研究者
J-GLOBAL ID:200901039335251328   更新日: 2021年12月02日

片山 謙吾

カタヤマ ケンゴ | Katayama Kengo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www.ice.ous.ac.jp/research/katayama/
研究分野 (3件): ソフトコンピューティング ,  知能情報学 ,  情報学基礎論
研究キーワード (9件): 進化計算 ,  ソフトコンピューティング ,  計算知能 ,  機械学習 ,  最適化アルゴリズム ,  組合せ最適化 ,  Machine Learning ,  Metaheuristics ,  Combinatorial Optimization
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2022 MaaS・CASE及び人工知能技術に基づくモビリティシステムと次世代観光情報サービス
  • 2019 - 2022 可変深度探索に基づく高性能メタ戦略アルゴリズムの開発
  • 2009 - 2012 組合せ最適化問題に対する高性能Memeticアルゴリズムの開発
  • 2007 - 2009 組合せ最適化問題に対する高性能メタ戦略の開発と評価
  • 2000 - 2002 バイナリー二次計画問題に対する効率的な近似解法の開発
全件表示
論文 (48件):
  • Aoto Hirata, Tetsuya Oda, Nobuki Saito, Yuki Nagai, Masaharu Hirota, Kengo Katayama, Leonard Barolli. A Coverage Construction and Hill Climbing Approach for Mesh Router Placement Optimization: Simulation Results for Different Number of Mesh Routers and Instances Considering Normal Distribution of Mesh Clients. 2021. 161-171
  • Nobuki Saito, Tetsuya Oda, Aoto Hirata, Yuki Nagai, Masaharu Hirota, Kengo Katayama, Leonard Barolli. A Tabu list strategy based DQN for AAV mobility in indoor single-path environment: Implementation and performance evaluation. Internet Things. 2021. 14. 100394-100394
  • Takafumi Miyake, Kengo Katayama, Kazuho Kanahara, Tetsuya Oda. Applying a Local Search for the Uncapacitated p-Median Problem to the Capacitated Problem. 2020. 835-836
  • Yuki Nagai, Tetsuya Oda, Nobuki Saito, Aoto Hirata, Masaharu Hirota, Kengo Katayama. Approach of a Japanese Co-Occurrence Words Collection Method for Construction of Linked Open Data for COVID-19. 2020. 478-479
  • Yuto Hirota, Tetsuya Oda, Nobuki Saito, Aoto Hirata, Masaharu Hirota, Kengo Katayama. Proposal and Experimental Results of a DNN Based Real-Time Recognition Method for Ohsone Style Fingerspelling in Static Characters Environment. 2020. 476-477
もっと見る
MISC (5件):
  • 大倉 慶一, 片山 謙吾, 南原 英生, 西原 典孝. A-025 ノード配置問題に対するアント最適化法(数理モデル化と問題解決(2),A分野:モデル・アルゴリズム・プログラミング). 情報科学技術フォーラム講演論文集. 2011. 10. 1. 211-216
  • 片山謙吾, 石渕久生. Memeticアルゴリズム. 計測と制御. 2008. 47. 6. 487-492
  • An Effective Local Search for the Maximum Clique Problem. Proc. of the 5th Metaheuristics International Conference (MIC-2003), Kyoto, Japan. 2003
  • 強化学習エージェントへの階層化意志決定法の導入 --- 追跡問題を例に ---. 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2003 (JAWS 2003) 論文集. 2003. 79-86
  • A New Interated Local Search Algorithm using Genetic Crossover for the Traveling Salesman Problem. Proc. of the 14th ACM Symposium on Applied Computing(SAC-99). 1999. 302-306
学位 (1件):
  • 博士(工学)
経歴 (2件):
  • 2014/04 - 現在 岡山理科大学 教授
  • 2005/04 - 2006/03 カリフォルニア大学サンタバーバラ校 客員研究員
受賞 (3件):
  • 2001/03 - 電気学会論文発表賞
  • 1999/02 - 電気学会論文発表賞
  • 1997/05 - 電子情報通信学会中国支部奨励賞
所属学会 (4件):
IEEE ,  人工知能学会 ,  情報処理学会 ,  電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る