研究者
J-GLOBAL ID:200901039674447479   更新日: 2020年06月06日

木下 芳一

キノシタ ヨシカズ | Kinoshita Yoshikazu
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 消化器内科学
研究キーワード (1件): 消化器の医学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 消化器内科一般
MISC (176件):
  • Sakurai K, Nagahara A, Inoue K, Akiyama J, Mabe K, Suzuki J, Habu Y, Araki A, Suzuki T, Satoh K, Nagami H, Harada R, Tano N, Kusaka M, Fujioka Y, Fujimura T, Shigeto N, Oumi T, Miwa J, Miwa H, Fujimoto K, Kinoshita Y, Haruma K. Efficacy of omeprazole, famotidine, mosapride and teprenone in patients with upper gastrointestinal symptoms: an omeprazole-controlled randomized study (J-FOCUS). BMC Gastroenterology. 2012. 12. 42
  • 藤本一眞, 藤城光弘, 加藤元嗣, 樋口和秀, 岩切龍一, 坂本長逸, 内山真一郎, 柏木厚典, 小川久雄, 村上和成, 峯 徹哉, 芳野純治, 木下芳一, 一瀬雅夫, 松井敏幸. 抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン. Gastroenterological Endoscopy. 2012. 54. 7. 2073-2102
  • Sugano K, Kinoshita Y, Miwa H, Takeuchi T. Esomeprazole NSAID Preventive Study Group: Randomised clinical trial: esomeprazole for the prevention of nonsteroidal anti-inflammatory drug-related peptic ulcers in Japanese patients. Alimentary Pharmacology & Therapeutics. 2012. 36. 115-125
  • Kamiya T, Jch T, Sollano JD, Zhu Q, Kachintorn U, Rani AA, Hahm KB, Takahashi S, Kinoshita Y, Matsumoto T, Naito Y, Takeuchi K, Arakawa T, Terano A. Consensus of the present and prospects on endoscopic diagnosis and treatment in east asian countries. Diagnostic and Therapeutic Endoscopy. 2012. 1-9
  • Kusunoki R, Ishihara S, Sato M, Sumita Y, Mishima Y, Okada M, Tada Y, Oka A, Fukuba N, Oshima N, Moriyama I, Yuki T, Sato S, Amano Y, Murakawa Y, Kinoshita Y. Rare case of Takayasu's arteritis associated with Crohn's disease. Int Med. 2011. 50. 1581-1585
もっと見る
書籍 (51件):
  • 第24回気管食道科専門医大会テキスト:好酸球性食道炎・胃腸炎の診断と治療
    日本気管食道科学会 2014
  • レジデントのための薬物療法 消化器内科 薬のルール65!プライマリケアの必須知識
    中山書店 2011
  • FD診療Q&A Q17:どのような食事の習慣が症状に影響しますか?どのような生活指導をすればよいでしょうか?
    日本医事新報社 2011
  • GERD+NERD診療Q&A Q5:食道のクリアランス機能について教えてください。
    日本医事新報社 2011
  • year note ATLAS 4th edition
    メディックメディア 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (135件):
  • 日本における好酸球性消化管障害とHelicobacter pylori感染に関する症例対照研究
    (第9回日本消化管学会総会学術集会 2013)
  • 腸管炎症によるserotoninreuptaketransporter遺伝子発現制御と機能性消化管障害への関与
    (第54回日本消化器病学会大会 2012)
  • 日本における好酸球性食道炎の実態およびその病態
    (第54回日本消化器病学会大会 2012)
  • Hige-resolution 36ch食道内圧測定装置を用いた食道内圧測定の現状
    (第8回日本消化管学会総会学術集会 2012)
  • マイクロアレイ解析にて食道上皮に発現している遺伝子を検討し得た好酸球性食道炎3例
    (第98回日本消化器病学会総会 2012)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (神戸大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る