研究者
J-GLOBAL ID:200901039032564544   更新日: 2019年12月09日

小野寺 拓也

オノデラ タクヤ | Takuya ONODERA
所属機関・部署:
職名: 特任講師
研究分野 (2件): ジェンダー ,  西洋史
研究キーワード (6件): ドイツ近現代史 ,  ナチズム ,  日常史 ,  男らしさ ,  男性史 ,  軍事郵便
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2023 「感情体制」と生きられた感情-エゴドキュメントに見る「近代性」
  • 2015 - 2018 エゴ・ドキュメントの比較史研究- ヨーロッパの事例から考える
  • 2013 - 2017 感情の共同体?-ドイツ近現代史への新たな視座
論文 (20件):
  • 小野寺拓也. 「ファシスト・インターナショナル」-グローバル・ヒストリーとしてのファシズム 2. みすず. 2019. 688. 14-27
  • 小野寺拓也. 「ファシスト・インターナショナル」-グローバル・ヒストリーとしてのファシズム 1. みすず. 2019. 682. 12-25
  • 小野寺拓也. 日記から見えてくるナチ社会-『「私の解釈するところの第三帝国」』をめぐって. みすず. 2019. 679. 48-61
  • 小野寺拓也. ナチ体制下の社会を照らし出す新史料?-駐在外交官報告書の可能性. みすず. 2018. 675. 38-51
  • 小野寺拓也. ナチ体制と「感情政治」-第二次大戦下のクリスマスを例に. 思想. 2018. 1132. 36-54
もっと見る
MISC (25件):
  • 小野寺拓也. (書評)中村江里『戦争とトラウマ-不可視化された日本兵の戦争神経症』. 同時代史研究. 2019. 12. 100-104
  • 小野寺拓也. (書評)清水雅大『文化の枢軸ー戦前日本の文化外交とナチ・ドイツ』. 日本歴史. 2019. 855. 107-109
  • 小野寺拓也. 女性が「怒る」ことになぜ社会は不寛容なのか、その歴史的経緯 -「感情史」の視点で考える. 現代ビジネス. 2019
  • 小野寺拓也. (新刊紹介)ジェイムズ・Q・ウィットマン、西川美樹訳『ヒトラーのモデルはアメリカだった-法システムによる「純血の追求」』. 2019. 128. 6. 99
  • 小野寺拓也. 過去の人びとの手紙を読むということ. pieria. 2019. 11. 46-47
もっと見る
書籍 (10件):
  • 일본의 군‘위안부’연구(日本軍「慰安婦」研究)
    東北亜歴史財団(韓国) 2011 ISBN:9788961872249
  • 20世紀の戦争 その歴史的位相
    有志舎 2012 ISBN:4903426599
  • 野戦郵便から読み解く「ふつうのドイツ兵」-第二次世界大戦末期におけるイデオロギーと「主体性」 (山川歴史モノグラフ)
    山川出版社 2012 ISBN:4634673843
  • 世界史 : 教授資料 : 研究編 : AB共通
    山川出版社 2013 ISBN:9784634710344
  • 戦いの世界史: 一万年の軍人たち
    原書房 2014 ISBN:4562050721
もっと見る
講演・口頭発表等 (41件):
  • 独ソ戦下のドイツ国防軍兵士の戦争観とナチ・イデオロギー
    (第395回現代史研究会例会 2001)
  • ふつうのナチ?-大戦末期の一兵士の野戦郵便に見る「ナチ・イデオロギー」
    (第28回ドイツ現代史学会 2005)
  • 歴史史料としての野戦郵便
    (第4回日本オーラル・ヒストリー学会 2006)
  • 第二次大戦下ドイツ国防軍の野戦郵便
    (「パーソナルメディアとしての軍事郵便と従軍日記」研究会 2007)
  • Dissertationsplan: Wehrmachtsoldaten und Nazi-Ideologien in der Endkampfzeit(1944/45)
    (日独大学院共同フォーラム 2008)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1994 - 1998 東京大学 文学部 西洋史学
  • 1998 - 2001 東京大学大学院 人文社会系研究科 西洋史学 修士課程
  • 2001 - 2008 東京大学大学院 人文社会系研究科 西洋史学 博士課程
学位 (1件):
  • 博士(文学) (東京大学)
経歴 (22件):
  • 2002/10 - 2004/09 ベルリン自由大学(歴史学部)留学 DAAD(ドイツ学術交流会)年間奨学生
  • 2006/05 - 2007/03 東京大学 ティーチング・アシスタント
  • 2007/10 - 2008/03 東京大学 リサーチ・アシスタント
  • 2009/09 - 2010/03 共立女子大学 非常勤講師
  • 2010/04 - 2010/09 千葉大学 非常勤講師
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2017/06 - 現在 日本ドイツ学会 理事
  • 2015/06 - 現在 日本ドイツ学会 学会誌編集委員
  • 2015/06 - 2017/06 日本ドイツ学会 幹事
  • 2011/01 - 2013/10 現代史研究会 運営委員
所属学会 (6件):
現代史研究会 ,  日本ドイツ学会 ,  史学会 ,  日本オーラル・ヒストリー学会 ,  ドイツ現代史研究会 ,  第二次大戦史国内委員会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る