2021 環状ポリエーテルの水素結合固定・集積化による柔らかなアシンメトリック配位圏の構築
  • 2018 - 2021 三次元芳香族性の実験的検証
  • 2018 - 2021 単純な水素結合で実現する柔剛自在な単結晶性のπ電子系多孔質フレームワークの創出
  • 2015 - 2018 高次超分子シントンの探求によるπ電子系機能分子の精密集積プログラミング
全件表示
論文 (161件):
  • Xin Chen, Kiyonori Takahashi, Kenta Kokado, Takayoshi Nakamura, Ichiro Hisaki. A proton conductive hydrogen-bonded framework incorporating 18-crown-6-ether and dicarboxy-o-terphenyl moieties. MATERIALS ADVANCES. 2021. 2. 17. 5639-5644
  • Haruka Kubo, Ryusei Oketani, Ichiro Hisaki. Quasi single-crystalline transformation of porous frameworks accompanied by interlayer rearrangements of hydrogen bonds. Chemical communications (Cambridge, England). 2021
  • Qin Ji, Kiyonori Takahashi, Shin-ichiro Noro, Yusuke Ishigaki, Kenta Kokado, Takayoshi Nakamura, Ichiro Hisaki. A Hydrogen-Bonded Organic Framework Based on Pyrazinopyrazine. Crystal Growth & Design. 2021. 21. 8. 4656-4664
  • Yuto Suzuki, Mario Gutiérrez, Senri Tanaka, Eduardo Gomez, Norimitsu Tohnai, Nobuhiro Yasuda, Nobuyuki Matubayasi, Abderrazzak Douhal, Ichiro Hisaki. Construction of isostructural hydrogen-bonded organic frameworks: limitations and possibilities of pore expansion. Chemical science. 2021. 12. 28. 9607-9618
  • Yotaro Kasahara, Ichiro Hisaki, Tomoyuki Akutagawa, Takashi Takeda. Fluorescent molecular glass based on hexadehydrotribenzo[12]annulene. CHEMICAL COMMUNICATIONS. 2021. 57. 44. 5374-5377
もっと見る
MISC (29件):
もっと見る
書籍 (1件):
  • Advances in Organic Crystal Chemistry -Comprehensive Reviews 2020
    シュプリンガー 2020
Works (6件):
  • 発光性分子を異方的・高密度に分散固定する簡便な脂質ナノ空間の創成と材料への展開
    2011 -
  • 自己組織化制御に基づいたユビキタス元素による超分子発光素子の創製
    2010 -
  • 自己組織化制御に基づいたユビキタス元素による超分子発光素子の創製
    2009 -
  • 化学刺激および物理刺激に応答する超分子発光スイッチの創成と発光作用機序の解明
    2008 -
  • 化学刺激および物理刺激に応答する超分子発光スイッチの創成と発光作用機序の解明
    2007 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2002 - 2005 大阪大学 化学系専攻
  • 2000 - 2002 大阪大学 化学系専攻
  • 1996 - 2000 大阪大学 化学応用科学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (大阪大学)
経歴 (6件):
  • 2020/02 - 現在 大阪大学 大学院基礎工学研究科 教授
  • 2018/07 - 2020/01 北海道大学電子科学研究所 准教授
  • 2007/04 - 2018/06 大阪大学大学院工学研究科 助教
  • 2005/07 - 2007/03 大阪大学大学院工学研究科 助手
  • 2005/04 - 2005/06 京都大学大学院理学研究科 日本学術振興会特別研究員(PD)
全件表示
受賞 (9件):
  • 2019/05 - SHGSC Japan Award of Excellence 2019
  • 2017/07 - 第63回高分子研究発表会(神戸) ヤングサイエンティスト講演賞
  • 2017/04 - 第8回丸山記念研究奨励賞
  • 2016/12 - 第26回日本MRS年次大会奨励賞
  • 2013/07 - 大阪大学 大阪大学総長奨励賞
全件表示
所属学会 (7件):
日本化学会 ,  日本結晶学会 ,  有機結晶部会 ,  有機合成化学協会 ,  光化学協会 ,  応用物理学会 ,  高分子学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る