研究者
J-GLOBAL ID:200901039335251328   更新日: 2020年07月11日

片山 謙吾

カタヤマ ケンゴ | Katayama Kengo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www.ice.ous.ac.jp/research/katayama/
研究分野 (3件): ソフトコンピューティング ,  知能情報学 ,  情報学基礎論
研究キーワード (6件): 進化計算 ,  ソフトコンピューティング ,  計算知能 ,  機械学習 ,  最適化アルゴリズム ,  組合せ最適化
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2022 可変深度探索に基づく高性能メタ戦略アルゴリズムの開発
  • 2009 - 2012 組合せ最適化問題に対する高性能Memeticアルゴリズムの開発
  • 2007 - 2009 組合せ最適化問題に対する高性能メタ戦略の開発と評価
  • 2000 - 2002 バイナリー二次計画問題に対する効率的な近似解法の開発
  • 2000 - Solving Large Binary Quadratic Programming Problems by Effective Genetic Local Search Algorithm
全件表示
論文 (20件):
  • 金原一歩, 片山謙吾, 岡野傑士, 尾崎 亮, 西原典孝, 舩曵信生. 最大クリーク問題に対するk-opt局所探索法の改良. 電子情報通信学会論文誌 (A). 2018. J101-A. 10. 260-264
  • Takeshi Okano, Kengo Katayama, Kazuho Kanahara, Noritaka Nishihara. A Local Search based on Variant Variable Depth Search for the Quadratic Assignment Problem. Proc. of 2018 IEEE 7th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2018). 2018
  • Elis Kulla, Soushi Morita, Kengo Katayama, Leonard Barolli. Route Lifetime Prediction Method in VANET by Using AODV Routing Protocol. CISIS 2018. 2018
  • H. Oda, E. Kulla, K. Katayama. A Modified Energy-Aware B.A.T.M.A.N Routing Protocol. Proc. of the 20-th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS-2017). 2017
  • Jun Asatani, Hiroaki Kawanishi, Hitoshi Tokushige, Kengo Katayama. An Improvement in Performance of a Gradient Descent Bit Flipping Algorithm. Proc. of International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing. 2014
もっと見る
MISC (3件):
学位 (1件):
  • 博士(工学)
経歴 (2件):
  • 2014/04 - 現在 岡山理科大学 教授
  • 2005/04 - 2006/03 カリフォルニア大学サンタバーバラ校 客員研究員
受賞 (3件):
  • 2000 - 電気学会論文発表賞B
  • 1998 - 電気学会論文発表賞B
  • 1996 - 電子情報通信学会中国支部奨励賞
所属学会 (4件):
IEEE ,  人工知能学会 ,  情報処理学会 ,  電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る